記事一覧

ハックルベリーブックスのピンチ?! あるいはチャンス?!

2016.02.10 (水)

もしかしたら,ご存じの方もいるかと思いますが,
本の問屋さんである「取次」会社のひとつ
「太洋社」さんが,「自主廃業」するということが,
先週,発表されました。

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4137.html

じつは,ハックルベリーブックスは,開店から,
こちらの「太洋社」さんと契約し,主な本を仕入れてきました。
その会社が,この春にもなくなるということで,
本屋が本を仕入れられなくなる!?
というピンチに直面することになりました。


ハックルベリーブックスが,こちらの取次さんと
契約できた経緯については,1月に取材していただいた
「起業のリアルストーリー」でも語らせていただいています。

http://kashiwaentrepreneu.wix.com/home#!小さな書店から広がる、つながりの輪。(1)-奥山恵さん-/-Huckleberry-Books/cbrnj/567f2bfb0cf203da56ec38ca

本の取次といえば,「日販」と「トーハン」という2大会社があることは,
知られていますが,「太洋社」はそれよりは小さいですが,
「中堅」の取次として歴史がありました。
しかし,このような「中堅」のひとつであった「栗田」という
取次さんも,昨年つぶれ,今回「太洋社」も……。

これは,本の流通の在り方の根本的な問題として,
考えていくべきことと思います。

もちろん,「太洋社」さんからは,ほとんどの出版社の本が
仕入れられましたので,たいへん便利ではありましたが,
そもそも,取次さんとの契約に,何百万もの保証金が必要だったり,
個性的な棚を作ろうと思えば,うちのように,ほとんどの本を買い取りにしているにもかかわらず,利率は委託と同じだったり,
これまでも,本の流通の在り方には,ずっと疑問を感じてきました。

その一方で,私が大好きな京都の本屋さん「恵文社」の店長だった
堀部篤史さんが,昨年,「取次」にたよらない流通をめざして,
「誠光社」という本屋さんを立ち上げました。

http://www.seikosha-books.com/about

ほかにも,落合恵子さんのクレヨンハウスが
「子どもの文化普及協会」という利率のいい仕入れの形を作ったり,
「神田村」と呼ばれる,小さな取次さんのネットワークが,
地方の小さな本屋とつながっていたり,
さまざまな本の流通の在り方も,
じつは,ずっと調べたり,お話をうかがったりして,
視野に入れてきました。

こうした,いろいろなチャレンジは,
うちのような個人の店や,これから本屋をやってみたいという人を,
勇気づけてくれています。

「本屋の利益は2割」という暗黙の常識に対しても,
それでしかたがないとあきらめることなく,
本屋が成り立つ方向を模索していくことは,やはり必要です。


そう考えると,ハックルベリーブックスも,
今は,大きな考えどころ,
逆に,新しいチャレンジの機会なのかもしれないとも思っています。

これまでも,ハックルベリーブックスでは,
「ネットで買うなら町の本屋で」という応援の気持ちも添えて,
本を注文してくださるお客さんが増えてきていました。
たいへんありがたく,できれば,
これからも,そのようなご注文はなんとかお受けしたいと思っています。

もちろん,中心となっている児童書の仕入についても,
より豊かな形を探っていきたいと思っています。

とりあえず,しばらくは,現状で滞りなくやっていかれますが,
3月くらいまでには,ハックルベリーブックスの
今後の方向性について,またご報告できると思います。

柏では,この春,
高島屋にあった「ウイング」と,
丸井にあった「八重洲ブックセンター」と,
2つの本屋が閉店となるそうです。
町の小さな本屋も,すでにほとんどありません。
でも,それでいいのか……。

ハックルベリーブックスでは,
なんとか,今回のピンチを,チャンスに変えていかれるように
よくよく考えていきたいと思っています。
よろしくご理解いただければ,ありがたく存じます。

薮内竜太さんトークイベント&ぶじ原画展も終了

2016.02.08 (月)

ファイル 325-1.jpg

2/6(土)原画展最終日,
薮内正幸美術館館長の薮内竜太さんによる,
ギャラリートークが開催されました。

とにかく,竜太さんのお話は,
とってもおもしろいと聞いていたので,楽しみだったのですが,
実際,噂にたがわぬ素晴らしいお話で,
一時間があっという間でした。

「薮内正幸」という動物画家が,どのようにして生まれたのか,
子ども時代のことから,さまざまな出会い,
修行時代のことなど,
残された「手紙」のやりとりや,描かれた絵本などを示しながら,
とってもわかりやすく話してくださいました。

とくに,高校卒業から画家として福音館書店に入る時期のことなど,
たいへんなドラマで,ひきこまれました。

「好きこそもののじょうずなれ」ということが納得できると同時に,
ひとりの若き画家の周囲にいた,すばらしい大人たち……。

ファイル 325-2.jpg
トークイベントには,中学生の方から鳥関係の方など,
もちろん児童文学関係の方や図書館の方などなど,
いろいろな方が集まってくださいまして,
とっても充実した時間なったと思います。

たくさんのご参加,そして,
薮内竜太さん,ありがとうございました!

今回の原画展は,柏地域で活動している
「母親読書センター」のみなさんが発案してくださいまして,
実現できたものです。
連日,ギャラリーには,「母読」の会のみなさんが,
在廊して,お茶を出したり,説明したりしてくださいました。
たいへんお世話になり,ありがとうございました!

ファイル 325-3.jpg
(↑薮内竜太さん&母読の会のみなさん&翻訳の宇野和美さん)

最後は,みなさんと一緒に撤収作業も無事終わり,
夕方から福島に向かうという薮内竜太さんをお送りしましたが,
ハックルベリーブックスという場にふさわしい
ラインナップとなった今回の原画の数々。
このような組み合わせの展示は二度とないと思うと,
ほんとうに名残惜しかったです。
いつかぜひ,別のテーマで,
「薮内正幸原画展」を開催したいと思いました。

また,山梨の「薮内正幸美術館」ツアーなども,
実現できたらいいなあと思っています。
http://yabuuchi-art.jp/

薮内正幸原画展・開催中!!

2016.02.02 (火)

ファイル 324-4.jpg

(階段をのぼって最初に目にとびこんでくる「メジロ」の絵も好評です)

現在,開催中の「薮内正幸原画展」。
鳥好きの方,「ガンバ」ファンの方,赤ちゃんづれの方などなど,
いろいろな関心の方が,見に来て下さっています。

ファイル 324-1.jpg
2/1(月)は,私も児童文学の授業をさせていただいている
某女子大学の先生と学生さんが,
原画展と店を見に,訪ねてくださいました。

店のこと,薮内さんの作品についてなど,
ギャラリートークをさせていただき,
学生のみなさんからも,
「児童文学の魅力ってなんですか?」
「学生の頃,影響を受けた作品ってありますか?」
「絵本と児童文学のちがいって何ですか?」
などなど,本質的な質問が飛び出して,
店の棚からいろいろな本を引っ張り出しては,
なんだか,大学の授業みたいなひとときに……。

ファイル 324-3.jpg

学生のみなさんは,幼稚園などでの実習もあるので,
薮内さんの『どうぶつのおやこ』『ここよここよ』
などのリアルながらぬくもりのある赤ちゃん絵本の
魅力なども改めて感じていただけたようです。

学生さんを連れてきてくださった入江先生とは,
20歳すぎた学生さんから,親世代まで,
児童文学の魅力は続くのだから,
「YA」(12歳~19歳くらいまでを対象とするヤングアダルト文学)
ではない,何かもっといいくくり方はないものかと,
語り合ったりしました。
これは,私もつねづね考えている問題です。

春からは大学4年生になるみなさんに,
こちらもたいへんいい刺激をいただきました。

ファイル 324-2.jpg
ハックルベリーブックスで本を見たあとは,
近くのアンティーク古着&カフェの「グリーフル」さんに
みなさんをご案内。
ランチを楽しんで帰っていただきました。

せっかく遠くから来ていただいたので,
柏の街も満喫していただけたら,さらにうれしいことですね。

薮内正幸原画展・スタート!!

2016.01.26 (火)

ファイル 323-1.jpg
1/27(水)から2/6(土)まで,
いよいよ,「薮内正幸原画展」が開催されます。

ファイル 323-2.jpg
『グリックの冒険』『冒険者たち』『ガンバとカワウソの冒険』の
「ガンバ」三部作(斎藤惇夫・作)の表紙絵やさし絵…。

ファイル 323-3.jpg
1966年に出版され,50年のロングセラー
『どうぶつのおやこ』…。

ファイル 323-4.jpg
他にも,「フクロウ」はじめ様々な鳥や動物の絵を
展示いたします。

ファイル 323-5.jpg
展示されている作品の本はもちろん,
今回特別に,山梨県の薮内正幸美術館オリジナルの
冊子やカレンダー,ポストカードなども販売いたします。

一枚一枚どれだけの時間をかけて描かれたのか,
思わずためいきが出てしまうような,
動物や物語への深い理解,好奇心,愛情を感じる,
すばらしい原画。

柏での初展示です。どうぞ,お見逃しなく!!

なお,2/6(土)薮内竜太さんのギャラリートークは,
おかげさまで満席となりました。

薮内さんのお話をお聞きになりたい方は,
今週1/30(土)10:30~12:00 柏市中央公民会4階にて
葛飾地区母親読書センター主催の
「薮内竜太氏講演会」もありますので,ぜひどうぞ。

問い合わせは 04-7192-7696(小島さん)

あけましておめでとうございます!

2016.01.04 (月)

ファイル 320-1.jpg

新年あけましておめでとうございます!

おかげさまで,ハックルベリーブックスも,
6年目の新しい年を迎えることができました。

今年の新年は,日光明智平で,
生まれて初めて,雲海から昇る初日の出を見ました。
そんなわけで,歌を二首。

雲海に明智平の初日の出 遠くある日々を信じて光る

明智平の初日に射ぬかれほのあかく雲も染まりぬ山も染まりぬ

ファイル 320-2.jpg

年頭から,すばらしい自然の大きさに触れて思い出したのが,
去年から読み続けているこちらの本。
『スモール・イズ・ビューティフル』。
70年代の古い本でありながら,
まさに,現代の問題が予見されていて,驚きます。
人間は小さい。だから,小さく生きることこそ,尊いのだという
この本の根本姿勢に,共感します。

今年も,小さい本屋だからこそできることを,
じっくり考え,発信していかれたらと思います。
ますます地域に根をはり,
かつ世界に目をむけた仕事をしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

新春の営業は,5日(火)からとなります。
11日まで,新春サイコロくじもやっています♪

ページ移動