記事一覧

たかおゆうこさんトークイベント♪

2019.03.25 (月)

ファイル 487-1.jpg
24日は,原画展に際して,
作者のたかおゆうこさんにお越しいただき,
ギャラリートークをしていただきました。

今回も,店長奥山がいろいろと質問させていただく形で,
進めましたが,興味深いお話がいろいろ。

内気で、絵を描くことと本を読むことが好きだった子ども時代。
なかでも,植物や動物の「図鑑」,「むかしばなし」,『世界の美術』が愛読書で、やがて美大に進んだ頃には,世界の絵本に魅せられ,
クレヨンハウスでアルバイトをするほどに。

その後、福武書店(現・ベネッセ)に絵本をもちこむと,
その編集者さんからたくさんの児童文学を教えてもらい,
最初は児童書のさし絵からスタートしたとのこと。
たかおさんの作品には、絵の魅力はもちろん,
「物語」への深い理解があるなあと感じていましたが,
絵本作家と言われるまでのこうした経緯に,
とても納得できました。

ファイル 487-2.jpg
『もねちゃんのたからもの』『チュウとチイ…』など,
オリジナル絵本の場合,子どもの頃の記憶のかけらから,
ある「絵」が生まれ,その絵の背景にある「物語」を探っていく…
という感じで作られているそうで,
今回メインの展示となっている『くるみのなかには』も,
子どもの頃に長野から送られてきた「くるみ」の記憶,
インドのむかしばなし,住んでいたドイツの冬…などなど,
いろいろな記憶のかけらから,この作品の構想は生まれたそうです。
それが10年以上前のこと。

でも,なかなか絵本にならず,
今回,編集者さんの理解を得て,絵本が実現するにあたり,
改めて,「くるみ」について取材をしたとのこと。
いろいろな木を見に行き,「くるみ博士」にお話を伺い,
そうした取材を通して知った驚きが,
この絵本の後半のリアルなくるみの美しさにつながっているのだなと感じました。

また,他の作品(『こいのぼりくん…』や『チュウとチイ…』など)
でコラージュの手法を手にしたことが,
今回の『くるみのなかには』でも,見事に生かされています。
(原画を見ると,手の込んだ切り貼りのコラージュがよくわかります)

長い時間をかけて作ったことは,
ムダではなかったと感じているとのことでした。

別の作家さんとのコラボ作品では,
自由に,かつ楽しんでやらせてもらえるかどうかを
基準にしているとのこと。
たしかに,『プリンちゃん』や『ねばらねばなっとう』など,
作者と画家さんが,楽しんで作っていると思われる
工夫や小ネタが満載です(納豆の頭に何かが乗ってるとか・笑)。

また,児童文学のさし絵は,作品の時代背景などを調べるのに
とても時間がかかるけれど,「物語」にかかわる仕事,
「物語」を作る仕事は,これからも続けていきたいとのことでした。

ファイル 487-4.jpg
(フーちゃんと)

読んだあと世界が広がってみえるような「想像力」と
「自然への驚き」のある作品を,これからも作っていきたいと,
すてきな言葉でトークは閉じられました。

ファイル 487-3.jpg
終了後は,サイン会。
こちらも,おひとりおひとりとお話されながら,
かわいいサインをていねいに描いてくださいました。

ファイル 487-5.jpg
さらに,恒例となりました,
ハックルベリーブックスの窓にも,かわいい絵を!
ウィンドウ・ギャラリーに,またひとつ,
コレクションが増えました。

原画展は,4/2まで続きます。
ご希望があれば,店長奥山が,
作品の「ラフスケッチ」をお見せしつつ,
たかおさんのお話をふまえてギャラリートークをいたしますので,
ぜひ,気軽に声をかけてください。

どうぞ,お見逃しなく!

たかおゆうこ絵本原画展,スタート!!

2019.03.21 (木)

いよいよ3/21(木・祝)~
「たかおゆうこ絵本原画展」がスタートしました!
今回は,幼年向けの『プリンちゃん』から、
大人もひきつけられる『くるみのなかには』まで,多彩な作品の
原画を展示いたします。

ファイル 485-1.jpg
かわいいかわいい「プリンちゃん」は,
きせかえコーナーで、いっしょに写真も。

ファイル 485-2.jpg
『こいのぼりくんのさんぽ』(すとうあさえ・文)
『ねばらねばなっとう』(林木林・文)
『チュウとチイのあおいやねのひみつきち』
『もねちゃんのたからもの』など,
春らしい絵本もいろいろ。

ファイル 485-3.jpg
作品作りのために集めた
かわいい資料も展示してあります。

ファイル 485-4.jpg
『雨がしくしく、ふった日は』(森絵都・作)
『ふしぎなようせい人形』(ゴッデン・作)
などの物語の挿絵もご紹介。

ファイル 485-5.jpg
そして,最後は,絵本『くるみのなかには』を
ほぼ全ページ展示いたしました。

前々から,色使いのとてもすてきな作家さんだと思っていましたが,
この『くるみのなかには』は,想像力から自然の営みへと展開する
とてもユニークで,美しい絵本です。

他の作品と合わせてみると,この絵本へとつながっている要素,
たかおさん独特の読者へのおもてなし精神などが感じられます。
描き方も,モノクロペン画からコラージュ的な立体感のあるものまで,
多彩でとても興味深いです。

春らしい絵を楽しみ,いろいろな本と出会っていただけたらと思います。

4/2(火)まで2週間。春のハーブティーを入れてお待ちしています。

3/24(日)のたかおゆうこさんのトークイベントは,
残席すこしです。
3:30~のサイン会はどなたでも♪

3.11を忘れない映画上映会「福島 生きものの記録」

2019.03.14 (木)

3/10,11と開催しました
3.11を忘れない映画上映会
「福島 生きものの記録」。

ファイル 483-1.jpg

3.11の福島第一原発事故のあと、
人間の住めなくなった場所に生きる動物たち、
それに関わる人々の記録。
昨年から、柏の島村直子さんと企画、準備してきましたが、
おかげさまで、連日15名満席となりました。

ファイル 483-2.jpg

何よりもよかったのは見た後に感想をシェアする時間を持てたこと。

ファイル 483-3.jpg

小学5年生から、80代の方まで、
福島出身の方やゆかりのある方,
いろいろな支援活動,原発反対の活動に参加している方,
何が起こっているのか,ちゃんと知りたい方…。
集まってくださったそれぞの方の立場から,
みなさんの真摯な言葉を聞くことができて、
出口の見えない重い問題ではありますが、
その重さを共有することで、少し勇気もわいてきました。

この映画は,すでに第5集まで作られていまして,
今回第1集を見たことで,続きもぜひ見たい,
これからも関心をなくさないでいきたい,
という声を聞くこともできて,うれしく思いました。

映画をつくった監督の岩崎さんは,
現在,病気療養中とのことですが,
仲間のスタッフの方が,今も撮影を継続しているそうです。

ファイル 483-4.jpg
また,原発,原子力については,
ハックルベリーブックスでも,関連する本を置いています。
絵本,写真集から,さまざまな記録,物語など,
本を通してたくさんのことを知ることもできます。

これからも,関心を失わず,考え続けていきたいと思っています。
参加してくださったみなさま,ありがとうございました!

「子どもの本のひみつ」@糸魚川へ

2019.03.07 (木)

ファイル 482-1.jpg

今週8日-9日(土)は,勝手ながら
店長出張のため,1時~4時の短縮営業とさせていただきます。

店長奥山は,新潟糸魚川で開催される
トークイベント「子どもの本のひみつ」に参加します。

この連続イベントは、奥山も所属している日本児童文学者協会の
研究部の企画で、すでに4回、東京や山梨や京都で開催し、
①新藤悦子×陣崎草子
②濱野京子×野坂悦子(翻訳家)
③ひこ・田中×目黒強(評論家)
④林木林(詩人・絵本作家)×本間ちひろ(詩人・画家)
…と子どもの本の世界で活躍している方々をお呼びし,
創作秘話などお話していただきました。
その中で,「児童文学」って何なのか?
今の時代にどんな意味があるのか?
ということを考えて来ました。
そして,そのつど,写真のようなフリーペーパーに,
トークのエッセンスをまとめてきました。
(ハックルベリーブックスにも置いてあります)

今回,糸魚川では,この5回目として,
⑤山崎玲子×荒木せいお
という長野や新潟出身の作家対談となります。

糸魚川といえば,2年前の冬に大火事にみまわれ,
町屋商店街の半分が焼けるということがあり,
ハックルベリーブックスでも支援金の募金をしました。
友人で作家の小川英子さんが,
この町屋文化を守り伝える会を続けていらっしゃるからです。

その糸魚川で,この秋「児童文学セミナー」が開催予定。
大火復興支援でもあり,新潟出身の画家黒井健さんの講演なども
あるそうです。楽しみです。

今回の「子どもの本のひみつ」は,
9日にその秋のセミナーのプレイベントとして開催されます。
奥山は,前日の8日に行き,大火からの復興の状況を,
見学してくる予定です。
(「子どもの本のひみつ」フリーペーパーにまとめます)

もちろん、どこに行くのも,もちろん自費。
今回の糸魚川も出張費など出ませんが(笑)、
でも,それだけの出会いと価値のある連続トークなので,
できれば,10回くらいまで,あちこちに出かけて行って,
続けたいなと思っています。
あと,個人的には,各地のおいしいものめぐりも楽しい。
糸魚川もおいしいもの満載ですが,
ソウルフードと言われる「イノヤの牛乳パン」が,
じつは,いちばん楽しみだったりして…(笑)
ファイル 482-4.jpg
そんなわけで,2日ほど不在ですが,よろしくお願いいたします。

ファイル 482-2.jpg
3/10(日)は通常営業,
午前中は「ハックルベリーのおはなし会」もあります。
(11時~ どなたでも)
午後は,映画上映会もあります。
(10日は満席,11日はあと数名)

ファイル 482-3.jpg

【追記】
糸魚川でのトークイベント「子どもの本のひみつ」は,充実の内容でした。作家さんのお話のエッセンスは,いずれ,「大火後をあるく記」とともに、フリーペーパーにまとめます。
ハックルベリーブックスにも置きますので,お楽しみに!

午後のお話会&本まっち入門

2019.02.15 (金)

ハックルベリーブックスでは,最近,
インスタ・ツイッター・Facebookなどで,
「今日の推し本棚@ハックルベリーブックス」を日々アップしていますので,
ぜひ,フォローしてみてください。

ファイル 480-1.jpg
さて,そして,イベントのご紹介です。
今度の土曜日2時~は
「ろうそくを灯して語る 午後のお話会」です。

恒例となりました,ゆっくり語りを聞く会。
プログラムはこんな感じです。
ファイル 480-2.jpg
あと数名,お席ありますので,ぜひどうぞ。
子どもさんは無料です。

ファイル 480-3.jpg
それから,日曜日の3時~は,
「本まっち入門」@パレット柏。

今年もまた,4/21に軒先ブックマーケット
「本まっち柏」がありますが,
いちど,こういう古本市に出てみたい,
そもそも,古本市ってどういうの?
何がおもしろいの?
どうすれば出られるの?
…という疑問をお持ちの方に,
本まっちスタッフ&ゲストの「佐倉城下町一箱古本市」スタッフとで,
たのしく説明いたします。
ぜひ,のぞきに来て下さい!
お申し込み受付中です(500円・定員20名)。

ページ移動