Calendar

<< 2017/3  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

熊本地震への支援金

2016.04.21 (木)

ファイル 342-1.jpg

先日発生した,熊本地方の地震で被災されているみなさまに,
心よりお見舞い申し上げます。

いまだ収まらない余震のニュースに,心が痛みます。
先日,用事があって郵便局に行きましたら,
次々といろいろな方が訪れて,
「熊本へ…」と義援金を送る手続きをされていました。

ハックルベリーブックスでは,今回は,
義援金ではなく,支援金というかたちで,
ピンポイントで支援を送りたいと考えています。

送り先は,水俣。
熊本県で,熊本市や阿蘇よりは少し南の地域です。
水俣といえば,公害による「水俣病」で,
苦しめられた地域としてよく知られていますが,
私は,2年前に,この水俣を訪れまして,
いちど壊されてしまった地域が,「もやい直し」として,
地域の再生にとりくんできた歴史を知りました。
そのときには,柏の書店の者が行くということで,
図書館の若い職員さんや,「読書のまちづくり」活動をしている方に,
一日,ほんとうに丁寧に,水俣を案内してもらったのです。

そのとき,案内してくださった「読書のまちづくり」の小里さんは,
その後,視察の途中で柏にも来てくださって文学茶話会に参加してくれたり,
「本まっち柏」を参考に,古本市を企画していたりと,
何かとつながりができました。

なので,今回の地震に際しては,まず,この水俣を思い出しました。
すぐに,小里さんに問い合わせましたら,
とりあえず,水俣は大丈夫だが,
「もし、よろしければ、
モノが必要な場合にはモノを届けたり、
お茶やお菓子でほっこりしながらお話できる空間づくりや、
自然を感じるネイチャーゲームで心を癒したりという活動に、
支援金という形で応援をいただけないでしょうか。

私の所属する熊本県シェアリングネイチャー協会のネットワークを使って、
活動を行っていきます。

熊本県シェアリングネイチャー協会は、
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会の都道府県組織です。
http://www.naturegame.or.jp/

県協会で動いているのですが、
熊本市の組織が動けない状況のため、
水俣の地域の会(小里が運営委員長です)が窓口になっています。」
とのお返事が来ました。

ということで,ハックルベリーブックスでは,
こちらへの「支援金」を送りたいと考えています。
必ずや,支援活動に生かしてくださると思えるからです。

すでに,いろいろな義援金や支援金をされている方もいらっしゃることと思いますが,
もし,どこに支援したらいいのか迷っている…,
あるいは,ゆかりのある所にも支援したい…,
本や文化の面でも活用してほしい…,
という方がいらっゃいましたら,
ハックルベリーブックスにも箱を用意しますので,
ペットボトル一本分でも結構ですので,
どうぞよろしくお願いいたします。

店長奥山に直接託してくださっても結構です。
ご協力お願いいたします。

平和についても考えたい!

2016.04.11 (月)

ファイル 341-1.jpg

今年の夏は,また,選挙があります。
日本の国にとっても,若い方にとっても,
大事な選挙だと思います。

でも,大事だとは感じでも,
何をどのように考えたらいいのか,
どのように自分の一票を決めたらいいのか,
なんだか,よくわからなくて,
結局,政治のことは政治家の人がちゃんとやってくれればいい…。

政治のことをごちゃごちゃ言うのは,
考え方が偏っている一部の人たちなんじゃない…?
なんて思ったりもします。

でも,過去の戦争でも,公害問題でも,基地問題でも,
なんとなく世間のムードにのっているうちに,
引き返せないところに来ていた…ということはたくさんありました。

政治のことを考えるというのは,
自分の生活の基盤を考えるということでもあり,
けしてつまらないことではないはず。
また,本でも,音楽でも,ファッションでも,
自由な楽しみの背景には,平和な社会がなければなりません。

ハックルベリーブックスも,
その意味では,常に,平和な世界を考えていきたいと
思っています。
その意味で,夏の選挙に向けて,
「平和をおもう緊急企画」をいろいろ考えています。

そのひとつとして,ワークショップ
「演じてみよう! ピースリーディング」を
5/5(日)または5/15(日)に,開催します!

これは,全国同時多発ピースリーディング
(主催・非戦を選ぶ演劇人の会)の一環として,
平和をテーマとした台本を読み合うワークショップです。

みんなでわいわい読み合い,演じ合い,
語り合いながら,平和について,社会について,考えませんか?

・実施台本タイトル「9条が好きと言えなくなって」
(20分 2014年初演 篠原久美子ほか・作)
・参加費500円(台本資料・お茶つき)
・定員15名

若い方,政治のことを考えるきっかけがつかめない方など,
ぜひ,お気軽にご参加ください。

ファイル 341-2.png
他にも,平和を考える本は,
子どもから読めるかたちで,いろいろ出版されています。

ファイル 341-3.jpg
ハックルベリーブックスにもありますので,
ぜひ,手にとってみてください。

ファイル 341-4.jpg

私自身も,明確な答えがあるわけでも,
簡単に,一言で,答えを言えるわけでもありません,
でも,過去の歴史や,物語や,いろいろな人の話を聞いて,
大事なのは,「考え続けること」だと思っています。
「思考停止」や「無関心」が,じつはいちばん怖いことです。

こうした企画や本が,
考えるためのちいさなきっかけになることを願っています。

恒例の決算報告、そしてこれから…

2016.04.06 (水)

ファイル 340-2.jpg

「あんびるやすこ原画展」もぶじ終了しまして,
トーク&サイン会やレターフレグランスのワークにも,
たくさんの方が来て下さいました。
ほんとうにありがとうございました!

(「レターフレグランスを作ろう」は,最終日も定員以上の方に,
参加していただき,好評でしたので,5/1(日)2時~,
追加で開催いたします。今回,参加できなかった方は,
ぜひどうぞ。04-7100-8946まで)

*******

さて,学校や職場などでも,2016年度が始まり,
ハックルベリーブックスも,3月の確定申告も終わりまして,
4月はやはり,再出発の気分です。

恒例の決算報告ですが,
2015年は,いろいろなイベントも順調に開催でき,
本のご注文やブックプレゼントなども増えてきて,
よかったのではないか…と期待していたのですが,
12月で締めた時点では,結局また,赤字決算でした。

「一年間の売りあげ」-「仕入額」-「在庫額」-「費用」

が,一年間の利益になるわけですが,
それが,今年も約「-30万」でした。
昨年は,この赤字が「-20万」くらいで,
少し減っていたのですが…。
ただし,この赤字額には,店の建物の減価償却費というのが,
約80万ほど「費用」に加算されているので,
現実には赤字分の金額を持ちだしているわけではありません。
とはいえ,このままでは,
建物のローン(まだ少しあります)が終わった頃には,
建物の老朽化などを直す費用も残らないという感じです。

私自身は,店の他に,大学の講師などと兼業で,
生活をしていますので,なんとかなっていますが,
やはり,「本屋」という仕事が成り立っていない状態は,
まだまだ続いているというのが現実です。

*******

じつは,おかげさまで一年間の売り上げ自体は,
けっして減っているわけではなく,微増ですが増えています。
それなのに,あいかわらずの赤字…。
その一因として,やはり大きいのが,
「本」の仕入れ利率の悪さではと,改めて感じました。
本屋の利益は,売値の約2割。
これは,本が,「委託販売」で返品できるからなのですが,
うちのような,選書している本屋の場合は,
ほぼ「買い取り」であるにもかかわらず,
この利率は変わりません。
「買い取り」商品で,こんなに悪い利益率では,
個性を出そうとする店はやはり成り立たないでしょう。

ところで,前にも少しご報告したのですが,
これまで,うちが本を仕入れていた取次さんが,
この3月で,結局倒産してしまいました。
私は,これを機に,
もっと利率のいい仕入れのルート,
小さな取次ネットワークなど,
いろいろな仕入のかたちを考え直しました。

結果的には,日販といういわゆる大手取次さんに,
変更することになりまして,
これまで通り,お客様のご注文や図書カードなどの利用には,
対応できるかたちとなっていますが,
結局,利益率2割というのは変わりません。

じつは,この変更の機会に,
日販,トーハンといった大手取次の方ともお話することができ,
この,仕入れ率の矛盾や,
本屋が新規開業しにくい業態になっていることなど,
いろいろとお話もさせていただいたのですが,
やはり,長い間作られてきたシステムというのは,
なかなか変えることはむずかしいと感じました。
(なぜ,委託と,返本しない買い取りと,
利率が同じなのかは,未だに納得できていません。)

ただ,書店としては,取次さんを利用させていただきつつも,
より利益率のいい仕入ルートを模索する姿勢は,
持ち続けてもいいと改めて思いました。
ひとつの取次さんに頼りすぎるというのも,
今回の倒産騒動で,危険なことだと感じました。

そんなわけで,今年は,

「利益率をできるだけ3割にする!」

ということを,ひとつの目標にしていきたいと思います。
新刊本の仕入れはもちろん,雑貨や古本などもありますので,
これは,トータルとしての目標です。
が,ことあるごとに,いろいろな方に,
「買い取り8掛けでは本屋はやっていけない」ということを,
訴えていきたいと思っています。
また,同じくらいの価値をもつ商品であれば,
より利益率のよい方を選択していく,という
ある意味,当然の視点を改めて持って行きたいと思います。
こうした裏事情は,お客様には関係のないことかもしれませんが,
情報,人脈,足で歩く…といったことをつないで,
企業努力として追求していくつもりです。
その結果,よりよい品ぞろえ,より充実したイベントなどにつなげていき,
「本屋」が成り立つようになれば,
結果的に,お客様にお返しできるとともに,
ささやかながら,地域貢献にもなるのではと考えています。

新年度のスタートとしては,
なんだか「夢」のない目標ではありますが,
本のひとつの現場報告として,
ご理解いただければ,うれしく思います。

*******

さて,新年度まずは,「本まっち柏」!!
例年春は5月に開催していましたが,意外にも陽射しが強いので,
初めての4月開催となります。

4/10まで,出店受付中。
すでに50店近くの出店申込みがあります。
あと数店でしめきります。
申し込み忘れている方は,ぜひどうぞ!

http://blog.livedoor.jp/honkatsu500/

ファイル 340-1.jpg

ハックルベリーブックスも花ざかりです!

2016.03.31 (木)

関東でも,いよいよ桜が咲き始めましたが,
ハックルベリーブックスも,今,花盛りです。

ファイル 339-1.jpg
現在,開催中の「あんびるやすこ原画展」に合わせて,
絵本いけばな講座で作ってくださったいけばな。
『エイプリルと魔法のおくりもの』

ファイル 339-2.jpg
『ルルとララのコットンのマカロン』の世界を,
かわいく活けてくださっています。

ファイル 339-3.jpg
店の前は,毎年この季節に,花にらがいっせいに咲きます。
白い星のようなちいさな花ですが,ほんとうにかわいい。

ファイル 339-4.jpg
ぜひ,見に来てください。

ファイル 339-5.jpg
そして,こちらは,私が編集委員をしている雑誌
『日本児童文学』の最新号。
表紙は,トリケラトプスの恐竜絵本で,
ハックルベリーブックスでも大人気の黒川みつひろさん。
桜といっしょの恐竜。ありえない世界だけに,
なんだか幻想的です。

『日本児童文学』の今月号は,
雑誌を作っている日本児童文学者協会70周年記念号。
この雑誌は,敗戦直後に,文学者が戦争に加担してしまった
その反省のもとに,民主主義的な文学活動をめざして発足しました。
それから,70年。
今回の特集では,歴代の雑誌の編集長さんの座談会があります。
世紀末から2000年にいたる時代をふりかえることができます。
私が,編集部として司会をしました。

歴史ある雑誌を,ぜひどうぞ。

あんびるやすこさんトーク&サイン会♪

2016.03.27 (日)

ファイル 338-1.jpg
3/26(土)は,あんびるやすこさんのトーク&サイン会。

トークは,30人ちかくの子どもさんや大人の方が
集まってくださいまして,あんびる先生から,
興味深いお話をいろいろとうかがいました。

お菓子のレシピが楽しい「ルルとララ」のシリーズを作るときは,
必ず編集部のみなさんといっしょに作ってみるとか,
子どもがひとりで働いているお話が生まれる背景には,
「長くつしたのピッピ」などの物語が好きだった経験があるとか,
小さい頃は商業デザイナーをされていたお父さんの
「名画全集」などに触れて育ったとか,
「なるほどー」と思うことがいっぱい。

他にも,絵を描くときの画材や道具のこと,
登場人物の名前のつけ方,
作品の中のすてきなファッションの参考にする雑誌,
1冊作るのにどのくらいの時間がかかるか,
…などなど,いろいろな質問にていねいに答えてくださいました。
(今回聞けなかった方は,また別の講演会に行ってみてくださいね。)

「子どものときの気持ちというのは,大人になっても変わらない」,
そして,「好きなことを続けるのが一番」
というお話に,あんびるさんの物語の秘密が隠されている気がして,
あらためて児童文学っていいなあと感じました。

ファイル 338-2.jpg
トークのあとは,サイン会。
ひとりひとりとお話しながら,名前とすてきなサイン,
そして握手や記念撮影も…。
大好きな作品を書いている作者さんと間近に接することができて,
参加してくださったみなさん,とってもうれしそう。

そのにこにこ顔に,こちらもうれしくなりました♪

ファイル 338-3.jpg
フ―ちゃんといっしょのあんびる先生。
すてきですね。
ほんとうに,ありがとうございました。

参加してくださったみなさんも,ありがとうございました。

ファイル 338-4.jpg
そして,27日(日)は,
ワークショップ「レターフレグランスをつくろう」の2回目。
今回も3年生から大人の方まで,
7名が参加してくださいまして,
展示してある『エイプリルと魔法のおくりもの』を参考に,
「スイートオレンジ」「タイム」「ローズマリー」の
レターフレグランスを作りました。

ファイル 338-5.jpg

できあがったみなさんのレターフレグランス。
みなさん,それぞれ,ハーブの意味をちゃんと考えて,
とってもすてきに作ってくれました。

こちらは,4/2(日)2時~もう一回開催します。
原画展も,まだまだ続きます。
ぜひ,見に来て下さいね。

ページ移動