Calendar

<< 2019/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

金児道代さん『虫が好き』トークイベント

2019.08.26 (月)

ファイル 509-1.jpg

写真展開催に際しまして,
8/24 カメラマンの金児道代さんと,
『虫が好き』という写真集を編集出版された芸術新舎の中田聡一郎さんの
トークイベントが開催されました。

司会は「本まっち柏」スタッフ仲間でもある藤田優里子さん。

ファイル 509-2.jpg
金児さんと中田さんは,同じ写真の師に学んだカメラマン仲間。
柏で開催されていた「こんぶくろ池展」での金児さんの写真に
出版社をたちあげていた中田さんがほれ込んで,
今回の写真集が作られたとか。

金児さんからは,虫がふつうに入りこんでくる木造住宅での暮し,
庭や身近な場所での虫の見つけ方,感じ方,
どんな姿勢で虫とつきあい,写真をとられているかなど,
興味深いお話がいろいろと。

ファイル 509-3.jpg
また,中田さんからは,
たくさんの虫の写真の中から,どのように作品を選んだのか,
写真集をつくるときの,印刷や紙へのこだわり,
印刷所で作家が立ちあうことの大切さなどなど,
「本」というものの魅力について,
これまた,深いお話を聞くことができました。

会場からもいろいろな質問が出て,
あらためて,『虫が好き』という写真集のおもしろさが見えてくる
トークイベントでした。

「虫というちいさなものたちが,豊かに生きられる世界は,
人間にとっても豊かな世界のはず」
という金児さんの言葉。
その一方で,虫の数が激減しているという世界の現実。

会場にひびくすずむしの鳴き声を聞きながら,
人間である私たちはどうあるべきなのか,
考えさせられる一日でした。

たくさんのご参加ありがとうございました。

金児道代「虫が好き」写真展は,終了しました。

ファイル 509-4.jpg

店では,9/23~「ささめやゆき絵本原画展」に向けて,
ささめやさんコーナーも。
オリジナル額絵の特別展示販売(24000円~30000円)も!

ピースナイト&ミシシッピーナイト

2019.08.24 (土)

ファイル 508-1.jpg
8/22-23の夜は,「文学のゆうべ」。
「ピースナイト」と「ミシシッピーナイト」を
開催させていただきました。

どちらも,店長奥山が,毎年しつこく続けているトーク。

ファイル 508-2.jpg
「ピースナイト」は,
戦争をあつかった絵本や児童文学の流れをたどりながら,
とくに,『かわいそうなぞう』というベストセラー作品の
いろいろな「おかしさ」をきちんと確かめ,
それに対して,子どもに戦争を伝えるさまざまな工夫のある
作品をご紹介する…というもの。

『かわいそうなぞう』に感動してるうちに,
いろいろと大切なことを考える視点を失ってしまうことは,
ほんとうにこわいことだと思うからです。

今回も,8名もの方が参加してくださいまして,
改めて「子どもの本」を通して戦争を考えることができること,
また,戦争や政治の話を避けずに,まずは語り合う場の大切さ,
大人としての役割,教育の役割など,
いろいろな意見も交換することができました。

ファイル 508-3.jpg
一方「ミシシッピーナイト」は,
店長奥山がミシシッピー川へ行ったときの写真をお見せしつつ,
『ハックルベリー・フィンの冒険』の魅力について語るというもので,
これまた,毎年の恒例となり,リピーターで参加してくださる方もいます。

今回も,4名の方が参加してくださいまして,
とりあえず,ピザ&ビールで乾杯!
テンションも高くなったところで,
「浮浪児」「野生児」といわれるハックの,
じつは複雑でなかなか素敵な少年の姿を,
いつもながら楽しく語らせていただきました。

とりわけこの作品の最大のテーマ,
ハックはなぜ奴隷制を飛び越えることが出来たのか…?
そこに,「川」の旅はどんな関係があるのか…?
などなど,参加者のみなさんからも,いろいろな意見が出て,
あっという間に,夜も更けていきました。

毎回,話が深まっていく
「ピースナイト」「ミシシッピーナイト」は,
これからも続けていきたいと思います。

また,3名以上集まっていただければ,
いつでも,ハックルベリーブックスで開催しますので,
(おひとり500円・お茶つき)
ぜひ,お誘い合わせのうえ,お問い合わせください。

金児道代写真展 『虫が好き』より

2019.08.22 (木)

ファイル 507-1.jpg

8/22(木)~25(日)は,
柏在住のカメラマン金児道代さんの写真集『虫が好き』(芸術新舎)の
出版を記念して,写真展を開催。

ファイル 507-2.jpg
迫力のある,しかも美しい虫たちの写真,
ぜひ,ご覧ください。

ファイル 507-3.jpg
それぞれのキャプションにも,虫についての金児さんの
思いがつづられています。

ファイル 507-4.jpg
会場では,イメージDVDの映像も。

また,めずらしい本物の虫関連展示もあります。

会期中は,金児さんも在廊予定です。
何でも聞いてみてください。

ファイル 507-5.jpg
また,写真集を記念して,
美しい「たまむし」刺繍の入ったオリジナルTシャツなども作ったそうです。

24日(土)の3時~
金児さんと,この写真集を出版したこだわり編集者さんの
トークイベントもあります。
まだ,お席ありますので,ぜひ,ご参加ください。

「虫が好き」写真展&文学のゆうべ 受付中♪

2019.08.13 (火)

ファイル 506-1.jpg

いよいよ,8/22(木)~8/25(日)
金児道代「虫が好き」写真展が開催されます!
会期中は,カメラマンの金児さんも在廊予定。
いろいろとおもしろいお話も聞けると思います。

また,8/24(土)15時~金児さんと
この写真集を作ったこだわり編集者さんの
トーク&サイン会があります。

このユニークな写真集,作成秘話などなど。
まだ参加可能ですので,お申し込み,お待ちしています!

あわせて,会期中の夜には,
「文学のゆうべ」も開催。

8/22(木)「ピースナイト」
8/23(金)「ミシシッピーナイト」

この2つは,店長奥山が,毎年恒例で開催しているトーク。
それぞれに,一人でも多くの方に聞いていただきたい内容なのです。
少人数でも開催しますが,今年は,まだまだお席ありますので,
ぜひ,ご参加ください♪

8/25(日)「アラビアンナイト」は,
児童文学作家の新藤悦子さんをトークゲストに。
こちらも2年ぶりの開催ですが,あと数名はご参加可能です。

ファイル 506-2.jpg
店では,9月に原画展開催予定の
ささめやゆきさんの特集も始まっています。

ファイル 506-3.jpg

8/31までは,「夏読むフェア」で,
本をお買い上げにつき,ポストカードもプレゼントしています。

ファイル 506-4.jpg
夏休み後半,ぜひ,ハックルベリーブックスへ!!

7/15 文学茶話会「庭と文学」②

2019.07.29 (月)

ファイル 505-1.jpg

少し時間がたってしまいましたが,
7/15は「文学茶話会 ~庭と文学~」の2回目が開催されました。

今回は,前半にまず,
「庭」をテーマにした200字程度のミニエッセイを描き,
自己紹介もかねて,ひとりひとり読みあげるという,
なかなか挑戦的なワークからスタート。
ちょっとハードなワークかなと思いきや,
司会の若杉さんの「庭」にまつわるいろいろな言葉のヒントに
リードされつつ,みなさん,ひさしぶりに原稿用紙に向かい,
かりかりと鉛筆を走らせ,それぞれに見事なミニエッセイが!

「庭」を心の象徴ととらえる方,植物たちの自己主張の場ととらえる方,
「食べもの」を得る暮しの場ととらえる方,ひみつや香りとむすびつける方,
「庭」の名前にこだわる方…と,
「庭」にまつわるいろいろな視点が出されて,
たいへん興味深いワークとなりました。

ファイル 505-2.jpg
この日のおやつは,こちら。
「ハーブ」&「たのしいもの好き」だったターシャにちなんだセレクトです。
ターシャ銘柄のアイスティーとともにいただきました。

ファイル 505-3.jpg
そして,後半は,アメリカ文学を専門とする
若杉さんの「ターシャ・テューダー」についてのトーク。
長野県の「ターシャ・テューダー ミュージアム」へも足を運び,
原書でいろいろな絵本も読まれている若杉さんからは,
ターシャという絵本作家&ガーデナーの経歴,
同時代の文学者・編集者とのかかわり,
そして,いろいろな言葉をひきながら,
その生き方にせまってくださいました。

ファイル 505-4.jpg
本もいろいろと紹介。

ファイル 505-5.jpg
また,ターシャの絵本の「飾り罫」の美しさについても質問が出たりして,絵を描くことと,庭づくりとの関連なども,
想像させられました。

あとから,若杉さんがみつけたターシャの言葉に,こういうものがあるそうです。
「わたしは想像の世界で暮らしています。
もしかしたら、臆病なので、
頭を隠して世の中の現実を見ないようにしているのかもしれないわね。
でも、それも楽しい生きかたですよ。」

リアルな植物や動物と接しながら,
庭や絵本という別世界を作りだしたターシャの一面が感じられる言葉だと思います。

2回にわたる「庭と文学」のテーマ。
とくに結論がでたわけではありませんが,
何か,自愛の気持ちをかきたてられるような茶話会でした。

参加者のみなさん,ありがとうございました。

ページ移動