記事一覧

「武田美穂原画展」4/5(日)まで♪

2015.03.27 (金)

ファイル 272-1.jpg

武田美穂さんの原画展がスタートして,約一週間。
キャラクタークイズもやっていますので,
子どもたちも,本や絵を見ながら,作品を楽しんでくれて,
うれしいかぎりです。

ファイル 272-2.jpg

武田さんといえば『となりのせきのますだくん』がやはり人気で,
「子どもがちいさいときに,何度もよんでいました」
「ますだくんがだいすきでした」との声も。
そのせいか,ますだくんに出てくる「みほちゃん」に似ている
なきむしトマトンもやっぱり「かわいい」と人気です。

ファイル 272-3.png
赤ちゃんは「やっぱり『ももたろう』に反応してました」とか。
「カボちゃん」シリーズとはちがった
筆書きの絵も新鮮です。

ファイル 272-4.png
また,今回さし絵をかざらせていただいている『ねんどの神さま』も,
「衝撃でした」
「知らなかったです」と,いろいろな反響があります。
約20年前に出た絵本といっしょに展示してありますので,
合わせて,読んでいただければと思います。

ファイル 272-5.jpg

じつは,今回,貴重本として,
中国語版の『となりのせきのますだくん』と,
今は品切れとなっている『ねんどの神さま』の貴重古本も,
ひそかにご用意しています。
こちらも,ぜひどうぞ。

原画展は4/5(日)まで。
最終日には,武田美穂さんもハックルベリーブックスに
来て下さいます!
(14:00~トークは要予約・15:30~サイン会はどなたでも)

新生活に向けて…贈りものにいかがですか?

2015.03.14 (土)

いよいよ,卒業・入学の季節ですね。
ハックルベリーブックスでは,
「新生活★おめでとうフェア」開催中。

ファイル 269-1.jpg

卒業や入学,その他,新しい季節をはげましてくれる
すてきな本を集めました。

ファイル 269-2.jpg

ファイル 269-3.jpg

人気の布小物や,

ファイル 269-5.jpg

おなじみの猫雑貨,

ファイル 269-4.jpg

小さな本やオリジナルの器小物など,
記念に贈りたい雑貨もいろいろあります。

本と組み合わせてもすてき。
もちろん,ラッピングもいたします。

どうぞ見にいらしてくださいね。

4/5 武田美穂さんのトークあります!!

2015.03.05 (木)

ファイル 268-1.jpg

いよいよ春休みも近づいてきて,ハックルベリーブックスの
春の企画「武田美穂原画展 ~みんなあつまれ~」も近づいてきました。
3/21(土)~4/5(日)13時~18時(無休)です。

今回の原画展では,小学生の野菜の仲間たちの生活が楽しい
「ゆうやけカボちゃん」シリーズ(高山栄子・作 理論社)が
中心となります。
元気で,楽しくて,ちょっといじわるで,ちょっと不安で…。
野菜たちの個性ゆたかなキャラクターが,
「いろんな子がいるんだなー」と思わせてくれる
新学期・新生活がはじまるこの時期にぴったりの本です。

ファイル 268-2.jpg

「とことんトマトン」もシリーズ新作で,
トマトンのきょうだいの気持ちが伝わるかわいい一冊。

ファイル 268-3.png

また,遠足にいく前の日のワクワク感が楽しい
『あしたえんそく! らんらんらん』(ポプラ社)も♪
おなじみ犬のパウも必見。

ファイル 268-4.png
さらに,昔話絵本『ももたろう』(講談社)も展示予定。
こちらは,石崎洋二さんが文を書いた言葉のリズムが楽しい絵本。
力強いももたろうはもちろん,鬼たちもあざやかです。

ファイル 268-5.png
そして,今回,私の方から「どうしても…」ということで
お願いして展示させていただくのがこちら,
那須正幹さんとのコンビで,斬新に戦争を描いた
「ねんどの神さま」の挿し絵です。
『ねんどの神さま』はもともと絵本としてもすばらしいのですが,
こちらの絵本は現在品切れ中でもあり,
新たに『那須正幹童話集』(ポプラ社)に入った
「ねんどの神さま」の絵を見ていただきたいと思います。

そしてそして,原画展の最終日4/5(日)には,
武田美穂さんご本人が,ハックルベリーブックスに来て下さり,
これらの作品について,また,絵本や物語について,
じっくりと語ってくださいます。

武田美穂さんトーク&サイン会は
4/5(日)14時~ 参加費300円(お茶・お菓子つき)です。
定員は25名。
ほんとうに近くで,じっくりお話を聞くことができる
またとない機会です。今からドキドキしています。

お申込みは,ぜひお早めにお願いいたします!!
(まだ空きがありますが…)

春休みには,ぜひ,武田美穂さんの,楽しいキャラクターたちに
会いにいらしてくださいね。

ミニ・ギャラリー 「器と本」 

2015.02.11 (水)

ファイル 265-1.jpg

2月から,店の一角に,
ミニ・ギャラリー「器と本」のコーナーをはじめました。

こちらの器は,天草の陶芸家・亀山サ苗さんの作品です。
サ苗さんとはどなたか…というと,
じつは,私の友人の妹さんで,
ハックルベリーブックスのロゴを描いてくれた方。
開店のときにも,
すてきなメッセージと器をお祝にいただいたのですが,
天草に窯があり,なかなかお会いすることができませんでした。

しかし,去年の夏,九州に旅行したときに,とうとう
サ苗さん(とだんなさんの郷さん)の窯を訪ねることができ,
いろいろとお話したり,作品を見せていただいたりしました。

ファイル 265-2.jpg
(左・サ苗さん)

サ苗さんの絵つけ作品は,青がうつくしく,
絵柄も,動物や物語の世界をモチーフにしたものも多く,
とっても心をひかれました。
それで,ハックルベリーブックスでも,ぜひご紹介したいと思い,
新作をお願いして,届くのを待ちわびておりました。

秋から冬にかけても,個展などでお忙しかったと思うのですが,
このたび,かわいい作品が,たくさん届きました。
いろいろな本とも親和性のある器ばかりです。

ファイル 265-3.jpg
今回は,サ苗さんが描いた
ハックルベリーブックスのロゴの原画も飾ってあります。
最初,少年ハックは,上着を着ていたんだーとか,
FAXなどでいろいろとやりとりしていた頃を思い出します。
また,夏に下絵を見せていただいた,
ロゴの陶板も美しく出来上がりました。
(天草旅行の記念に作ってくださっていたのです!)

そうした,品々も合わせて,
ぜひ,見にいらしてください。

ファイル 265-4.jpg

他にも,東京下町の知り合いの工房で手づくりの
温野菜,温たまごが,きれいに作れる,
便利でかわいい土鍋もご紹介。
私も愛用しています!

野菜の絵本といっしょにどうぞ。

ファイル 265-5.jpg
去年は,ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの生誕100年でしたが,
今年は,ムーミン童話が生まれて70年だそうです。
…ということで,ムーミン特集も続いてます。

記事を書きました!

2015.01.29 (木)

ファイル 262-3.jpg

先日、雑誌『子どもの本棚』2月号の
「子どもと本をむすぶ ー子どもの本の専門店からー」という特集に、
ハックルベリーブックスも記事を書かせていただきました。
「絵本・物語屋でありたい」と題しまして,
開店から4年たって思うことや,絵本と文学の本のこと,
店のイベントの紹介など…。

他には、旭川の「こども冨貴堂」さん,
佐賀の「ピピン」さん,
青山の「クレヨンハウス」さん,
四日市の「メリーゴーランド」さんと,
ほんとうに大先輩の本屋さんが,それぞれの思いや工夫を
書かれていて,なんだかドキドキしてしまいました。
「ピピン」さん以外は,私も行ったことがあり,
読んでいて,共感することばかりです。

こちらの『子どもの本棚』は,入荷していますので,
ぜひ読んでみてください。(400円)

ファイル 262-4.jpg

それともうひとつ,去年から『読売新聞』の土曜日夕刊に
ときどき漢字一字のお題で,本の紹介を書かせていただいていますが,
先日1/24にも,「福」のお題で,掲載されました。

今回紹介したのは,
『びんぼうがみじゃ』(苅田澄子・作 西村繁男・絵 教育画劇)
ファイル 262-2.png

『福の神になった少年 ―仙台四郎の物語』
(丘修三・作 村上豊・絵 佼成出版社)
ファイル 262-1.png

の2冊。
ちょうど,先日のピースカフェに来て下さった
丘修三さんの作品もとりあげさせていただき,
苅田&西村絵本も,とってもおもしろい作品で,
「福」のお題はかなり悩んだのですが,
なんとかいい選書ができたのではないかと思っています。

こちらの記事は,そのうちまた,
店長のフリーペーパー「本の虫めがね」でも,
掲載させていただきます。

どちらの本も,ハックルベリーブックスにありますので,
ぜひ読んで,今年の福を呼び込んでくださいね!

ページ移動