Calendar

<< 2019/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

原画展のおたのしみ,いろいろ♪

2019.03.22 (金)

3/21~「たかおゆうこ絵本原画展」がスタートしていますが,
今回も,原画展会期中だからこそのおたのしみもいろいろです。

ファイル 486-2.jpg
まずは,とってもかわいい,
たかおさん描き下ろしのオリジナル額絵の販売。
(各9000円+税)
こまかな色使いが素敵で,美しい額もついています。
春の新生活のプレゼントなどにいかがでしょうか。

ファイル 486-3.jpg
また,オリジナルポストカードもいろいろあります。

本もちろろん取り揃えてありますが,
額絵やポストカードは会期中ならではの楽しみです。

ファイル 486-1.jpg
また,会期中のイベントとしては,
まず,3/24(日)たかおさんがご来店!
14時~トーク&サイン会です。

トークは満席ですが,3時半くらいからのサイン会は,どなたでも。
画家さんならではの,かわいい絵入りのサインを入れていただけます。

ファイル 486-4.jpg
そして,3/28(木)と3/31(日)は,
「くるみの和菓子教室」。
いつも和菓子教室をしてくださっている「おけや」の先生といっしょに,
くるみあんのおまんじゅうを作り,
オープンでやきたてを味わっていただきます。
かわいいリスの焼印も押したりして,楽しみです。
そのときに,展示作品について,
24日にたかおさんからお聞きしたことをふまえて,
店長のギャラリートークもいたします。
こちらは,残席わずかですので,お早目にご予約ください。

イベント以外のときは,のんびり見られます。
春のハーブティーをご用意して,お待ちしています。

たかおゆうこ絵本原画展,スタート!!

2019.03.21 (木)

いよいよ3/21(木・祝)~
「たかおゆうこ絵本原画展」がスタートしました!
今回は,幼年向けの『プリンちゃん』から、
大人もひきつけられる『くるみのなかには』まで,多彩な作品の
原画を展示いたします。

ファイル 485-1.jpg
かわいいかわいい「プリンちゃん」は,
きせかえコーナーで、いっしょに写真も。

ファイル 485-2.jpg
『こいのぼりくんのさんぽ』(すとうあさえ・文)
『ねばらねばなっとう』(林木林・文)
『チュウとチイのあおいやねのひみつきち』
『もねちゃんのたからもの』など,
春らしい絵本もいろいろ。

ファイル 485-3.jpg
作品作りのために集めた
かわいい資料も展示してあります。

ファイル 485-4.jpg
『雨がしくしく、ふった日は』(森絵都・作)
『ふしぎなようせい人形』(ゴッデン・作)
などの物語の挿絵もご紹介。

ファイル 485-5.jpg
そして,最後は,絵本『くるみのなかには』を
ほぼ全ページ展示いたしました。

前々から,色使いのとてもすてきな作家さんだと思っていましたが,
この『くるみのなかには』は,想像力から自然の営みへと展開する
とてもユニークで,美しい絵本です。

他の作品と合わせてみると,この絵本へとつながっている要素,
たかおさん独特の読者へのおもてなし精神などが感じられます。
描き方も,モノクロペン画からコラージュ的な立体感のあるものまで,
多彩でとても興味深いです。

春らしい絵を楽しみ,いろいろな本と出会っていただけたらと思います。

4/2(火)まで2週間。春のハーブティーを入れてお待ちしています。

3/24(日)のたかおゆうこさんのトークイベントは,
残席すこしです。
3:30~のサイン会はどなたでも♪

恒例の決算報告

2019.03.17 (日)

ファイル 484-1.jpg

さて,3月の確定申告も済みまして,
ハックルベリーブックスも,9年目に入っています。

毎年恒例の決算報告。
2018年の店の決算は,またもや-101716円の赤字でした。
とはいっても,これは,店の建物などの減価償却費というのが
70万あまりのっているので,実質持ち出しというわけではないのですが,
基本的には,毎月の利益は5万円くらい。
テナント料がないのが救いですが,
建物のローンなども少しありますし,
店が老朽化しても,なかなか修理もむずかしいレベルです。

おととしが,初めて123円(!)の黒字になりましたが,
去年は-58818円の赤字,今年は,さらにマイナスが増えてしまったわけです。

ですが,年間の売上は,ここ3年ほぼ同じ。
おかげさまで,減っているわけではありません。
ただ,去年は,「荷造運賃」の費用が増えたのが響いている感じです。
これは,宅急便,郵便などのやむを得ぬ値上がり。
そのへんをもう少しよく考えつつ,
来年こそ,また黒字に転じるように,がんばろうと思います。
(生活の方は,大学の授業などの出稼ぎや、ときどきの原稿料などでなんとかまかなっています)

基本的には,1冊でも多く本を買っていただく,
注文していただく,
スペースを利用していただく…ということで,
少しでもハックルベリーブックスを利用していただく他にはないのですが。

ファイル 484-2.jpg

そんな現状ではありますが,
ハックルベリーブックスを応援してくださる声は,
けして少なくないと,日々感謝しています。

この4月には,版画家大野隆司さんのよびかけで,
絵本や柏ゆかりのアーティストさんによる「ふくろう展」が
実現します。

ファイル 484-3.jpg
「ハックルベリーブックスを一人でも多くの人に知ってほしい」
という大野さんのよびかけ文は,ほんとうにうれしいものでした。
この呼びかけに賛同してくださって,
22名もの作家さんが参加してくださいます。

ハックルベリーブックスのふくろうのフーちゃんも,
5月で9歳になります。
そして,時々,店番をがんばってくれています。

ファイル 484-4.jpg

…ということで,改めて今年も,
ハックルベリーブックスを,どんどん利用してください。
どうぞよろしくお願いいたします!

3.11を忘れない映画上映会「福島 生きものの記録」

2019.03.14 (木)

3/10,11と開催しました
3.11を忘れない映画上映会
「福島 生きものの記録」。

ファイル 483-1.jpg

3.11の福島第一原発事故のあと、
人間の住めなくなった場所に生きる動物たち、
それに関わる人々の記録。
昨年から、柏の島村直子さんと企画、準備してきましたが、
おかげさまで、連日15名満席となりました。

ファイル 483-2.jpg

何よりもよかったのは見た後に感想をシェアする時間を持てたこと。

ファイル 483-3.jpg

小学5年生から、80代の方まで、
福島出身の方やゆかりのある方,
いろいろな支援活動,原発反対の活動に参加している方,
何が起こっているのか,ちゃんと知りたい方…。
集まってくださったそれぞの方の立場から,
みなさんの真摯な言葉を聞くことができて、
出口の見えない重い問題ではありますが、
その重さを共有することで、少し勇気もわいてきました。

この映画は,すでに第5集まで作られていまして,
今回第1集を見たことで,続きもぜひ見たい,
これからも関心をなくさないでいきたい,
という声を聞くこともできて,うれしく思いました。

映画をつくった監督の岩崎さんは,
現在,病気療養中とのことですが,
仲間のスタッフの方が,今も撮影を継続しているそうです。

ファイル 483-4.jpg
また,原発,原子力については,
ハックルベリーブックスでも,関連する本を置いています。
絵本,写真集から,さまざまな記録,物語など,
本を通してたくさんのことを知ることもできます。

これからも,関心を失わず,考え続けていきたいと思っています。
参加してくださったみなさま,ありがとうございました!

「子どもの本のひみつ」@糸魚川へ

2019.03.07 (木)

ファイル 482-1.jpg

今週8日-9日(土)は,勝手ながら
店長出張のため,1時~4時の短縮営業とさせていただきます。

店長奥山は,新潟糸魚川で開催される
トークイベント「子どもの本のひみつ」に参加します。

この連続イベントは、奥山も所属している日本児童文学者協会の
研究部の企画で、すでに4回、東京や山梨や京都で開催し、
①新藤悦子×陣崎草子
②濱野京子×野坂悦子(翻訳家)
③ひこ・田中×目黒強(評論家)
④林木林(詩人・絵本作家)×本間ちひろ(詩人・画家)
…と子どもの本の世界で活躍している方々をお呼びし,
創作秘話などお話していただきました。
その中で,「児童文学」って何なのか?
今の時代にどんな意味があるのか?
ということを考えて来ました。
そして,そのつど,写真のようなフリーペーパーに,
トークのエッセンスをまとめてきました。
(ハックルベリーブックスにも置いてあります)

今回,糸魚川では,この5回目として,
⑤山崎玲子×荒木せいお
という長野や新潟出身の作家対談となります。

糸魚川といえば,2年前の冬に大火事にみまわれ,
町屋商店街の半分が焼けるということがあり,
ハックルベリーブックスでも支援金の募金をしました。
友人で作家の小川英子さんが,
この町屋文化を守り伝える会を続けていらっしゃるからです。

その糸魚川で,この秋「児童文学セミナー」が開催予定。
大火復興支援でもあり,新潟出身の画家黒井健さんの講演なども
あるそうです。楽しみです。

今回の「子どもの本のひみつ」は,
9日にその秋のセミナーのプレイベントとして開催されます。
奥山は,前日の8日に行き,大火からの復興の状況を,
見学してくる予定です。
(「子どもの本のひみつ」フリーペーパーにまとめます)

もちろん、どこに行くのも,もちろん自費。
今回の糸魚川も出張費など出ませんが(笑)、
でも,それだけの出会いと価値のある連続トークなので,
できれば,10回くらいまで,あちこちに出かけて行って,
続けたいなと思っています。
あと,個人的には,各地のおいしいものめぐりも楽しい。
糸魚川もおいしいもの満載ですが,
ソウルフードと言われる「イノヤの牛乳パン」が,
じつは,いちばん楽しみだったりして…(笑)
ファイル 482-4.jpg
そんなわけで,2日ほど不在ですが,よろしくお願いいたします。

ファイル 482-2.jpg
3/10(日)は通常営業,
午前中は「ハックルベリーのおはなし会」もあります。
(11時~ どなたでも)
午後は,映画上映会もあります。
(10日は満席,11日はあと数名)

ファイル 482-3.jpg

【追記】
糸魚川でのトークイベント「子どもの本のひみつ」は,充実の内容でした。作家さんのお話のエッセンスは,いずれ,「大火後をあるく記」とともに、フリーペーパーにまとめます。
ハックルベリーブックスにも置きますので,お楽しみに!

ページ移動