記事一覧

文学茶話会「庭と文学」① 開催されました

2019.06.17 (月)

ファイル 502-4.jpg

6/16(日)ハックルベリーブックスの文学茶話会が開催されました。
今回のテーマは「庭と文学」。
その1回目は,日本児童文学の「庭」「庭師」の話について,
店長奥山のトークから。
古典的名作といえる岩崎京子さんの『花咲か』を中心に,
最近の「庭師」作品として私の大好きな
『幸子の庭』(本多明作)も紹介しつつ,
「庭」って何か…を考えてみました。

ファイル 502-1.jpg
江戸の植木屋に奉公に出た常七少年。
世間が菊ブームにのめりこんでいく時代,いのちを育てること,
そして,それをだれもが楽しめるものにしていくこと,
を大切にして,ひそかに桜への思いを抱き続ける常七の姿は,
自然と人間とのかかわり,ひとが手をかける「庭」のあり方を
いろいろと考えさせます。

一方,『幸子の庭』の庭師田坂健二は,
山で木を切る練習をしながら,
自然の植物と庭の植物のちがいを考え,
廃屋の植物の醜さを思います。
ここにも,自然と人間,囲われた「庭」の中のせめぎあいなど,
いろいろな問いかけがあります。

ファイル 502-2.jpg
参加されたみなさま,『花咲か』を読んできてくださって,
いろいろな意見も出ました。

今回は,作品にちなんで,
桜のはなびら茶&常七のふるさと埼玉の熊谷銘菓の五家宝と、
東京銘菓の雷おこしなどを楽しみつつ,
後半は,それぞれのみなさんが持ち寄った「庭」の本のブックトーク。
いろいろな作品がだされまして,
それぞれの「庭」の描かれ方が新鮮でした。

ファイル 502-3.jpg
…結局,「庭」って何か,人間と自然の関係って…?
ということについての明確な結論が出たわけではありませんが,
いろいろな疑問は,次回7/15の「ターシャ・テューダー」へ
持ち越しとしたいと思います。

ハックルベリーブックスでは,
『花咲か』『幸子の庭』はじめ,「庭の文学」フェアもやっておりますので,
ぜひ,読んでみていただきたいと思います。

ファイル 502-5.jpg
ところで,7/6(土)には,
夏の恒例「ろうそくを灯して語る 午後のお話会」もあります。

こちらは,語りの会。
お申し込み,受付中です。

庭と文学フェア!

2019.06.09 (日)

ファイル 501-1.jpg

6月~7月の文学茶話会は,「庭と文学」がテーマ。
合わせて,「庭と文学」フェア,始めました。

「庭」ってなんだろう?
ちょっと考えてみませんか?

ファイル 501-2.jpg

西原小よみきかせの会にて &古本コーナー

2019.06.06 (木)

ファイル 500-1.jpg

6/3,午前中に,柏市西原小学校の読み聞かせ委員会に読んでいただき,
最近の絵本事情,本屋事情,そして,読み聞かせにおすすめの本について,
お話させていただきました。

このミニ講演会は,なんと今年で7回目。
せっかくの貴重な読み聞かせの時間が,より豊かになるようにと,
毎年,いろいろな本をご紹介させていただいています。

ファイル 500-2.jpg
こちらが,今年ご紹介した本の一部です。
今,とても多様化している絵本の中で,
人気絵本だからといって,ただちに「小学校の読み聞かせ」に
適しているとは限りません。
本を選ぶのもたいへんだろうと思いますが,
逆に,そういう場だからこそできること,
そういう場だからこそチャレンジしてみたいことなどもあります。

ファイル 500-3.jpg
毎年,みなさんとても熱心に聞いてくださいまして,
今年の6年生なら,きっとこれも読める,
あれも聞いてくれる…と,さっそく計画にとりいれてくださいました。
また,毎年,ハックルベリーブックスに来て,
委員会の本も買って下さっています。

なにより,私自身が,この講演会のために,
絵本について,いろいろと勉強し,考えるようになりました。
ありがたいことと思っています。

**************

ファイル 500-5.jpg
ところで,ハックルベリーブックスでは,
前から,少し古本も扱っておりましたが,
児童書の場合,絶版や品切れになってしまうものも多いため,
このたび,棚の一角にも,おすすめ&貴重古本のコーナーをもうけました。

ファイル 500-4.jpg
さっそく,6/16の「文学茶話会」で話題にしたい
岩崎京子さんの『花咲か』も,古本にて用意してあります。
(残念ながら,絶版なのです)

300円くらいからの掘り出し本もありますので,
ぜひ,見にいらしてください。

恒例の決算報告

2019.03.17 (日)

ファイル 484-1.jpg

さて,3月の確定申告も済みまして,
ハックルベリーブックスも,9年目に入っています。

毎年恒例の決算報告。
2018年の店の決算は,またもや-101716円の赤字でした。
とはいっても,これは,店の建物などの減価償却費というのが
70万あまりのっているので,実質持ち出しというわけではないのですが,
基本的には,毎月の利益は5万円くらい。
テナント料がないのが救いですが,
建物のローンなども少しありますし,
店が老朽化しても,なかなか修理もむずかしいレベルです。

おととしが,初めて123円(!)の黒字になりましたが,
去年は-58818円の赤字,今年は,さらにマイナスが増えてしまったわけです。

ですが,年間の売上は,ここ3年ほぼ同じ。
おかげさまで,減っているわけではありません。
ただ,去年は,「荷造運賃」の費用が増えたのが響いている感じです。
これは,宅急便,郵便などのやむを得ぬ値上がり。
そのへんをもう少しよく考えつつ,
来年こそ,また黒字に転じるように,がんばろうと思います。
(生活の方は,大学の授業などの出稼ぎや、ときどきの原稿料などでなんとかまかなっています)

基本的には,1冊でも多く本を買っていただく,
注文していただく,
スペースを利用していただく…ということで,
少しでもハックルベリーブックスを利用していただく他にはないのですが。

ファイル 484-2.jpg

そんな現状ではありますが,
ハックルベリーブックスを応援してくださる声は,
けして少なくないと,日々感謝しています。

この4月には,版画家大野隆司さんのよびかけで,
絵本や柏ゆかりのアーティストさんによる「ふくろう展」が
実現します。

ファイル 484-3.jpg
「ハックルベリーブックスを一人でも多くの人に知ってほしい」
という大野さんのよびかけ文は,ほんとうにうれしいものでした。
この呼びかけに賛同してくださって,
22名もの作家さんが参加してくださいます。

ハックルベリーブックスのふくろうのフーちゃんも,
5月で9歳になります。
そして,時々,店番をがんばってくれています。

ファイル 484-4.jpg

…ということで,改めて今年も,
ハックルベリーブックスを,どんどん利用してください。
どうぞよろしくお願いいたします!

春めいてきた本棚です♪

2019.02.25 (月)

ファイル 481-2.jpg
寒かった2月もそろそろ終わり…。
ハックルベリーブックスの本棚も,少しずつ春めいてきました。
これから,春の旅立ちの季節に合わせて,
本もいろいろ充実させていきたいと思っています。

ファイル 481-3.jpg
3/21(木)~
「たかおゆうこ絵本原画展
~『プリンちゃん』から『くるみのなかには』~」
も近づいてきました。
3/24はたかおさんのトーク&サイン会もあります。
あと10名くらいですので,お申し込み,お待ちしています。

*************

ファイル 481-1.jpg
2月は,さりげなくイベントもいろいろありました。
とくに毎年恒例になってきました
「ろうそくを灯して語るお話会」も開催され,
しみじみ語りを聞く時間の楽しさを感じました。
終わったあとのお茶&お菓子の楽しみも。
こちらの語りの会は,次はまた夏の夕べに予定しています。

*********

ファイル 481-5.jpg
さて,そして,3月といえば思い出すのは,3.11。
あの震災からもう8年がたとうとしていますが,
その影響,社会問題は,じつはまだまだ終わっていません。
つい,忘れたくなることではありますが,
自分の問題として,忘れないでいたい…。

ということで,3/10(日)15時~ 3/11(月)18時半~
「福島 生きものの記録」というドキュメンタリー映画の
上映会をいたします。

地震,津波,そして原発,核の問題については,
人間はもう自分の立場を決意する時にあると個人的には思っています。
でも,いろいろとわからないことも多い…。
いっしょに映画を見て,
それぞれの思いを共有する時間が持てたらと思っています。
学生さんも歓迎です。
お申し込みお待ちしています。
(席に限りがありますので,予約お願いします)

ファイル 481-4.jpg
関連の本もいろいろそろえていきます。
展示してある絵は,絵本『希望の牧場』(森絵都・作)の
絵を描いている吉田尚令さんの「おいでいっしょにいこう」。

核の問題,社会の問題は,人間だけの問題ではない…
という思いが伝わってきます。

ぜひ,見にいらしてください。

ページ移動