記事一覧

手づくり絵本展&長野ヒデ子さん『ラブレター』原画展

2017.12.13 (水)

ファイル 423-1.jpg
ハックルベリーブックスでは,2年ぶりの
「手づくり絵本展」が開催中です。

おはなしから,絵,装丁まで,
一つ一つ丁寧に作られた「手づくり絵本」。

ファイル 423-2.jpg
展示の空間もすてきで,
みなさん,絵本をゆっくりじっくり読み入っています。
子どもたちの作品もあります。

ファイル 423-4.jpg
18日(月)まで無休。
11時~18時。
暗くなってからも,すてきです。

ファイル 423-3.jpg
また,今回は,ちょうど主宰の小林征子さんの詩集
『あなたへのラブレター』(コールサック社)ができたところで,
この詩集の装丁と絵を手がけた
絵本作家の長野ヒデ子さんの原画も展示させていただいています。

ファイル 423-5.jpg
詩集の挿し絵が,とってもかわいく額装されて,
一部販売もしています。
(なんと10000円!)

クリスマスの特別なプレゼントにも素敵です。
数に限りがありますので,ぜひお早めにどうぞ。

絵本展と原画展,ぜひ見に来て下さいね♪

12月のおたのしみ♪

2017.12.03 (日)

12月になりました。
ほれぼれするような美しいクリスマスの本。
きらきらした雑貨。

店の中は,なんとなくはなやかな季節です。

2階ギャラリーでも,いろいろとたのしいイベントが。

ファイル 422-1.jpg

まずは,12/13(水)~18(月)
「手づくり絵本展」
毎月,ハックルベリーブックスで勉強会をしているグループの
2年ぶりの展示です。

世界でひとつだけの,お話も,絵も,装丁もオリジナルの
手づくり絵本の世界をお楽しみください。

ファイル 422-2.jpg
また,12/23(土)~25(月)は
10月以来の「フェアトレードの日」を開催します。

24.25日の14:00~16:00は
ヘルマン・ハープのクリスマスソング演奏もあります。
紅茶の試飲をしながら,ちょっとのんびりしませんか?

お買い物で世界を変える活動に,ご参加ください。

山梨でのトークイベント

2017.11.25 (土)

ファイル 421-1.jpg

11/23は,店の方は臨時休業にさせていただきまして,
日本児童文学者協会の研究部の連続トークイベント2回目で,
山梨甲府に出かけてきました。

ファイル 421-2.jpg

今回は,研究部のメンバーのひとり山梨の大学にお勤めの
井上征剛さんのコーディネートで,
音楽会などを開催しているすてきなサロンでのトーク。
地元の同人誌の方や学生さんなども集まってくださいました。

ファイル 421-3.jpg
今回のトークゲストは,翻訳家の野坂悦子さんと,
作家の濱野京子さん。

野坂さんはオランダの児童文学をたくさん日本に紹介してくれていますが,
『いつもいつまでもいっしょに』や,近作の『100時間の夜』など,
さまざまな社会問題をかかえる世界を舞台に,
それでも,大人たちと対等にやりあう子どもたちの姿が斬新です。

一方,濱野さんは,近未来の紛争を描く『すべては平和のために』や
子どもたちの原発談義が鋭い『石を抱くエイリアン』など,
やはり,社会の問題に目を開かせてくれる作品をたくさん書かれています。

今回のテーマは,「社会と児童文学」,
児童文学は社会にどうコミットしているのか,というところが中心で,
お二人からいろいろなお話をじっくり聞くことができました。

このトークのエッセンスは,また,フリーペーパーにまとめて,
広めたいと思います。どうぞ,お楽しみに。

(ちなみに,この連続トーク一回目の,
新藤悦子さん×陣崎草子さんのお話をまとめたフリーペーパーは,
ハックルベリーブックスでも,配布中です。)

ファイル 421-5.jpg
ハックルベリーブックスも,
社会とつながる児童文学を意識しつつ,いろいろなイベントをしてきましたが,
秋に開催した充実の「文学のピースウォーク」原画展は,
この年末年始と,来年春休みに,ひきつづき開催決定しました。
イベントも企画しています。

社会とか,戦争とか,平和とか…なんかむずかしそう…,
政治の話はちょっとタブー…という雰囲気が,日本にはありますが,
子どもの本をひとつのきっかけに,
ときには,じっくり話し,考え,行動したい。

ファイル 421-4.jpg
11/28(火)には,こういう会にも呼んでいただき,
話題提供させていただく予定です。
おしゃれ~なポスターがうれしいですね♪
というか,どの本も美しい。
クリスマスや年末年始の楽しみは楽しみとして,
こういう語り合う時間も,また大切にしたいと思います。

楽しく美しく社会を考える…というより,
社会を考えることが,楽しく美しいことであってほしいですよね。

10月は2階ギャラリーがにぎやかです♪

2017.10.13 (金)

10月は,ハックルベリーブックスの2階ギャラリーにて,
いろいろな方が企画展をしてくださいます。

ファイル 417-1.jpg
まず,14(土)-15(日)の2日間は,
「7+443二人展」11:00~17:30

日暮菜奈(77)さんの
絵画・服飾・ペイントシューズ・手作りバック…

柳沢良美(443)さんの
消しゴムスタンプ・ポストカード…

作家おふたりのたのしい展示会です♪

ファイル 417-2.jpg
つづけて,16(月)-17(火)の2日間は,
「イラスト展&Cafe」11:00~18:00

コーヒーとおやつと落描きあります…
というゆるーい感じが楽しみです♪

ファイル 417-3.jpg
そして,22(日)は,秋の恒例,
「本まっち柏」10:00~16:00
柏3丁目界隈の軒先を借りてのブックマーケット。

今回も,35店あまりの本屋さんが出店します。

ハックルベリーブックスの2階は,ごろごろ休憩スペース。
おむつ交換もできますので,赤ちゃんもいっしょにぜひどうぞ。

ミニ演奏会もあるかも…。

ファイル 417-4.jpg
さらに,26(木)~31(火)も,恒例となりました,
「創版会版画展」13:00~17:00

あったかい木版画の新作が並びます。

いずれの企画も,どなたでもお楽しみいただけます。

1階で本を見て,2階でアートに触れて…。
まさに,読書の秋,芸術の秋を,満喫してください。

おかげさまで7周年! 8年目は…?

2017.10.11 (水)

ファイル 416-1.jpg

おかげさまで,
10/10で,ハックルベリーブックスも7周年となりました。
記念して,10/9は,「フルートと絵本のちいさな音楽会」を開催。

ファイル 416-2.jpg
オープンした最初のクリスマスから,小さな音楽会を開いてくださり,
その後も,「0さいからのおはなし会」や「南吉の朗読会」など,
いろいろな会を開催してくださっている高橋さん。

ファイル 416-3.jpg
そして,のびやかなフルートの青木さん。
ハックルベリーブックスでは,おなじみとなったコンサートです。
2回の演奏会には,赤ちゃんから大人の方まで,
たくさんのお客様が来て下さいました。
開店当時,赤ちゃんだった子が,すてきなお姉さんになっていたり,
その一方で,初めて店を知ってくださった方もいて,
7年の年月をしみじみと思い出しながら,聴きました。

ファイル 416-4.jpg

10/9-10の2日間は,フェアトレードCafeも開催。
公正で安全なとりひきを広めるフェアトレード活動も,
開店以来,ハックルベリーブックスとしてもできるかぎり
協賛させていただいている活動です。
近くのスワンベーカリー(障害のある方も働けるパンやさん)の
パンと紅茶の試飲なども楽しんでいただきました。

あらためて,7年をふりかえってみると,
ずいぶんいろいろな柏の活動にかかわる店になれたと,
つくづくうれしく思います。

現在,店が主催またはお願いしている活動でいえば…

・0さいからのおはなし会
・さまざまな原画展
 (今年だけでも「どいかや絵本原画展」
「なかがわちひろ原画展」「妖怪書店へようこそ」
「文学のピースウォーク原画展」などなど)
・文学茶話会&文学のゆうべ&アート茶話会
・フェアトレードの日
・ろうそくを灯して語る夜のお話会
・フルートと絵本のちいさなコンサート
・ピースCafe&選挙Cafe&ピースリーディング

店としてかかわっている地域の活動でいえば…

・本まっち柏
・オリーブサロン Oak Walkスタンプラリー
・まちカレ図書館
・かしわ知恵の森プロジェクト

児童文学関係でいえば…

・児文協研究部 連続トークイベント「子どもの本のひみつ」
・合評研究会

などなど,とにかく,いろいろな活動を通して,
本・文学の魅力,地域の店の魅力を伝えようと,
夢中でやってきた7年間だったように思います。

ほんとうに,たくさんの方と知り合い,また,応援していただきました。

それにしても,こうやって,いろいろな活動を広げてきた一方で,
とくにこの半年くらいは,あまりにも多忙で,
ひとつひとつの活動はとても充実していながら,
ゆっくり準備し,じっくりと広め,
終わったあともゆっくりふりかえる…ということが,
いまひとつできていなかったように思えます。
うれしい悲鳴ではあるのですが。

新しいことを立ち上げるのは,さほど難しくはないのです。
それよりも,その活動を,しっかりと続け,伝え,
広げていくことが,じつは難しい。
どんなにいい活動でも,「こなす」みたいになってしまったら,
意味がないなあと思います。

…ということで,8年目は,
何か新しいことをやるというよりは,
これまで広げてきた活動をじっくりと大切にして,
より広く,深く育てていくことを心がけたいと思います。

ファイル 416-5.jpg

店をオープンした年にうまれたふくろうのフ―ちゃんも,
7歳になりました。
店のドタバタもどこ吹く風で,
じつにマイペースに生きています。

7周年を記念して,10月中にお買い上げのみなさまに,
「フ―ちゃんポストカード」をプレゼントいたします。

8年目もフ―ちゃんとともに,どうぞよろしくお願いいたします!

ページ移動