Calendar

<< 2022/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

オープニング トークイベント 蓮岡修さん

2021.02.23 (火)

ファイル 579-1.jpg
(奥・ひろかわさえこさん 右・蓮岡さん)

写真展初日,2/21(日)14:00~
子どもの本・九条の会主催の
「オンライン学習会」が開催されました。
講師は,中村医師といっしょにアフガニスタンの井戸事業に携わり、
僧侶でもあり,
現在は京都の絵本専門店「きんだあらんど」店長の蓮岡修さん。
「絵本でひろがるいのちのありかた」と題して,
身近で見た中村医師の姿から学んだいろいろなことを
話してくださいました。

ファイル 579-2.jpg

19歳でカメラマンをめざしてアフガニスタンの内乱の地で
中村医師に突撃取材をした出会いのこと,
その後,検査医師として手伝いながら,
アフガンの干ばつによる赤ちゃんの大量死に直面したこと,
そして,井戸を掘る,涸れた井戸を再生するという事業にのりだしたこと…。
その中村医師の強い思いは,
おそらく赤ちゃんの死で嘆き悲しむお父さんたちの姿を見るのが,
自分のこととして耐えられなかったのではないか,
という言葉が印象的でした。
会場の写真に囲まれながら,しばし言葉につまることも…。

現地の方から時には心ない態度をとられることがあっても,
中村医師は,そんなことには無頓着。
「いい人だから」援助するのではなく,「必要だから」援助する…
という姿勢が貫かれていたとも話されました。

また,コンクリで近代的に固めるような技術ではなく,
その土地に合った試行錯誤で作られた技術こそ「最先端だ」と
とらえられていたこと,
何より,自然とその場所の生活をこわさない技術で援助をするというお話も,
まさに,これからの世界のあり方を言い当てているように思いました。

中村医師はきびしい人ではあったが,
それは,人のいのちを助けるという「医者の信念」と
憲法九条を支えてきた「日本人の信念」のふたつに
ひたすら忠実に生きたからではないかとも話されました。
憲法九条は,
「第二次世界大戦で死んだたくさんの人びとの墓標だ」
という言葉も改めて胸に迫りました。

今回,中村医師の書かれた本もたくさん用意してありますが,
じつは,どの本にも,とても哲学的で,深い思考,
それでいて,謙虚で,わかりやすい言葉が,溢れています。
蓮岡さんは,「中村医師は,いつも文学に触れていた」とも語り,
その後,自身も,絵本を親子で共有できる場こそ平和そのものだ,
という信念から,絵本屋をやっているとのこと。

蓮岡さんが「平和」を感じる絵本として
『こすずめのぼうけん』
『ぐるんぱのようちえん』
『わたしとあそんで』(エッツ)
『世界人権宣言の絵本 みんなたいせつ』
そしてアフガニスタンで出会った
『せかいいちうつくしいぼくの村』(小林豊)
などをあげられました。
写真展のオープニングにふさわしい充実したお話でした。

ファイル 579-4.jpg

店では,
中村医師の本や,蓮岡さんおすすめの絵本もそろえてあります。
また,フェアトレードショップ「アーシアン柏」さんより,
アフガニスタンの手刺繍のポーチやバッグ,ぬいぐるみなども
入荷しています。
こうした雑貨を使う事も,支援のひとつとなります。
ぜひ,どうぞ。

ファイル 579-5.jpg

写真展第一期,2/27(土)まで。

中村医師・緑の大地写真展 第Ⅰ期スタート!

2021.02.21 (日)

ファイル 578-1.jpg

いよいよ「中村医師・緑の大地計画」写真展がスタートします。
第Ⅰ期は,21日~27日まで,毎日1時~6時。
無休で開催します。

ファイル 578-2.jpg
中村医師の長い活動の写真パネルは50枚近く。
階段のところから展示しました。

ファイル 578-3.jpg
「朝日れすか」でも,詳細な記事を掲載してくださいました。

ファイル 578-4.jpg
今回は,2020年,ごく最近の状況の写真もあります。
どうぞお見逃しなく!

写真展のおしらせ

2021.02.06 (土)

ファイル 577-1.jpg

ハックルベリーブックスでは,
2月と3月の2回、
アフガニスタンで活動を続けた
中村医師の写真展を開催します。

中村医師は、ペシャワール会の一員として,
長くアフガニスタンの支援活動を続け、
おととしの冬、悔しくも銃撃のため亡くなられました。

しかし,その活動は,
今も継承され,続けられています。

今回は,ペシャワール会より写真パネルをお借りして,
2期に分けて展示します。

ファイル 577-2.jpg

イベントもオンラインですが,開催します。

まずは,2/21(日)のオープニングの日,
14:00~16:00
「子どもの本・九条の会」主催で,
蓮岡修さんの講演会を開催します。

現在京都市左京区で、
子どもの本専門店「きんだあらんど」を営まれる蓮岡修さんは、
20代の頃取材で訪れたアフガニスタンで医師の中村哲氏と出会いました。
そして、井戸を掘り始めた中村氏を4年間に渡り
現地ワーカーの責任者として支えました。
(「医者、井戸を掘る」中村哲・著 では現地活動報告を書かれています。)
蓮岡さんに、ハックルベリーブックスの会場から,
アフガニスタンのこと、中村哲氏のこと、
子どもの本がつくる平和についてなど、
お話を聴かせていただきます。

お申し込みは,「子どもの本・九条の会」まで,
直接お願いします。

kodomonohon9jou@gmail.com

※なお,このイベント中は,会場には入れませんので,
ご了承ください。

3月には,「中村医師のおっかけ」でいろいろな講演会に足を運んだという
児童文学作家の濱野京子さんと,ギャラリートークも予定しています。

本もいろいろご用意します。
読書会などもできたらいいなと思っています。

世界を覆うコロナ禍の中ですが,内向きにならず,
世の中を広く見つめ,考えるきっかけとなればと思っています。

ファイル 577-3.jpg

また,春には,「本と花の日」などもあります。
それに向けて,協力してくださる方も募集しています。

本が好き,花が好きの方,
興味ありましたら,お気軽に声をかけてくださいね。

2月になりました!

2021.02.01 (月)

ファイル 576-1.jpg

2月になりました。
店では,「葉っぱのてがみ」原画展が継続中。

ファイル 576-2.jpg

土日の水彩色鉛筆でのぬりえやお絵描きイベントは,
4名ずつの少人数でしたが,
一日2回,ほぼ満席となりました。
ふだんから地元で水彩色鉛筆画を教えている山口さんならではの,
ていねいで,やさしい指導のもと,
子どもさんから,大人の方まで,楽しく参加してくださいました。

山口さんの高校時代のご友人が20年ぶりに訪ねてくれたり,
リピーターの子どもさんもいて,
温かい雰囲気のイベントになりました。

ファイル 576-3.jpg
会期中は,山口さんが在廊してくださっていることも多く,
たくさんの方が,絵本にすてきなサインを入れてもらっていました。
ハックルベリーブックスの絵本にも,
こんなにすてきなコノハズクのサインが!
もはや,サインの域を超えてます。

2/5まで。
どうぞお見逃しなく。

ファイル 576-4.jpg

2月といえば,バレンタインもありますね。
ハックルベリーブックスでは,
フェアトレード(公正な取引)のチョコレートをご用意しました。

豆本やミニ本,かわいい雑貨などと組み合わせて,
他にはないプレゼントはいかがでしょうか。

ラッピングもいたします。

緊急事態宣言の中ですが,消毒,換気に気をつけて,
営業していきます。

絵本『はっぱのてがみ』原画展、スタート!

2021.01.25 (月)

コロナもなかなか収束せず,緊急事態宣言が出てしまっている中ですが,
絵本『はっぱのてがみ』原画展、スタートしました。

ファイル 575-1.jpg

秋~冬を描いた前作『おちばのプール』の原画も階段に飾り、
会場に入ると、今回の『はっぱのてがみ』の原画がいっぱい。
こちらは、冬~春の山とどうぶつたちの物語です。

ファイル 575-2.jpg
初日の24日は,オープニングイベント。
編集を手がけた堀切さんの絵本よみきかせ、
画家の山口まさよしさんへのインタビュー。

ファイル 575-3.jpg
それから、絵本にでてくる「タラヨウ」のはっぱに、
ほんとうに手紙を書いてみました。

昔は、忍者も連絡につかったという葉っぱ。
書くとずっと消えないまさに葉っぱの手紙。
みなさん、じょうずに書けました!

今回は、少人数でやりましたが、
子どもさんも参加してくださって、
ひさしぶりのリアルイベント、やっぱり楽しかったです。

ファイル 575-4.jpg
山口まさよしさんは、おひとりおひとりに、
丁寧にどうぶつたちの絵を描いたすてきなサインを入れてくれました。

ファイル 575-5.jpg

原画展は、2/5(金)まで。
定休日水曜をのぞいて、毎日やっています。

温かい絵で、春を待ちたいですね。

ページ移動