Calendar

<< 2019/8  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

かこさとしさんの本,黒川みつひろさんの本

2018.06.05 (火)

ファイル 448-1.jpg

6/4(月)のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」は,
絵本作家のかこさとしさん。
取材後の今年4月に92歳で亡くなったかこさんは,
最後の最後まで絵本を作り続けいて、すごかったです。
子どもを「子どもさん」と語る、その言葉に
子どもたちへの尊重と責任を感じ、感動しました。

ハックルベリーブックスでも,
かこさんの本は,いつも並べてます。
個人的には,千葉の小湊鉄道を描いた
『出発進行! 里山トロッコ列車』(偕成社)は,
地元千葉の本としてもおすすめです♪

ファイル 448-2.jpg
そして,夏に向けてスタートしたのが,
黒川みつひろさんの恐竜絵本フェア。

なんと,8/25(日)には,
作者の黒川さんがハックルベリーブックスにて,
またまた,恐竜おはなし会をひらいてくださいます!!

まずは,地元の子どもさんに集まってほしい。
受付開始してますので,ぜひどうぞ!

ファイル 448-3.jpg

黒川みつひろさんも,かこさとしさん同様,
「子どもさん」大好きな、すてきな作家さんです!

6月になりました

2018.06.02 (土)

ファイル 447-1.jpg
6月になりました。
ハックルベリーブックスの店先は,
この時期いつも,紫陽花の花盛りです。
ファイル 447-2.jpg
この花を見ると,しっとりも雨もいいなあと感じます。
晴耕雨読という言葉もあるくらいですので,
雨の日は,ぜひ,本を探しにいらしてください。

ファイル 447-3.jpg
このところ,柏ゆかりの方の出版も続いています。
ハックルベリーブックスでもご紹介していますし,
ご注文も承りますので,ぜひ,ご連絡ください。

ファイル 447-4.jpg
夏に向けて,藍染Tシャツや,涼しげなとんぼだまアクセサリーも,
ハックルベリーブックスオリジナルで並べています。
とんぼだまは,店長奥山が作っています。
まだまだへたですが,「それも味」…と言っていただいたり。
とんぼだまは,魔よけや持ち主の魅力を高める,
成果を実らせる,素直な気持ちを取りもどすなどの,
パワーストーンでもあります。

ファイル 447-5.jpg
そして,そろそろ夏の計画も具体化してくる時期。
ハックルベリーブックスでも,
夏の恒例「文学のゆうべ」のスケジュールが決まりました。

しつこく,店長の児童文学講座や,
「女性」や「わらべうた」をテーマにした
ゲストトークもあります。

夏の夜の計画に,ぜひ入れて見てください。

お申込みは04-7100-8946
または,megumiokuyama18@hotmail.com
まで。
ご参加お待ちしています。

スクリーンペーパー版画&切り絵・モビールの2人展 スタート!

2018.05.19 (土)

ファイル 446-1.jpg
本日5/19(土)~26(土) ※水曜定休
スクリーンペーパー版画とモビールの2人展「HANA」がスタート!

ファイル 446-2.jpg
スクリーンペーパー版画のKACHIさんの情熱的な作品。

ファイル 446-3.jpg
切り絵・モビールのTOKEさんの繊細な作品。

ファイル 446-4.jpg
お2人ともそれぞれに個性的で,色合いもセンスを感じます。
会期中は,なるべくどちらかが在廊してくださる予定。

版画やモビール作品はもちろん,
かわいいカードやぽち袋など,雑貨も販売しています。

すてきな展示に使っていただき,とってもうれしいです。
ぜひ,見にいらしてください。

文学茶話会 鳥の本をたのしむ

2018.05.15 (火)

5/13(日)のハックルベリーブックスの文学茶話会。
今回のテーマは「鳥の本をたのしむ」です。

まずは,参加者みなさんから,おすすめの鳥の本を持ち寄り,
ブックトーク。
ファイル 445-1.jpg

今回,みなさんが持ち寄った鳥の本です。

ファイル 445-2.jpg
お茶を飲みながらの茶話会。今回のおやつは,
鳥の気持ちになって,穀類クッキーや,フルーツケーキなど,
いろいろな実をついばみつつ…。

ファイル 445-3.jpg
そして,後半は,柏の鳥はかせ・柴田佳秀さんが,
トークゲスト。
テレビの科学番組制作の仕事から,
科学ジャーナリストとして,鳥の本を書くようになった経緯,
鳥の魅力を伝える書き方など,いろいろお話を伺いました。

専門家として正しい情報を伝えるのはもちろんですが,
それを,わかりやすく,かつ楽しく伝える工夫。
最新作の『カラスのジョーシキってなんだ?』(子どもの未来社)も,
カラスが語るというユニークな科学本です。
ファイル 445-4.jpg

また,持ち寄った本についても,
カラスって,なぜかくちばしが黄色く描かれるとか,
白鳥は,大男の肩には留まれないとか,
「ここがへんだよ鳥の本」という話もおもしろく,
動物や植物に対して,いかに人間が思いこみで見ているか…
あらためて考えさせられました。

くしくも,この日は,ハックルベリーブックスの
ふくろうのフ―ちゃんの8歳の誕生日。
ファイル 445-5.jpg

最後は,フ―ちゃんとの記念撮影。
そして,この一年で抜けた風切り羽根をお土産にお持ち帰りいただきました。

文学茶話会,鳥の本シリーズは,
6/24に2回目も開催します。
この日のトークゲストは,「宮澤賢治と鳥」という本を書いている
国松俊英さん。
まだ少しお席ありますので,ぜひどうぞ。

鳥の本の5月です♪

2018.05.03 (木)

ファイル 444-1.jpg

ハックルベリーブックスの5月、
「鳥の本」コーナーがますます充実してます。

ファイル 444-2.jpg
5/10~16は,愛鳥週間。
その真んなかの5/13はふくろうのフ―ちゃんの誕生日。
そして,その日は,「鳥の本」をテーマに
「文学茶話会」も開催します。
今回のゲストは,柏の鳥はかせ柴田佳秀さん。
その柴田さんの本をはじめ,魅力的な鳥の本を集めました。

店長奥山が昨年出版した歌集『窓辺のふくろう』も,
このたび日本歌人クラブの南関東ブロック優良歌集賞をいただきました。
「窓辺のふくろう」とは,もちろんフ―ちゃんのこと。
これも,「鳥の本」の一冊として,手にとっていただければ
うれしいです。
表紙には,北見葉胡さんによる,かわいいフ―ちゃんも。

ファイル 444-3.jpg
他にも,「鳥の本」コーナーには、
5/19日からハックルベリーブックス2階ギャラリーで,
2人展がはじまるKACHIさんとTOKEさんの版画やモビール,

ファイル 444-4.jpg
本まっち柏の常連さんでもある海津研さんの鳥の絵もなども
展示販売させていただいてます。

まずは,5/13の「文学茶話会」。
まだご参加可能ですので,ぜひどうぞ。

ファイル 444-5.jpg

「文学茶話会」参加者限定,
年に一度の,フ―ちゃんとのふれあいの時間も予定しています♪
8歳になったフ―ちゃんにも会いにきてください。

ページ移動