記事一覧

ささめやゆき絵本原画展 ぶじ終了しました!

2019.10.07 (月)

9/29(日)は,
ささめやゆきさんと,宇野和美さんのトークイベントでした。

今回は,『まめつぶこぞうパトゥフェ』を中心に,
絵本作りについて,いろいろと伺うことができました。

ファイル 516-1.jpg

宇野和美さんは,スペイン児童文学の翻訳家。
かつてバルセロナに留学していたこともあり,
今回,スペインのむかしばなし絵本を作るという依頼で,
バルセロナふくむカタルーニャ地方でしられる
パトゥフェのお話を選んだそうです。

昔話ですから,いろいろなパターンのお話があるなかで,
それらを絵本のページにわりふりして,会話を入れたりしつつ,
まず文章ができました。
              (↓宇野和美さん)

ファイル 516-2.jpg

それを受けて,ささめやさんが絵を描いていったわけですが,
ささめやさんは,文に絵をつける場合,
文章を説明するような絵にはしないと決めているそうです。
むしろ,「文章とたたかう気持ちで描いている」という言葉が,
とても印象的でした。

(↓ささめやゆきさん・女性だと思っていたひとが驚く…)
ファイル 516-3.jpg

絵は,何かに力を与えられて描くというささめやさん。
描いてみて,自分の絵に驚く,絵に教えられることがあるそうですが,
そのような,自分で制限してしまうことのない自由な精神が,
ささめやさんの,なんともゆるやかな,心がほぐれるような絵に,
つながっているような気がしました。

ファイル 516-4.jpg
宇野さんの方も,絵ができて,改めて文章を直したところもあるとのことで,
原画には,ささめやさんの直筆の文がはいっているのですが,
それができあがった本と微妙にちがうところもおもしろかったです。

そういえば,今回販売しているささめやさんの額絵や版画にも,
いろいろと印象的な文字が,絵の一部として描かれています。
「文字が好き」というささめやさん。
言葉と絵が一体となった世界を展開する絵本というメディアに,
まさにぴったりの画家さんなのだなあと,改めて感じました。

宇野さんは読み聞かせなどで,ぜひ読んでほしい,
ささめやさんは,オイルパステルのいろいろなタッチを
楽しんでほしいと,まとめられました。

終了後は,サイン会。
ほんとうにたくさんの方が参加してくださいました。

また,恒例のドアギャラリーにも,
ささめやさんの絵が加わっています。

ファイル 516-5.jpg
絵本原画展は,10/5に無事おわりましたが,
ささめやさんの本のコーナーは,もう少し続けます。
オリジナル額絵も,あと少し展示販売いたします。
サイン本も,少し残っています。

ぜひ,見にいらしてください。

「ささめやゆき絵本原画展」オープニング!!

2019.09.26 (木)

9/23は,原画展初日。
オープニングイベントとして,
今回は,「講談えほん」の作者でもある
講談師・宝井琴調さんの講談の会を開催しました。

ファイル 515-1.jpg

手づくりのミニミニ高座。
会場は30名ものお客さん。
しかも,この日は,残暑がぶりかえし,
けしてよい環境ではありませんでしたが,
琴調さんは汗をかきながらのすばらしい熱演。

ファイル 515-2.jpg

2作演じてくださいましたが,
とくに絵本にもなっている「徂徠どうふ」は,
江戸の温かい人情話。どんどんひきこまれ,
不思議と涙が出て来るほど,胸にせまる講談でした。
人と人のつながり,思いやりの深さ,ユーモア精神。
改めて,講談っていいなあと思いました。

ファイル 515-3.jpg
夕方からは,琴調さんやファンのみなさんはもちろん,
ささめやゆきさん,
それから「パトゥフェ」の宇野和美さん,
他に,柏の版画家,大野隆司さんはじめ,地元のアーティストのみなさん,
柏にお住まいの歌人,坂井修一さん,米川千嘉子さん,
児童文学作家,木村研さん,絵本作家,川浦良枝さんなどなど,
たくさんの方が集まってくださっての
オープニングパーティー。

ファイル 515-4.jpg
おいしいもちよりのお料理や飲み物を楽しみつつ,
夜がふけていきました。
まさに,文化人のサロンのようでした。
ファイル 515-5.jpg

たいへん賑やかな原画展スタートとなりまして,
ありがとうございました。

原画展は,10/5まで続きます。
ぜひ,見にいらしてください。

9/29(日)は,
ささめやゆきさん,宇野和美さんのトーク&サイン会もあります。

ささめやゆき絵本原画展、はじまりました!

2019.09.23 (月)

ファイル 514-1.jpg
9/23(月)~10/5(土) 1時~6時
「ささめやゆき絵本原画展」開催中です!!

今回は,まず,宝井琴調さんとの「講談えほん」3冊の原画。
江戸の人情あふれるお話に,ささめやさんのゆるーい絵が,
なんとも合っています!

ファイル 514-2.jpg
また,同じ語りものですが,スペイン・カタルーニャのむかしばなし
『まめつぶこぞうパトゥフェ』の原画もたくさん展示しました。
こちらも,宇野和美さんの文に,ささめやさんの異国情緒あふれる
それでいて,親しみを感じる絵がぴったり。

ファイル 514-3.jpg
絵の中には,ささめやさんの好きな猫をはじめ,
犬やねずみなど,小動物があちこちに描かれていて,
それを見つけるのも楽しい。
ということで,「絵さがしぬりえ」もつくっちゃいました。

ファイル 514-4.jpg
また,原画展ならではのお楽しみとして,
ささめやさんの画家さんとしての額絵や版画作品も,
特別展示販売しています。

なかなか見られないものでもありますし,
この機会にぜひ,どうぞ。

ファイル 514-5.jpg
1階では,ささめやゆき作品コーナーも。
約2週間,すてきな原画や作品を,どうぞおみのがしなく!!

初日の講談の会&オープニングパーティーも大盛況でした。
https://www.facebook.com/megumi.okuyama.9

9月になりました!

2019.09.03 (火)

ファイル 511-1.jpg

9月になりました。
ハックルベリーブックスでは,9月恒例の原画展,
今年は,「ささめやゆき絵本原画展」を
9/23~10/5の日程で開催します!

ふしぎなセンスを感じるささめやさんの絵,
前から,大好きでしたが,
今回は,スペインカタルーニャのむかしばなし
『まめつぶこぞうパトゥフェ』(宇野和美・文 BL出版)と
「講談えほん」3冊シリーズ(宝井琴調・文 福音館書店)の
原画を展示します。

東西語りものの絵をお楽しみください。

ファイル 511-2.jpg
会期中は,宝井琴調さんによる講談の生語り,
ささめやさん・宇野和美さんのトークなど,
イベントもあります。
(残席わずか)

ファイル 511-3.jpg
また,店では,ささめやゆきフェアも展開中。
展示する絵本はもちろん,他にも,
ささめやさんの多彩な絵本やさしえの世界をそろえました。

かわいいオリジナル手ぬぐいや,
オリジナル冊子『鎌倉えほん作家通信』,
そして,特別販売の額入り版画
「何も襲わない狩人」(ふくろう)24000円
「ボクサー」(30000円)
「ライオン座の姉妹」(30000円)
も素敵です!

ファイル 511-4.jpg
他にも,
「ちょっぴりへんな主人公たち」の本や,
赤ちゃん絵本,秋らしい絵本など,いろいろ。

ときどき8時までのナイト営業もいたしますので,
秋の夜長に向けて,ゆっくり本を見にいらしてください。

アラビアンナイトも開催♪

2019.08.27 (火)

ファイル 510-1.jpg

8/25 写真展の最終日の夜は,アラビアンナイト。
トルコなど西アジアを舞台にした児童文学を書かれている
新藤悦子さんがトークゲストのこのアラビアンナイトは,
2年前にも開催して好評でしたので,一年ぶりに復活。
17名ものみなさんが,集まってくださいました。

今回,新藤さんからは,「アラジンのひみつ」というテーマで
お話いただきました。

アラジンといえば,今ちょうどディズニーでも映画をやっていますが,
『アラビアンナイト』という本の歴史から見た,
「アラジン」の物語の位置づけ。

じつは,「アラジン」の舞台は中国であること,
魔法使いはアフリカ出身であること。

さらに,空を飛ぶ魔神のジンとはどういう存在か,
そして,アラビアンナイトの姫たちのあり方などなど,
いろいろなお話をしてくださいました。

『アラビアンナイト』という物語世界の想像以上の広さ,ユニークさが,
新鮮な驚きとともに,心に残りました。

ファイル 510-2.jpg
トークのあとは,おまちかねトルコ料理のディナータイム。
前回も好評だったケバブサンドに,
デーツ&チーズ,トルコのお菓子,とれたてのイチジクなど,
ふだんなかなか口にできないメニューに舌鼓。

ファイル 510-3.jpg
アラビアの音楽を聴きながら,
楽しそうにかぶりつくみなさん♪

ファイル 510-4.jpg
そして,最後は,トルココーヒーで,占いを。
ゆっくりゆっくりあたためたコーヒーを,
これまたゆっくり飲みほして,
残った粉のもようを新藤さんが読み解いてくださいます。

同じように飲んでも,残る粉のもようは,
ほんとうにひとりひとりちがっていて,
さすが,物語作者の新藤さんの読み解きも,
説得力があり,あっという間に,夜が更けていきました。

ファイル 510-5.jpg
『アラビアンナイト』の物語は,まだまだ奥が深く,
新藤さんも,まだまだ語りたいことがあるそうです。

「アラビアンナイト」も,ハックルベリーブックスの
夏の恒例になりそうです。

来年また,おたのしみに♪

ページ移動