記事一覧

文学茶話会、西アジアの2回目も楽しく!

2016.03.07 (月)

3/5の土曜日,またまた「文学茶話会」が開催されました!

ファイル 332-1.jpeg

今回は,「西アジア特集」の2回目。
クルドの絵本『カワと7にんのむすこたち』がトークテーマです。
まず,作者の野坂悦子さんが,
オランダに亡命してきたクルド人のシャクリーさんとの出会いから,
物語が生まれた経緯をお話くださいまして,さらに,
絵本をじっくりと読み聞かせ。

悪魔にとりつかれた悪い王様に苦しめられたクルドの人びとが,
冬の間,子どもたちを山に逃がし,それぞれに耐えて力をため,
春の訪れとともに,力を合わせて王を倒すという昔話。
「どんなに冬は長くても,必ず春は訪れる」というフレーズが
くりかえされ,不屈の精神を感じます。
子どもたちが最初に春の訪れに気づくのは,水仙の花が咲いたこと。
この日,ハックルベリーブックスのテラスでも,
今年最初の水仙が花を開いていました。

ファイル 332-2.jpeg
その後,この物語に,ユニークでダイナミックな絵をつけた
おぼまことさんのお話。
こちらは,おぼさんが,どのように生きてきて,
絵本作家になったか…というお話だったのですが,
仕事を転々とし,単身アメリカに渡って,バスであちこちを回り、
ハリウッドスターに出会ったり,
病気で倒れたり,殺人鬼に襲われたり…。
とにかく,波乱万丈の人生,おもしろいやら,怖いやら。

きっと,そうしたさまざまな経験から,
おぼさんの絵の,大胆さ,自由さ,ユニークな構図などが
生まれているのではないでしょうか。

ファイル 332-3.jpeg

すごいお話に頭がぼーーとしてきたところで,
後半は,また,新藤悦子さんが,トルコのお茶の入れ方を
レクチャーしてくださいまして,
みんなでお茶をいただきながら,ようやくホッとひといき。

ファイル 332-4.jpeg
今回も,野坂さんがクルドに伝わるクッキー
(「Kasmay」というそうです)を,
新藤さんがトルコ風のほうれんそうとレーズンのヨーグルト和え
(トルコ語で「ウスパナック・サラタス」というおつまみ)を
作ってきてくださいまして,
そのほかにも,たくさんのお菓子の差し入れがあり,
クルドの音楽を流しながら,異文化を堪能しました。

参加してくださったみなさんも,それぞれに西アジアへの思い,
絵本への思い,
図書館や学校その他でのそれぞれの活動などを話してくださいまして,
「西アジア」というテーマで,これだけの人が出会えたことが,
とてもうれしく思いました。

ファイル 332-5.jpeg
さいごは,野坂さんによるクルドのクイズ大会。
いろいろとすてきな賞品も用意してくださいました。

まだまだ,知らないことはたくさんありますが,
長く,深い「西アジア」の文化に親しむことで,
今,複雑に絡み合ってしまった世界のありようを,
ほんの少しでもほぐしていくことができたら…と思います。

クルドの絵本の原画展,また,「西アジア特集」は,もう少し続けます。
ぜひ,絵本や物語を手にとっていただき,
世界を知るひとつの入り口にしていただければと思います。

おぼまことさん,野坂さん,新藤さん,
そして,参加してくださったみなさん,
本当にありがとうございました!

「絵本といけばなの世界展」より

2016.03.02 (水)

「絵本といけばなの世界展」も月曜日でぶじ終了しました。
ファイル 331-1.jpeg

おかげさまで,ハックルベリーブックスでの開催も
すっかり定着してきた感じで,
天井の手づくりフラッグには,
「HUCKLEBERRY」の文字とフ―ちゃんが…。
うれしいですね!

ファイル 331-2.jpeg
いろいろな作品に,連日たくさんの方が,見入っていました。
絵本や物語から,自由に発想がひろがり,
こういう本との接し方もあるんだなと思います。

ファイル 331-3.jpeg
28日は,展示テーマとなった絵本をアコーディオンの演奏にのせて,
読んでくださいました。

ファイル 331-4.jpeg
29日は,やはり展示作品の読み聞かせやブックトークも。
作品の読みが深まります。

ファイル 331-5.jpeg
一年間の集大成。
本と,草花と,音楽と,おいしいパンやケーキと…。
いろいろな世界がつながって,参加した子どもたちにとっても,
ほんとうに貴重な体験となったと思います。

このユニークな活動は,
また,4月からも続けて下さるとのことで,
来年度4期生募集に先駆けて,
3/26(土) 10時~「絵本いけばな講座」の体験会もあります。
お申込みは,講師の戸祭先生まで。
メール mikaikou@i.softbank.jp

定員8名です。

本が好き,生け花やってみたい! という方,
子どもさんでも,大人の方でも,お気軽にどうぞ。

たまにはフーちゃん情報

2016.02.24 (水)

ファイル 329-1.jpeg
店では、怖がりのフーちゃん。
たまには、ふだんの生活も、お見せしましょう。

(じつは,とうとう「ipad mini」を買いまして,
写真を撮るのも,ブログに掲載するのも,格段にやりやすくなったのです。)

ファイル 329-2.jpeg
お水を飲んでいるところ♪
器に乗って,うまく倒して飲みます。

ファイル 329-3.jpeg
目をぎゅーと閉じて、寝てるところ♪
片足になっているのがわかりますか?

いちいち可愛いフーちゃんです。

★★★

毎日,寒いせいか,ハックルベリーブックスは、
今週はいたってヒマですが(泣)、
ブックプレゼントのお申込みが続いて,ありがたいと思っています。
ファイル 329-4.jpg

また,日曜日から、いよいよ「絵本といけばなの世界展」もスタート。
こちらも楽しみです。

文学茶話会 第6回 児童文学の旅 西アジア

2016.02.12 (金)

ファイル 327-1.jpg

2/11は,もう6回目となりました文学茶話会が,
「西アジア」をテーマに開催されました。

前半は,『青いチューリップ』『月夜のチャトラパトラ』など、
トルコを舞台にした児童文学を描き続けてきている
新藤悦子さんのトーク。

トルコの魅力にひかれて,ちいさな村に住みつき,
じゅうたんを織る経験をしたときのことや,
子どもさんといっしょに出かけては,
トルコの子どもたちと紙芝居を楽しんだ時のことなど,
映像を見せながら,語ってくださいました。

最初はノンフィクションとして
「たくさんのふしぎ」などの子ども向けの雑誌に、
トルコで見聞きしたことを書いていましたが,
それを読んで,ずっとトルコにあこがれていた女の子に出会い,
子どもの本の力を感じたこと,
また,食べ物や生活や歴史などを書き込める物語の可能性に気づき,
作品を書き始めるようになった経緯など,
楽しく,納得できるように,お話してくださいました。

ファイル 327-2.jpg
そして後半は,そのトルコのお茶をいれて味わってみようということで,
トルコのお茶を入れる2段重ねのケトル「チャイ・ダンルック」で,
チャイのいれ方を実演。

ファイル 327-3.jpg
文学茶話会の若杉さんからも,トルコのお茶についてのレクチャーがあり,
それぞれでカップに注いでみました。

ファイル 327-4.jpg

今回は,まさに「茶話会」にふさわしく,おいしいお茶に,
いろいろなお菓子も。
新藤さんが,トルコのドライフルーツで「チョコレート・サラミ」という
お菓子やジャムを作ってきてくださり,
他にも,ドライフルーツの「デーツ」や,
豆粉のケーキや,さつまいも煮,スペインのチョコレート,
などなど,地域色豊かなめずらしいお菓子を食べながら,
「西アジア」の魅力や,現在の様子,作品のことや,
音楽のことなどなど,話もはずみました。

ファイル 327-5.jpg

最後は,新藤さんより,「トルコ・クイズ」。
トルコ豆知識や,作品のことなどを改めて考え,
すてきなトルコの賞品に沸きました。

「西アジア」というと,現在は,ISの問題や,テロ事件などで,
なんとなく,「こわい」「わからない」…と敬遠しがちな地域。
でも,重層的な歴史をもつ,魅力的な場所であることを改めて感じ,
少し世界に近づけた気がします。
とにかく,とっても楽しい時間でした。

新藤悦子さん,そして,ご参加のみなさま,
ありがとうございました。

今回の「西アジア」シリーズは,
来月3/5に,今度は,「クルドの絵本」を中心に,
おぼまことさん,野坂悦子さんをゲストに,
もういちど開催します。
また,トルコのお茶も楽しむ予定です。

残席は,あとわずかです。
また,次回のテーマになる絵本『カワと7にんのむすこたち』の
原画は,現在「西アジアの本のコーナー」に展示中。
今週末,入れ替えますので,ぜひ,お見逃しなく。

ハックルベリーブックスのピンチ?! あるいはチャンス?!

2016.02.10 (水)

もしかしたら,ご存じの方もいるかと思いますが,
本の問屋さんである「取次」会社のひとつ
「太洋社」さんが,「自主廃業」するということが,
先週,発表されました。

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4137.html

じつは,ハックルベリーブックスは,開店から,
こちらの「太洋社」さんと契約し,主な本を仕入れてきました。
その会社が,この春にもなくなるということで,
本屋が本を仕入れられなくなる!?
というピンチに直面することになりました。


ハックルベリーブックスが,こちらの取次さんと
契約できた経緯については,1月に取材していただいた
「起業のリアルストーリー」でも語らせていただいています。

http://kashiwaentrepreneu.wix.com/home#!小さな書店から広がる、つながりの輪。(1)-奥山恵さん-/-Huckleberry-Books/cbrnj/567f2bfb0cf203da56ec38ca

本の取次といえば,「日販」と「トーハン」という2大会社があることは,
知られていますが,「太洋社」はそれよりは小さいですが,
「中堅」の取次として歴史がありました。
しかし,このような「中堅」のひとつであった「栗田」という
取次さんも,昨年つぶれ,今回「太洋社」も……。

これは,本の流通の在り方の根本的な問題として,
考えていくべきことと思います。

もちろん,「太洋社」さんからは,ほとんどの出版社の本が
仕入れられましたので,たいへん便利ではありましたが,
そもそも,取次さんとの契約に,何百万もの保証金が必要だったり,
個性的な棚を作ろうと思えば,うちのように,ほとんどの本を買い取りにしているにもかかわらず,利率は委託と同じだったり,
これまでも,本の流通の在り方には,ずっと疑問を感じてきました。

その一方で,私が大好きな京都の本屋さん「恵文社」の店長だった
堀部篤史さんが,昨年,「取次」にたよらない流通をめざして,
「誠光社」という本屋さんを立ち上げました。

http://www.seikosha-books.com/about

ほかにも,落合恵子さんのクレヨンハウスが
「子どもの文化普及協会」という利率のいい仕入れの形を作ったり,
「神田村」と呼ばれる,小さな取次さんのネットワークが,
地方の小さな本屋とつながっていたり,
さまざまな本の流通の在り方も,
じつは,ずっと調べたり,お話をうかがったりして,
視野に入れてきました。

こうした,いろいろなチャレンジは,
うちのような個人の店や,これから本屋をやってみたいという人を,
勇気づけてくれています。

「本屋の利益は2割」という暗黙の常識に対しても,
それでしかたがないとあきらめることなく,
本屋が成り立つ方向を模索していくことは,やはり必要です。


そう考えると,ハックルベリーブックスも,
今は,大きな考えどころ,
逆に,新しいチャレンジの機会なのかもしれないとも思っています。

これまでも,ハックルベリーブックスでは,
「ネットで買うなら町の本屋で」という応援の気持ちも添えて,
本を注文してくださるお客さんが増えてきていました。
たいへんありがたく,できれば,
これからも,そのようなご注文はなんとかお受けしたいと思っています。

もちろん,中心となっている児童書の仕入についても,
より豊かな形を探っていきたいと思っています。

とりあえず,しばらくは,現状で滞りなくやっていかれますが,
3月くらいまでには,ハックルベリーブックスの
今後の方向性について,またご報告できると思います。

柏では,この春,
高島屋にあった「ウイング」と,
丸井にあった「八重洲ブックセンター」と,
2つの本屋が閉店となるそうです。
町の小さな本屋も,すでにほとんどありません。
でも,それでいいのか……。

ハックルベリーブックスでは,
なんとか,今回のピンチを,チャンスに変えていかれるように
よくよく考えていきたいと思っています。
よろしくご理解いただければ,ありがたく存じます。

ページ移動