記事一覧

2人の若き絵本画家さんの個展がスタート♪

2016.06.16 (木)

ファイル 353-1.jpg
今週から,来週月曜日まで,
「ママから子どもへのまなざし展」が開催中です。

ファイル 353-2.jpg
皆川真紀さんと

ファイル 353-3.jpg
そねはらまさえさんの
2人展。

テーマの通り,子どもたちを描いた,
あたたかい絵がすてきです。
絵本製作や絵画教室などでもご活躍のお二人。

モダンな雰囲気の絵ですが,
これらすべて日本画です。

ファイル 353-4.jpg
日本画というのは,「岩絵の具」という特別なえのぐで描かれ,
複雑な色合いが,とても印象に残ります。
自然に近い素材…という感じが,「子ども」というテーマにも,
ぴったりという感じがしました。

どなたでもご覧になれます。
ぜひ,見にいらしてください。
ファイル 353-5.jpg

ピースリーディング,2回目!

2016.06.02 (木)

ファイル 349-1.jpg
(↑「しんぶん赤旗」5/17・取材記事・クリックすると大きくなります)

5/15(日),全国同時多発ピースリーディングの一環で,
ハックルベリーブックスも2回目のワークショップを開催しました。

2回目も,13名ほどの方が集まってくださいまして,
声出しのオープニングから,詩を読み,台本を読み,
配役を決め…と,なごやかな雰囲気ですすめることができました。

今回も,俳優の方もいれば,演劇好きの方,
紙芝居を演じている方,先生,作家,音楽家などなど
年齢も若い方から幅広く,男性も女性も…といった具合で,
とにかく,いろいろな方が集まってくださいまして,
みんなでひとつのものを創り上げて行くことは,
やはりとっても楽しいものでした。

配役が決まって,コーヒーブレイクのあとは,
いよいよ本番。
前回もそうでしたが,役を決めて読みだすと,
言葉が,どんどん生きてきます。

「9条が好きと言えなくなって」という今回の台本は,
いろいろな歴史見解や,学者の意見,社会情勢なども入り,
なかなか重厚な内容なのですが,
話し言葉になることで,実感的に伝わるものになります。

最後にみなさんから,感想やご意見をお聞きしましたが,
何よりうれしいのは,「これまであまり考えてこなかった」
「いろいろな考え方を知ることができた」
「自分の意見を持てるようにしたい」といった言葉です。
すぐに,何かわかりやすい結論を出すわけではなくても,
今回のリーディングから,憲法について,平和について,今の社会について,
考えるヒントを得て,それぞれで深めていっていただければと思います。

ファイル 349-2.jpeg

ご参加のみなさん,ありがとうございました!

ファイル 349-3.jpg
さて,ハックルベリーブックスでは,
「平和をおもう緊急企画第2弾」として,
6/26(日)15時~
「選挙カフェ」を開催します。
夏の選挙の日程も具体化してきました。
今年,初めて選挙に行くという若い方もいると思います。

選挙というのも,なんだかめんどくさい,
なんだかわかりにくい,投票しても変わらない…と
思ってしまいがちですが,
それなりの意味や思いをこめて,
創られてきた制度のひとつです。

平和であるからこそ,おいしいケーキをたのしむことができる…
という思いもこめて,今回は,
柏3丁目の名店「ラトリエ ドウ ドロップス」さんの
おいしいケーキを食べながら,語り合います。
ゲストに,若い柏市議会議員の山下洋輔さんにも来ていただき,
選挙の歴史,選挙のたのしさなどのお話もしていただく予定です。

選挙前ですが,特定の候補者や政党を支持するイベントではありません。
これまた,「考える」きっかけになればというイベントです。
どうぞ,お気軽に,ご参加ください♪

ささめやゆきさんトーク&サプライズ幻燈会

2016.05.16 (月)

ファイル 347-1.jpg
5/13(金)夕方6時~
現在1階で開催中の「飛ぶ教室45号原画展」に
「今江さんとわたし」という絵エッセイを描かれた
ささめやゆきさんのトークイベントが開催されました。

今回の原画展にご協力いただいている
光村図書の編集者さんから,「飛ぶ教室」という雑誌についての
ご紹介があり,いよいよささめやさんのお話。

ファイル 347-2.jpg
ささめやさんは,けして若い頃から売れっ子だったわけではなく,
いろいろな出版社に絵を持ちこんでは断られたりもして,
それでも,描くことが好きで描き続けていたところ,
今江祥智さんが,その魅力にいちはやく注目し,
ささめやさんの作品を紹介したり,
「飛ぶ教室」の表紙を依頼してくれたりして,
50歳近くなって,仕事が増えてきたのだそうです。

他にも,今江さんとは,ふしぎな縁がいろいろあって,
京都と鎌倉という遠くにいながら,
どこかつながっていたような存在だったとのこと。

そういう偶然・必然の出会いから,
作家が生まれ,作品が生まれてくるのだと
あらためて感じました。

ファイル 347-3.jpg
そのあと,後半は,自作の「幻燈紙芝居」を上演。
幻燈の箱から手作りで,和紙に描かれた絵も美しく,
くるくる巻き取る仕組みがなんとも楽しくて,
気持ちがゆるんでくるようなひととき。
内容も,ささめやさんの「少年時代」ということで,
なんともノスタルジックなふしぎな時間が広がりました。

ファイル 347-4.jpg
和紙をつなぎ合わせたときの偶然の絵柄,
計算されてないものが生まれる楽しさがいいと,ささめやさん。
絵はへたでいい,お金もなくていい,
そのほうが,うまくなっていく楽しみがあり,
それがあったから,絵を描き続けてこられたのだという言葉が,
とってもすてきでした。

ファイル 347-5.jpg
幻燈会のあとはサイン会となり,
来て下さったおひとりおひとりに,ユニークな絵とサイン。
そのあとも,店の本に,サインを入れてくださいましたので,
ぜひ,どうぞ。

「飛ぶ教室45号原画展」は,6/5まで展示中です。
ぜひ,お見逃しなく!!

5/5 演じてみよう! ピースリーディング1回目開催。

2016.05.07 (土)

前にもお知らせしました全国同時多発ピースリーディングの一環として,
ハックルベリーブックスでも,ワークショップ形式で開催。
初の試みで,どうなることか不安でしたが,
定員いっぱいの15名の方が集まってくださり,
たいへん充実した会になりました。

ファイル 345-1.jpg
児童文学作家で,演劇もされている,辻邦さんのリードで,
まずは,自己紹介&声出しのオープニング。

ファイル 345-2.jpg
その後,詩の読み合わせで,言葉を届け合う練習をしてから,
いよいよ今回のテーマとなる台本
「9条が好きといえなくなって…」を通し読みします。

初めてあったばかりの方と,初めて読む台本。
緊張もありつつ,だんだんと内容が見えてきます。

ファイル 345-3.jpg
内容がつかめたところで,配役を決めます。
主な語り手7人と,いろいろな有名人の台詞。
自分がどこを読むか,配役決めもなかなかスリリング。

何人かは,観客にまわった方もいます。

ここまでで,たっぷり一時間以上かかりましたので,
おいしいケーキとお茶で,しばし休憩。
少しずつ気持ちも打ち解けて,自分の台詞を確認したり,
となりの方と話し合ったり…。

ファイル 345-4.jpg
じつは,今回は,柏の演劇をやっている方はじめ,
実際に俳優をされている方もいらっしゃいましたので,
読み合わせのときから,言葉がどんどん立ちあがってくるのを
感じていました。

ファイル 345-5.jpg
そして,いよいよ役通りに演じつつ,本番のリーディング!
最初読んだときは,なんだか堅いイメージしかなかった台本が,
台詞になると,とまどい・説得・反発・共感…といった
いろいろな気持ちが見えてきて,引きこまれました。

そのあとのまとめのトークでも,
それぞれの立場から,いろいろな感想が出ました。

「台本にこめられたメッセージをただ受け取るのではなく,
みんなで読むことで,話し合うきっかけになる」

「宗教と政治の話はしない…という日本的暗黙の空気を変えたい」

「初めて会った人で,何かを作りあげていくのは,楽しい」

「いろいろな立場の台詞を読むことで,
単純に白黒つけるのではない,多様な視点が持てる」

などなど,ほんとうに深いお話がいろいろ出て,
やってみてよかったと思いました。

このピースリーディングは,5/15にもう一回やります。
次も,俳優さんや,いろいろな立場の方が,
すでに10名参加予定ですが,あと少し空きがあります。
やってみようという方は,早めにお申し込みください。
また,演じるのは無理だけど,観客として途中から参加もOKです。

全国同時多発ピースリーディング,
千葉からは,ここハックルベリーブックスのみです。
ぜひ,参加してみてください!

「飛ぶ教室45号」原画展&今江祥智フェア

2016.05.01 (日)

ファイル 344-5.jpg

ハックルベリーブックスでは,4/25の「飛ぶ教室45号」刊行から,
6/5(日)まで,1階特設コーナーにて,
「飛ぶ教室45号」原画展&今江祥智フェアを開催中。

ファイル 344-1.jpg

「飛ぶ教室45号」は,昨年亡くなった今江祥智さん特集号。
今江祥智さんは,『山のむこうは青い海だった』から
『ぼんぼん』『優しさごっこ』など,
時代時代の話題作を生み出した作家であり,
『すてきな三にんぐみ』や『ぼちぼちいこか』などの翻訳家でもあり,
同時に,福音館書店や理論社などの編集者でもあり,
戦後の児童文学をひっぱり,また,広げてきた人でもありました。

今江さんが見出した作家や画家もたくさんいます。
工藤直子,岩瀬成子,石井睦美,川島誠,梨木香歩……,
今も活躍している作家さんたちの中には,
今江さんが創刊した児童文学雑誌『飛ぶ教室』から
世に出てきた人もたくさんいます。

ファイル 344-2.jpg
今回は,その雑誌『飛ぶ教室』の特集号はもちろん,
バックナンバーも並べました。

そして,この45号に「今江さんとわたし」という絵エッセイを寄せている画家さん,
宇野亞喜良・杉浦範茂・あべ弘士・村上康成・ささめやゆき各氏の
原画を貸していただき,展示しています。
(5月中旬に田島征三さんの絵も届く予定)

ファイル 344-3.jpg
もちろん,今江さんの作品や,翻訳絵本なども並べましたが,
今では品切れになっている貴重な本も,古本で集めました。
改めて,心ひかれる今江さんの言葉がいっぱいです。

ファイル 344-4.jpg
5/13(金)18時~
ささめやゆきトーク&サイン会も開催します。
原画を飾らせていただいているささめやさんから,
今江さんのこと,「飛ぶ教室」とのかかわり,絵本づくりのことなど,
お話をうかがいます。
(定員25名・300円・受付中)

タイムリーな展示&フェアです。
どうぞ見にいらしてください!!

ページ移動