記事一覧

福島に行ってきました! 「日本児童文学」フェアも

2021.07.03 (土)

先日,福島に行ってきました。
編集長を務めている雑誌「日本児童文学」で,
この秋9-10月号で
「「伝える」を問い直す」という特集を組むことになり、
その中で,日本各地の「伝える」ための施設を紹介することになったためです。

北海道は,アイヌ関連の施設,
東北は,気仙沼の震災関連の施設,
また,福島の原発事故関連の施設,
関東では,足尾銅山,
それから,第五福竜丸関連,
九州からは,三池炭鉱や長崎,
そして沖縄では沖縄戦関連の施設。

この春からずっと,編集委員ができるだけ足を運び,
また,北海道や沖縄については詳しい方に情報をいただき,
当該施設とも連絡を取り合ったりして,
記事をまとめました。
「伝える」工夫とむずかしさ,
「伝える」とはどういうことか,
を考えるきっかけになる場所ばかりです。

ファイル 592-1.jpg

そのなかの一つとして,
先日,福島楢葉町にある
「ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマ伝言館」をたずねました。
こちらの施設は,この3月,原発事故から10年目に
宝鏡寺の敷地内に作られた資料館です。
宝鏡寺の早川ご住職は,40年にわたり,原発の危険性を訴え,
裁判などを続けてきたのですが,
2011年,とうとう原発事故が現実のものとなり,
楢葉町も避難区域となり,地域も生活もこわれてしまったといいます。
くわしくは
「むら人たちは眠れない―早川篤雄と原発の同時代史-」
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/reiko/social/common/pdf/20180709_01.pdf
というこちらの資料をぜひお読みください。

ファイル 592-2.jpg

小さな資料館ながら,福島原発事故を,他のさまざまな
放射能被害と合わせて伝えようとしている姿勢が明確で,
人間がこれから核とどうかかわっていくのかを問いかけられます。

核にたいして,だれがどのように責任をもつのかということも,
考えさせられました。
早川ご住職は,80歳をすぎても,なおお元気で,
ひとりでも多くの方に見に来ていただきたいとのこと。
「年中無休・見学自由!」とのことですので,
東北に行く機会がありましたら,ぜひ,訪ねて見てください。

ファイル 592-3.jpg
また,その後,近くの
「特定廃棄物埋立情報館 りぷるん福島」と
双葉町に昨年できました「東日本大震災・原子力災害伝承館」へ。
こちらは,どちらも国立の施設で,
まずその巨大さとテクノロジーを駆使した展示に圧倒されました。
映像,巨大パネル,模型,コンピューターゲームなどを駆使した,
ぴっかぴかの施設です。
しかし,伝承館では,津波被害と原発事故が混在して示されていて,
事故処理は,「福島イノベーション・コースト構想」推進の一環として位置付けられています。
原発事故で避難したという語り部さんのお話も,
いろいろともやもやするばかりでしたが,
議論できるような雰囲気ではありませんでした。
「りぷるん」や「原子力災害伝承館」では,
いったい何を伝えようとしているのか,
いやむしろ,何を隠そうとしているのか…?
もやもやもやもやしながら,帰ってきました。

ファイル 592-4.jpg
双葉町は,いまなお帰宅困難区域です。
周囲は,草木にのみこまれた無人の建物ばかり。
双葉駅も無人駅でした。

この春から夏にかけては,
他にも,大牟田や長崎,足尾銅山などに行き,
民族とは,戦争とは,近代化とは何なのか…
ほんとうにいろいろ考えました。

「伝える」ということは難しい。
「日本児童文学」9-10月号では,
そのことを,徹底的に考えてみます。
この号は他にも,俵万智さんの短歌,
ひこ・田中さん,工藤純子さんの短編,
安田菜津紀さんのフォトエッセイ,
そして,貴重な論考がならびます。

どうぞ,お楽しみに。

…と,そのまえに,
「日本児童文学」7-8月号もまもなく出ます。
こちらの特集は,「幼なじみ」。
これまた,おもしろい号になっています。
入荷しましたら,またご紹介いたしますね。

ファイル 592-5.jpg

5月から展示していました味戸ケイコさんの表紙原画も,
展示延長することになりました。
夏休み,8月末まで,「日本児童文学」フェアとともに,
コーナー継続しますので,
ぜひ,見にいらしてください。

6月は写真展「手賀沼の野鳥たち」お楽しみに!

2021.06.04 (金)

ファイル 590-1.jpg

6月になりました。
今年は,店のまわりの紫陽花も,やまぼうしも,
早々と色づいています。

今月6/23(水)~7/3(土)は
岩野勝祥写真展「手賀沼の野鳥たち」を開催します。
ひさしぶりの展示会で,とても楽しみです。

手賀沼は,なんといっても地元の憩いの場。
私も,休みの日には,よく歩きに出かけています。
そこにすむ鳥たち。

ぜひ,見にいらしてください。
※13時~18時 火曜定休

ファイル 590-3.jpg
関連で,鳥の雑誌「BIRDER」では,
今月は「コノハズクとアオバズク」の特集も。
うちのフーちゃんもアフリカオオコノハズクで,
いろいろと面白い記事があります。
ほかにも,鳥関連の本,集めていきたいと思います。

ファイル 590-2.jpg
合わせて,1階特設コーナーでの
味戸ケイコさんの「日本児童文学」表紙原画展も開催中。

味戸さんの絵の絵本や児童書もいろいろあります。
どうぞおみのがしなく。

ファイル 590-4.jpg
また,今年は,「環境危機」の問題,地球のエネルギーの問題,
…について考える本も特集していきたいと思っています。
2月~3月に写真展を開催した中村哲医師の活動も,
地球の環境危機の最前線の活動でもあり,
学ぶところはたくさんあります。

また,環境危機は,じつは,人間が抱えてきた
差別や格差,経済問題といった,さまざまな人間観・自然観と
かかわる問題でもあります。

環境危機と合わせて,今,人間は変わらねばならない時代に
さしかかっていると思います。

まさに,これからの当事者となる子どもさんにもわかる言葉で,
子どもさんといっしょに考えることのできる本が,
最近続々と出版されています。

本が,考えるきっかけ,ヒントになればと思っています。

5月になりました

2021.05.07 (金)

5月になりました。
が,相変わらずコロナの「まん延防止措置」の中で,
GWもなんとなく終わってしまいました。

ですが,ハックルベリーブックスは,
換気・消毒に気をつけつつ,ひっそり営業を続けております。

ファイル 588-1.jpg

今年は,中村医師の写真展も開催しましたが,
改めて,今,環境危機,資本主義経済の見直し,
人権意識の変化などなど,世界をよく考えなければならない時期に,
さしかかっていると思います。

世界を考える,世界を変える…そういうテーマを
子どもたちといっしょに考えられる本を,
集めていきたいと思っています。

ファイル 588-2.jpg

また,5月は,ふくろうのフーちゃんの誕生月。
去年は,ほとんど羽根が落ちなかったのですが,
今,ちょうど換羽期に入ってきて,
ちょっとボロッとしているフーちゃんですが,
11歳になって,ますます元気でおります。

ファイル 588-3.jpg

ふくろう雑貨も,いろいろ入荷しています。

週に1回くらいは店番していますので,
そーーと会いにきてくださいね。

ファイル 588-4.jpg

それから,今年から,店長奥山が編集長をつとめております
「日本児童文学」も5-6月号まで出まして,
味戸ケイコさんの表紙も,3号そろいました。

…ということで,
この今月半ばから6月末まで,
この味戸ケイコさんの表紙原画を展示し,
関連本といっしょに「日本児童文学」フェアも開催予定です。

どうぞお楽しみに!

編集委員とともに,考えて考えて,作りあげている雑誌です。
その編集部のブログにも,内容が紹介されていますので,
ぜひ,ご覧ください。


http://jibunkyo.main.jp/index.php/editorialstaff/archives/13

(ブログのタイトルをクリックすると,すてきな写真が出ます)

オンライン読書会「中村医師を知る本」も開催!

2021.03.28 (日)

3/28(日)は,「中村医師を知る本」について,
オンライン読書会を開催しました!
参加者は,6名で,中村医師の本を書かれた順にご紹介しながら,
2時間にわたり,それぞれの本について,語り合う事が出来ました。

ファイル 583-1.jpg

参加してくださったのは,地元柏の方だけでなく,
東京や遠くは福井にお住まいの,
作家さん,先生,国際支援活動をされている方,九条の会の方などなど。
それぞれの関心から,中村医師の本について感じたことを語っていただき,
もちろん奥山からも,それぞれの本の読みどころやおもしろさなどを,
熱く語らせていただいて,とても有意義なひとときでした。

中村医師の本の
・小説のような臨場感
・医師が形作られたいろいろな人のこと
・タリバンの印象など報道のうらがわ
・現地の人にとって必要なことは何かを考えること
・主義や立場をこえて,人と人がよりそうこと
・環境危機や原発など,これからの問題につながっていること
…など,いろいろな特色が見えてきて,
「自分に何ができるか」を考えさせてくれる力があることが,
改めて再確認できたように思います。

ファイル 583-2.jpg

中村医師の活動を継承していくためにも,
すばらしい本をたくさん残してくださってほんとうによかったと思います。
本屋としても,つくづくうれしいことです。

写真展は,31日も16時まで追加で展示いたします。
どうぞお見逃しなく!
そして,本もぜひ,手にとっていただければと思います。

中村医師・緑の大地写真展 第Ⅱ期スタート&ギャラリートーク

2021.03.26 (金)

3/21~30「中村医師・緑の大地計画」写真展 第Ⅱ期開催中です!

初日の21日14時~オンラインギャラリートークを開催しました。
今回のゲストは児童文学作家の濱野京子さんです。

ファイル 582-1.jpg
(↑濱野京子さん)

オープニングは,『天、共に在り』の冒頭を濱野さんが朗読。

ファイル 582-2.jpg
2009年夏、用水路事業がいよいよガンベリ砂漠に達するという場面です。
熱砂の中で必死に用水路を掘る人々、水が通ったときの喜び、
中村医師の文章は,その場面をいきいきと捉えています。

今回,濱野京子さんに来ていただいたのは,
2019年12月,中村医師が凶弾に倒れた直後のある会議からの帰り道,濱野さんが,この事件に大変ショックをうけていて,
じつは,中村医師の講演会を何度も聴きに行ったという話を聞いていたからでした。

私自身は,中村医師については,2000年代もほとんど知りませんでした。
しかし,このときの濱野さんの落ち込みようを見て改めて意識するようになり,
それから,いろいろなテレビなども見るようになって,
長野ヒデ子さんにすすめられ,今回の写真展をすることになったのです。

そのようなわけで,まずは,濱野さんから,
2000年代に参加した中村医師の講演会などの様子,
また,その中で印象に残っていることなどをお話いただきました。

ファイル 582-3.jpg
(↑奥山)

その後,奥山と濱野さんとで,中村医師の著作の中から,
印象に残った言葉を出し合いながら,
話をすすめていきました。

たとえば,濱野さんからは『辺境で診る 辺境から見る』の中から,アフガニスタンの干ばつの現状が「来るべき世界の破局の予告」かもしれないというくだり。
私もこの本の中の「アフガンに見る終わりの始まり」という言葉がとても印象的で,
中村医師のやってきたことは,まさに,今の「環境危機」を,
先取りしていたのだと改めて思いました。

ファイル 582-4.jpg
また,私からは,『医者、用水路を拓く』の中の,
用水路建設の紆余曲折、とくに,取水口を何度も改修したときの,
「移動島」方式の決死の作業のくだり。
ひとくちに用水路を作るといっても,ほんとうに複雑で,
かつ何度も洪水や土石流にみまわれては改修し,
その中で,考えをめぐらし,工夫をこらしていった過程が,
じつに臨場感ある言葉で記されています。
日本の江戸時代の水路を参考に,コンクリートで固めず,
改修しながら,地域の環境をこわさないで使える技術。
これもまさに,これからの世界を考えるヒントに満ちています。

他にも,『天、共に在り』のなかの,
立場や主義主張を超えた人々のつながりのこと,
『希望の一滴』のなかの,
「花を愛し、詩を吟ずる」その土地の文化のことなど,
いろいろな言葉について,語り合うことができました。

中村医師のこうした言葉を,
濱野さんは創作で,奥山は評論で,
うけとめ,自分なりに表現していくことができたら…と
思いを新たにしたように思います。

このところ,中村医師の本ばかり読んでいて,
たくさんの言葉に感銘を受けていたので,
思い切り語り合う事ができて,とてもうれしいトークでした。

今回のトークの録画を見たい方は,4/30まで,配信します。
メール megumiokuyama18@gmail.com まで,
お申し込みください。(400円)

ファイル 582-5.jpg

こうした中村医師の言葉をさらに共有するべく,
◎3/28(日)14:00~「オンライン読書会・中村医師を知る本」も
開催します。
こちらも,メールにて受け付け中です。

ひきつづき,原画展もぜひ見にいらしてください。
今のこの世界の中で,自分にできることは何か…,
たくさんの刺激を受け取ることができると思います。

ページ移動