記事一覧

世界の子どもの本展,開催です!

2016.12.29 (木)

29日から,いよいよ「世界の子どもの本展」はじまりました!

ファイル 380-2.jpg
世界各国で,代表となる作品「オナーリスト賞」(2014)に選ばれた
よりすぐりの本がずらり。
国により,言語もちがい,絵の雰囲気も違って,
ほんとうに本の世界の多様さを実感します。
ひとくちに「子どもの本」といっても,その発想の豊かさに
思わず,見入ってしまいます。
見たこともないような文字もあって,
読めないにしても,なんだか楽しくなってきます。

ファイル 380-3.jpg
「文学作品」だけでなく,「イラストレーション作品」や
「翻訳作品」もあり,原書と日本語に訳された本を比べるのも
おもしろい。

ファイル 380-4.jpg
2014年に「国際アンデルセン賞」を受賞した
上橋菜穂子さんの本も,すべて並べています。

ファイル 380-5.jpg
また,同じ年の「国際アンデルセン賞」の画家賞を受賞した
ホジェル・メロさんの『はね』にちなんで,
「ふくろうの羽根ぬりえ」でしおりを作るコーナーも。

展示作品すべてではありませんが,欲しい本が見つかったら,
ハックルベリーブックスで取り寄せることも可能です。
じっくり見て,お気に入りの一冊を探してみてください。

展示は,1/7まで。
(12/31~1/3は冬休みです)

どうぞお見逃しなく!!
(1/7のさくまゆみこさんの講演は満席です)

メリークリスマス!!

2016.12.24 (土)

ファイル 379-1.jpg

23日,11時~と13時半~、毎年恒例となりました
「フルートと絵本のちいさなクリスマスコンサート」
開催されました!

どちらの回も,満員御礼で,
赤ちゃんさんから90歳の方まで,たくさんの方が
来て下さいました。

ファイル 379-2.jpg
青木絵里子さんのフルートとお母様のピアノ。
のびやかで美しい音色は、ほんとうにすてきで、
しばらくすると,また聴きたくなるからふしぎです。
泣いていた赤ちゃんも、フルートが鳴りだすと泣きやんだり,
眠ってしまったり…。
毎回,新曲をいろいろ演奏してくださいます。

ファイル 379-3.jpg
絵本のよみきかせや全体の進行は,高橋博子さん。
ハックルベリーブックスでずっと0歳からのおはなし会を
続けてくださった高橋さんは,
昨年,柏から茨城にひっこしてしまいましたが,
コンサートだけはぜひ…ということで,
ひさしぶりにすてきな笑顔を見せてくださいました。

当日の朝,ハックルベリーブックスでまたコンサートができる…
と心を落ち着けていたら,なんだかうれしくて,
涙が出てきてしまったと話してくださいました。

ファイル 379-4.jpg
(↑絵本いけばな講座の作品です)

ほんとうに,今年もまた,このコンサートをぶじに開催して,
クリスマスを迎えられたことに,感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました♪
そして,メリー・クリスマス!!

***

さて,そんな年末の慌ただしい時期に,
ひとつ,悲しいニュースが届いています。
みなさんも,ご存じの新潟県糸魚川の大火事。

じつは,糸魚川は,ハックルベリーブックスにとっても,ゆかりの地。
児童文学作家でもあり、糸魚川の町屋で文学活動をされてきた
小川英子さんは,店長奥山の文学仲間でもあり、
ハックルベリーブックスとも、
詩の本や「考える絵本」の原画展の巡回などで、
これまでも協力し合ってきました。
その小川さんのご実家でもある町屋の「旧倉又茶舗」は、
ぎりぎり延焼をまぬがれましたが、
趣のある商店街の多くが焼けてしまいました。

ハックルベリーブックスでも,まずはお見舞い金を送りたいと思っています。
送り先は、糸魚川の「町屋文化を守り伝える会」の小川英子さん。
ぜひ、ご協力お願いします!

ファイル 379-5.jpg

フェアトレードの日&クリスマスマーケット

2016.12.11 (日)

ファイル 377-1.jpg

本日12/11と,来週末の12/17.18は
2階スペースにて
フェアトレードの日&ちいさなクリスマスマーケットを
開催します。

ファイル 377-2.jpg
公正な取引で輸入されたコーヒーや紅茶,雑貨など,
作り手の見える安全・安心で,温かいものばかり。
松葉町にある「アーシアン柏」から届きました。

今回は,紅茶の試飲もしています。

ファイル 377-3.jpg
冬限定のおいしいチョコレートもいろいろ。

フェアトレードは,お買い物を通して,
世界を変える,世界を考える活動です。
今回は,いま戦闘のニュースで胸が痛む
シリアのアレッポのせっけんも,入荷しています。
どんな状況でも,人びとの日常は続いている…
アレッポの石鹸は,一部,支援の寄付となります。

ファイル 377-4.jpg
また,今回は,地元柏のみなさんの
手作り品も並べて,
フェアトレード販売を手伝っていただきながら,
クリスマスマーケットも開催しています。
こちらもまた,手作りのぬくもりが感じられる,
すてきなものばかり。

ファイル 377-5.jpg
柏で人気の「ぱんごはん」さんのベーグルも,
11日限りで販売させていただいています。

ぜひ,見にいらしてくださいね。

12月になりました! 年末年始とイベントもりだくさんです!

2016.12.05 (月)

12月になりました。
今年もあと少し。
ハックルベリーブックスも,連日,
クリスマスのプレゼントを選びに来て下さる方が♪

合わせて,12月~1月にかけては,
イベントが盛りだくさんとなっています。

ファイル 376-1.jpg

まず,12/11(日),17(土),18(日)は,
ひさしぶりの「フェアトレードの日」。
フェア(公正)な取引で作られ輸入されたコーヒーやチョコレート,
雑貨や服など,お買い物で世界を変える活動です。
柏アーシアンの限定アンテナショップイベントです。

今年は,それに加えて,いろいろな手作り品もならべて
「ちいさなクリスマスマーケット」も開催します。
12時~17時。紅茶の試飲もありますので,
ぜひ,遊びにいらしてください。

ファイル 376-2.jpg

さらに,12/23(金・祝)は,
恒例の「フルートと絵本のクリスマスコンサート」。
子どもさんから参加できます。

残席少なくなってきました,
お早めにお申し込みください。

ファイル 376-3.jpg

それから,年末年始にかけて,
子どもの本の団体JBBY主催の
「世界の子どもの本展」も開催します。
12/29~1/7(12/31~1/3は休みです)

近年,各国を代表する本が,200冊ほど。
1/7には,さくまゆみこさんの講演も予定されています。

ファイル 376-4.jpg
そして,そして,
1/22(日)~は,
どいかやさんのアイヌの昔話絵本『ひまなこなべ』原画展。
会期中には,
1/29(日),アイヌ昔話の朗読ライブや,
2/4(土),どいさんのトークイベントも。

……ということで,
ハックルベリーブックスでは,
来年に向けて楽しいこといっぱい!!

ぜひ,手帳に予定を書いておいてくださいね♪

文学茶話会,開催されました!

2016.11.29 (火)

ファイル 375-1.jpg
11/27(日)14時~,8回目となる「文学茶話会」が
開催されました。
今回のテーマは,上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズ。

ファイル 375-2.jpg
かねてから,いつかはとりあげたいと思っていたシリーズですが,
ちょうど,NHKドラマの2シーズン目が来年1月に始まるということで,
今回は,店長奥山みずから,この作品の魅力について,
もう,思う存分語らせていただきました。

ホワイトボードの走り書きに,その熱気を感じていただければ((笑)。
とにかく,一巻目の『精霊の守り人』が出たときのファーストインパクト,
その後,シリーズが続いて,世界が広がっていったときのわくわく感,
完結編のネットワークのすばらしさ,
外伝も含めたバルサとタンダの関係などなど,
読めば読むほど,新しいものが見えてきます。

ファイル 375-3.jpg
トークのあとは,作品に出て来る架空のお茶「ラコルカ」を
『バルサの食卓』というレシピ本から再現。
カンバルやロタといった寒い地域で,バルサたちが飲むこのお茶は,
今回は,プーアール茶とはちみつ,牛乳で。
文学茶話会をいっしょにやってくださっている
若杉さんと鈴木さんが,みなさんに淹れてくださいまして,
ラコルカに合う揚げ菓子もうれしかったです♪

ファイル 375-4.jpg
そして,後半は,初の試み,作品の朗読のワークをしました。
最初に,「青空文庫朗読コンテスト」で優勝されたという鏡さんに,
朗読の楽しさやコツを話していただき,
『精霊の守り人』の一節を実際に読んでもらいました。
作品の場面が,たちあがってきて,
じーんときます。

それから,グループに分かれて,
シリーズから好きなところを選んで朗読し合い,
最後に各グループから代表1名に,
みんなの前で朗読していただきました。

ファイル 375-5.jpg

朗読では,作品に,読む人の人生が重なって,
幾通りもの作品の世界が広がる……。
その鏡さんの言葉通り,
それぞれの方の作品への思いも重なって,
改めて,今の時代にひびく言葉が,
たくさんあるのを実感しました。

今回の「守り人」トーク&ワークは,
ぜひ,また…とのリクエストもありますので,
来年には,どこかでもういちど,開催したいと思っています。

とにかく,ほんとうに,楽しかった~♪
参加してくださったみなさま,ありがとうございました!

ページ移動