Calendar

<< 2021/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

中村医師・緑の大地写真展 第Ⅱ期スタート&ギャラリートーク

2021.03.26 (金)

3/21~30「中村医師・緑の大地計画」写真展 第Ⅱ期開催中です!

初日の21日14時~オンラインギャラリートークを開催しました。
今回のゲストは児童文学作家の濱野京子さんです。

ファイル 582-1.jpg
(↑濱野京子さん)

オープニングは,『天、共に在り』の冒頭を濱野さんが朗読。

ファイル 582-2.jpg
2009年夏、用水路事業がいよいよガンベリ砂漠に達するという場面です。
熱砂の中で必死に用水路を掘る人々、水が通ったときの喜び、
中村医師の文章は,その場面をいきいきと捉えています。

今回,濱野京子さんに来ていただいたのは,
2019年12月,中村医師が凶弾に倒れた直後のある会議からの帰り道,濱野さんが,この事件に大変ショックをうけていて,
じつは,中村医師の講演会を何度も聴きに行ったという話を聞いていたからでした。

私自身は,中村医師については,2000年代もほとんど知りませんでした。
しかし,このときの濱野さんの落ち込みようを見て改めて意識するようになり,
それから,いろいろなテレビなども見るようになって,
長野ヒデ子さんにすすめられ,今回の写真展をすることになったのです。

そのようなわけで,まずは,濱野さんから,
2000年代に参加した中村医師の講演会などの様子,
また,その中で印象に残っていることなどをお話いただきました。

ファイル 582-3.jpg
(↑奥山)

その後,奥山と濱野さんとで,中村医師の著作の中から,
印象に残った言葉を出し合いながら,
話をすすめていきました。

たとえば,濱野さんからは『辺境で診る 辺境から見る』の中から,アフガニスタンの干ばつの現状が「来るべき世界の破局の予告」かもしれないというくだり。
私もこの本の中の「アフガンに見る終わりの始まり」という言葉がとても印象的で,
中村医師のやってきたことは,まさに,今の「環境危機」を,
先取りしていたのだと改めて思いました。

ファイル 582-4.jpg
また,私からは,『医者、用水路を拓く』の中の,
用水路建設の紆余曲折、とくに,取水口を何度も改修したときの,
「移動島」方式の決死の作業のくだり。
ひとくちに用水路を作るといっても,ほんとうに複雑で,
かつ何度も洪水や土石流にみまわれては改修し,
その中で,考えをめぐらし,工夫をこらしていった過程が,
じつに臨場感ある言葉で記されています。
日本の江戸時代の水路を参考に,コンクリートで固めず,
改修しながら,地域の環境をこわさないで使える技術。
これもまさに,これからの世界を考えるヒントに満ちています。

他にも,『天、共に在り』のなかの,
立場や主義主張を超えた人々のつながりのこと,
『希望の一滴』のなかの,
「花を愛し、詩を吟ずる」その土地の文化のことなど,
いろいろな言葉について,語り合うことができました。

中村医師のこうした言葉を,
濱野さんは創作で,奥山は評論で,
うけとめ,自分なりに表現していくことができたら…と
思いを新たにしたように思います。

このところ,中村医師の本ばかり読んでいて,
たくさんの言葉に感銘を受けていたので,
思い切り語り合う事ができて,とてもうれしいトークでした。

今回のトークの録画を見たい方は,4/30まで,配信します。
メール megumiokuyama18@gmail.com まで,
お申し込みください。(400円)

ファイル 582-5.jpg

こうした中村医師の言葉をさらに共有するべく,
◎3/28(日)14:00~「オンライン読書会・中村医師を知る本」も
開催します。
こちらも,メールにて受け付け中です。

ひきつづき,原画展もぜひ見にいらしてください。
今のこの世界の中で,自分にできることは何か…,
たくさんの刺激を受け取ることができると思います。

恒例の決算報告!

2021.03.11 (木)

ファイル 581-1.jpg

今年もぶじ,確定申告を終えました。
恒例の店の決算報告です。

結論から言いますと,2020年は,
なんと開店以来2度目の黒字決算となりました!
何年か前に,123円の黒字ということが一度ありましたが,
ほかはこの10年間,ずっと赤字決算でした。
それが,昨年は,81526円の純利益。

もちろん,一年でこの利益では,
とても営業として成り立っているとはいえません。
売上自体は増えましたが,その分,仕入れも多く,
この増益は,おそらくコロナのために大学の授業がオンラインとなり,
店にずっといたため,その分の店番人件費が減った分といえます。

しかし,コロナの中での増収増益ということですから,
ありがたいことと思っています。

じつは,先日,「フォーラム子どもたちの未来のために」の
オンライン学習会で,出版状況にくわしい文化通信社の
星野渉さんのお話がありました。
その中で,コロナ禍の中の本屋の状況として,
大型書店の打撃(デパートなどが閉鎖となったため)の一方で,
中小書店は概ね,増収増益だったようだという報告がありました。
中小書店は,緊急事態宣言の中でも,
基本的に営業を続け,地域の人があらためて足を運び,
「ここにくると安心する」という声も聞かれたとのこと。

歩いて行かれる範囲に,本のある空間があるということ,
地域のつながりの拠点になっているということ,
個性的な品ぞろえがあるということ,
そういう小さな本屋の大切さが見直されたのではないかという
お話がとても納得できました。

まさに,うちの場合も,柏周辺のデパートの中の書店や,
売り場面積の大きな書店,さらに図書館までが閉鎖となった中で,
「ここがやっていてくれて,よかった」という言葉を,
いろいろな方からいただきました。
また,本屋を応援しようということで,
北海道から沖縄まで,各地から本を注文してくださる方も増えました。
前からやっていたブックプレゼントも増え,
毎月,いろいろなところに本を贈っています。

本の流通が止まらなかったことも大きなことだと思っています。

ファイル 581-2.jpg

また,柏インフォメーションセンターでは,
昨年「みんなが選ぶ絵本30選」にも関わらせていただき,
センターや図書館の展示用に本を注文していただいたことも大きかったです。

個人的には,あいかわらず,大学の授業や通信講座などで,
生活費を得るという兼業生活ですが,
他に,

国際子ども図書館「児童文学連続講座 YA文学総論」の講師,
柏市立図書館の中学生ビブリオバトルの審査員,
流山児童館「子育て講演会」の講師,
(流山講演会の様子↓
https://www.city.nagareyama.chiba.jp/1000009/1029932.html)

などもさせていただき,
今週末,九州大牟田で開催される児童文学セミナーでは,

「絵本講座 絵本の現在~児童書専門店の現場から~」

という講座でお話させていただきます。

とくに,子育て講演会でとりあげた「赤ちゃん絵本」,
大牟田セミナーでとりあげる「絵本」については,
この10年,店をやりながら,
お客様や,作家さんと触れあいながら,
見聞きし,学んだことばかりです。
(もともとの専門は,「児童文学」でしたので…)

ということで,店の方は,2021年も,
いろいろなイベントを企画しつつ,
地域のみなさまの文化交流の場になりますよう,
努めていきたいと思います。

また,前述の星野さんの講演の中では,
コロナ状況をふまえて,
これまでのような大手出版社や取次主導の大規模流通ではなく,
中小書店が適正に経営していかれるような流通のあり方が,
模索されていくのではないかとのこと。
(具体的には,返本を減らすということ)

そうなると,大切なのは,本屋の選書眼となっていきます。
その意味でも,子どもの本について,
ますます見聞を深めていきたいと思います。

そして,その結果として,また黒字決算となるように…と,
決意を新たにしております。

今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。

ファイル 581-3.png

「中村医師・緑の大地計画」写真展は、第二期へ!!

2021.02.28 (日)

2/21~開催されました
「中村医師・緑の大地計画」写真展第Ⅰ期は,
27日でひとまず終了しました。

おかげさまで,たくさんの方にご来場いただき,
中村医師の本もいろいろとご注文いただきました。

3/2(火)~14(日)の間は,
一部,西白井のカフェ「アンズハウス」にて展示いたします。
こちらも,機会がありましたら,寄ってみてください。
https://www.anneshouse.org/
(店長奥山の夫がやっています)

ファイル 580-1.jpg

第Ⅱ期は,3/21(日)~3/30(火)の開催となります。

3/21の14時~
またまたオンラインギャラリートーク。
今度は,児童文学作家でもあり,
中村医師の講演を何度も聞いたことがあるという
濱野京子さんをゲストに,
店長奥山も語り合いたいと思います。

また,3/28には,オンライン読書会も開催します。
中村医師は,たくさんの著作を残されましたが,
作家火野葦平をおじにもつという中村医師の文章は,
じつに味わいがあります。
医者でもあり,一方で文学者でもあったと思える
中村医師の本について,自由に語り合いたいと思います。

いずれもお申し込みは,メールにて。
megumiokuyama18@gmail.com

ご参加お待ちしています。

店では,ひきつづき,中村医師の本を充実させていく予定です。

*******

勝手ながら,3月より,店の定休日を

毎週火曜日&第1.3水曜日

に変更させていただきます。

また,3/12(金).13(土)は午後のみ営業。
3/14(日)~16(火)は
店長研修のため,臨時休業とさせていただきます。

3/13~14は,
九州大牟田で「児童文学セミナー」が開催されます。
大牟田は,内田麟太郎さんの故郷で,
今年中に「ともだちや絵本美術館」などもオープンします。

セミナーでは,あべ弘士さんの講演があったり,
私も「児童書専門店の現場から」ということで,
絵本について少しお話させていただいたり,
三池炭鉱など近代産業遺構を見学したり…,
すこし勉強してこようと思います。

できれば,中村医師がアフガニスタンの水路建設の参考にした
山田堰のある筑後川も,眺めてきたいなあと思ったり…。
(川好きなので)

どうぞよろしくお願いいたします。

オープニング トークイベント 蓮岡修さん

2021.02.23 (火)

ファイル 579-1.jpg
(奥・ひろかわさえこさん 右・蓮岡さん)

写真展初日,2/21(日)14:00~
子どもの本・九条の会主催の
「オンライン学習会」が開催されました。
講師は,中村医師といっしょにアフガニスタンの井戸事業に携わり、
僧侶でもあり,
現在は京都の絵本専門店「きんだあらんど」店長の蓮岡修さん。
「絵本でひろがるいのちのありかた」と題して,
身近で見た中村医師の姿から学んだいろいろなことを
話してくださいました。

ファイル 579-2.jpg

19歳でカメラマンをめざしてアフガニスタンの内乱の地で
中村医師に突撃取材をした出会いのこと,
その後,検査医師として手伝いながら,
アフガンの干ばつによる赤ちゃんの大量死に直面したこと,
そして,井戸を掘る,涸れた井戸を再生するという事業にのりだしたこと…。
その中村医師の強い思いは,
おそらく赤ちゃんの死で嘆き悲しむお父さんたちの姿を見るのが,
自分のこととして耐えられなかったのではないか,
という言葉が印象的でした。
会場の写真に囲まれながら,しばし言葉につまることも…。

現地の方から時には心ない態度をとられることがあっても,
中村医師は,そんなことには無頓着。
「いい人だから」援助するのではなく,「必要だから」援助する…
という姿勢が貫かれていたとも話されました。

また,コンクリで近代的に固めるような技術ではなく,
その土地に合った試行錯誤で作られた技術こそ「最先端だ」と
とらえられていたこと,
何より,自然とその場所の生活をこわさない技術で援助をするというお話も,
まさに,これからの世界のあり方を言い当てているように思いました。

中村医師はきびしい人ではあったが,
それは,人のいのちを助けるという「医者の信念」と
憲法九条を支えてきた「日本人の信念」のふたつに
ひたすら忠実に生きたからではないかとも話されました。
憲法九条は,
「第二次世界大戦で死んだたくさんの人びとの墓標だ」
という言葉も改めて胸に迫りました。

今回,中村医師の書かれた本もたくさん用意してありますが,
じつは,どの本にも,とても哲学的で,深い思考,
それでいて,謙虚で,わかりやすい言葉が,溢れています。
蓮岡さんは,「中村医師は,いつも文学に触れていた」とも語り,
その後,自身も,絵本を親子で共有できる場こそ平和そのものだ,
という信念から,絵本屋をやっているとのこと。

蓮岡さんが「平和」を感じる絵本として
『こすずめのぼうけん』
『ぐるんぱのようちえん』
『わたしとあそんで』(エッツ)
『世界人権宣言の絵本 みんなたいせつ』
そしてアフガニスタンで出会った
『せかいいちうつくしいぼくの村』(小林豊)
などをあげられました。
写真展のオープニングにふさわしい充実したお話でした。

ファイル 579-4.jpg

店では,
中村医師の本や,蓮岡さんおすすめの絵本もそろえてあります。
また,フェアトレードショップ「アーシアン柏」さんより,
アフガニスタンの手刺繍のポーチやバッグ,ぬいぐるみなども
入荷しています。
こうした雑貨を使う事も,支援のひとつとなります。
ぜひ,どうぞ。

ファイル 579-5.jpg

写真展第一期,2/27(土)まで。

中村医師・緑の大地写真展 第Ⅰ期スタート!

2021.02.21 (日)

ファイル 578-1.jpg

いよいよ「中村医師・緑の大地計画」写真展がスタートします。
第Ⅰ期は,21日~27日まで,毎日1時~6時。
無休で開催します。

ファイル 578-2.jpg
中村医師の長い活動の写真パネルは50枚近く。
階段のところから展示しました。

ファイル 578-3.jpg
「朝日れすか」でも,詳細な記事を掲載してくださいました。

ファイル 578-4.jpg
今回は,2020年,ごく最近の状況の写真もあります。
どうぞお見逃しなく!

ページ移動