記事一覧

恒例の決算報告、そのほか…

2017.03.07 (火)

3月になりまして,今年もぶじ,
確定申告を提出しました。
すでに恒例となっております
ハックルベリーブックスの決算報告。
今年は,申告して初めての黒字決算でした!
その額「123円」。うそみたいなホントの額です。

これまでも説明してきました通り,
ハックルベリーブックスの建物は持ち家なので,
ローンは多少ありますが,毎月のテナント料はありません。
それでなんとかやってこられたのですが,決算のときには,
その建物の「原価償却費」というのが,70万くらい計上されます。
それは,建物をたてるときにすでに払っている分ですので
請求されるわけではありませんが,
建物が老朽化していくのを見越した費用となります。

なので,毎月はなんとか赤字にならないようにやってきても,
決算書類上は,この「減価償却費」がのって,
結局,赤字決算というのがこれまででした。

それが,今年は,ようやく黒字。
つまり,「減価償却分」くらいはなんとか収益があったということです。
あいかわらず,生活していかれるほどの利益ではなく,
実際は,大学での講師などを兼業しながら生計をたてていますが,
それでも,おかげさまで,黒字になったのはありがたいことです。

振り返ってみると,昨年いちばん大きかったのは,
「ブックプレゼント」が増えたことです。
ファイル 390-1.jpg
ちょくちょく店には来られなくても,
こちらの選書を信頼して,本を送るこのサービスを利用してくださるお客様が,現在20件以上あります。
赤ちゃんから小学生,大人の方まで,
いろいろな方に毎月,あるいは隔月で本を送らせていただいて,
この分が,売り上げの安定した助けになりました。
この「ブックプレゼント」は,
ひとりひとり考えて送っているので,たくさんは無理ですが,
今年も,もう少し増えるといいなと思っています。

また,定期的に開催させていただいた原画展などの展示。
去年は,薮内正幸さん,あんびるやすこさん,
「飛ぶ教室」今江祥智特集のささめやゆきさん,
長野ヒデ子さん,「本まっちトークイベント」の
島田潤一郎さん,高橋和也さん,沼尻こうじさんと,
いろいろな方がトークやサイン会に来て下さいました。

さらに,「文学茶話会」「版画展」「絵本といけばなの世界展」
「本まっち柏」などなど,すっかり定着したイベントも開かれ,
たくさんの方が参加してくださいました。

また,昨年の今頃,契約していた取次さんが倒産し,
別の取次さんに移行したのをきっかけに,
本や雑貨の仕入れ率についても,できるだけよい条件
(できれば70%くらい)を追求してきました。
それも,少しは効果があったように思います。

ほんとうに,いろいろな方のご協力をいただいて,
また一年乗り切れました。
ありがとうございました。

*************************************

ファイル 390-2.jpg

さて,そんなわけで,今年も1月から,
いろいろなイベントを開催してきましたが,
2/12に開催した初の「アート茶話会」でとりあげた
島村洋二郎のことが,
とうとうNHKの「ファミリーヒストリー」に登場です!!

3/16(木)夜7:30~(NHK)

洋二郎の息子で,アメリカに養子に行ったまま
行方知らずとなっていた鉄さんのその後が,
いよいよ明らかに……?!
視聴者枠の10分くらいだそうですが,
ハックルベリーブックスもちらっと映るとか。
ぜひ,お見逃しなく!

ファイル 390-3.jpg
それから,昨年の6周年記念に作って好評だった
藍染のオリジナルTシャツとオーガニックコットンバック。
もと教え子の知人が染めてくれて,
地元柏の刺繍工房「縫―nui」さんで,ロゴの刺繍を入れてます。
世界でひとつだけの手作りのおもしろさ。
ぜひ,見に来て下さい。
2500円とお値段も手ごろ。藍染は丈夫です。

ファイル 390-4.jpg

そしてそして,3/19(日)~
「なかがわちひろ原画展」も近づいてきました。
充実の内容です。
3/20のなかがわさんのトーク&サイン会も残席わずかです。

どうぞおたのしみに!!
ファイル 390-5.jpg

「世界の子どもの本展」&フェア

2016.12.19 (月)

ファイル 378-1.jpg

ハックルベリーブックスでは,
年末年始に,2階ギャラリーにて,
「世界の子どもの本展」を開催します。
こちらの展示は,JBBY(日本国際児童図書評議会)が主催で,
世界各国を代表する児童書・翻訳書200冊以上を
いっきにお見せします。

また,2014年に国際アンデルセン賞を受賞した,
上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズや,
画家賞ホジェル・メロさんの絵本『はね』なども展示します。

奇しくも,来年は酉年ですので,
メロさんの『はね』にちなんで,
「ふくろう羽根ぬりえ」しおり作成コーナーも常設しますので,
年末年始のお散歩がてら,ぜひ,遊びにいらしてくださいね。

そして,最終日の1/7(土)15時~
翻訳家のさくまゆみこさんが
「見えない世界を子どもの本で見る」と題して,
講演にきてくださいます!
(満席となりました)

ファイル 378-2.jpg
1階の店の方では,この展示にちなんで,
鈴木出版の「この地球を生きる子どもたち」フェアをはじめました。
世界各地の子どもたちの現実を描いた
読み応えのあるシリーズは,なんと30巻。
そして,その第1巻は,すでにハックルベリーブックスでも
しばしばご紹介してきた『ヒットラーのむすめ』です。

北見葉胡さんの表紙絵が美しいこの一冊,
翻訳されたのは,まさに講演に来て下さる
さくまゆみこさんです。
その翻訳から本ができるまでについては,
ちょうどこの秋の「本まっちArt展」でも,
取材展示したところでした。

今回,そのときの展示の一部も,合わせて飾ってありますので,
ぜひ,じっくりとご覧ください。
1冊の本が生まれる軌跡と奇跡が,感じられると思います。

世界は,今,ほんとうに混沌としていて,
あちこちから,内戦や難民の悲しいニュースが届きます。
いえ,そもそも日本の各地でも,
福島や沖縄で,人々の平和な生活が踏みにじられています。

来年こそは,少しでも明るい地球になってほしい。
そのためには,まずは知ること,そして考えること。

そんな願いをこめた,展示&フェアです。

ハックルベリーブックスも6周年!

2016.10.11 (火)

ファイル 370-1.jpg

ハックルベリーブックスが開店したのは,
2010.10.10。
…ということで,この10/10でおかげさまで6周年!
長野ヒデ子原画展からOakWalkスタンプラリー,
そして,本まっち柏ウイークへと,とにかくイベント続きで,
6周年をゆっくりかみしめる間もなく,
日々は過ぎていきますが,
そんなふうに,忙しく,地域に根付いて活動できていることが,
なによりもうれしいことだと思っています。

とはいえ,何か記念を…ということで,
オリジナルTシャツの販売を始めました。
これは,知り合いのところでやっている藍染と
柏の刺繍工房「縫」さんのロゴ刺繍が,
どちらも楽しくてはまってしまい,
その組み合わせで作っています。
藍染の模様も,絞り方で偶然にできるものなので,
どれも,世界にひとつだけのTシャツ。
こういうのも,いろいろな縁で作れるものなので,
そういう感謝の気持ちを込めました。

よかったら,見に来て下さい。

ファイル 370-5.jpg
「縁」といえば,いよいよ今週末から来週にかけては,
「本まっちトークイベント」
「夜の本まっち」
「本まっちArt展~書物の縁~」
「軒先ブックマーケット 本まっち柏」と,
本まっち関連のイベントが続きます。

その内容を,「地域新聞」の記者さんが
とってもわかりやすくまとめて掲載してくださいました。

どれも,スタッフで話し合いながら春ごろから準備をしてきまして,
ほんとうにワクワクするような内容ばかりです。
そして,やはり本を通したいろいろなつながり,
いろいろな縁を感じる内容になっています。

こちらも,ぜひぜひ見に来てください。
参加してください。

ファイル 370-3.jpg
ハロウィンの本特集もやってます。

ファイル 370-4.jpg
ブックガイド特集もやっています。

読書の秋,散策の秋。
そして,ハックルベリーブックスの秋…になるといいな。

10月になりました! うれしいニュースです

2016.10.02 (日)

ファイル 369-1.jpg

「ビックイシュー」という雑誌を知っていますか?
イギリスのロンドンから始まった活動で,
雑誌を作り,ホームレスの方に販売してもらって,
その収入でホームレスからの脱出・自立を図るというもの。
この雑誌の日本版も,2003年から始まっています。
自分もホームレスになったらこの雑誌を売ればいい…と思うと,
なんだか人生も安心な気がしてきます。

こういう活動の目的もすばらしいことですが,
なんといっても,内容がおもしろい。
ワールドワイドな有名人へのインタビュー記事もあり,
経済や文化,いろいろな社会活動の情報もあり,
日本版では,雨宮処凛さんや東田直樹くんのコラムもあり,
ときどき,『ゲド戦記』のル=グウィンのインタビューや,
ムーミン特集,機関車トーマス特集といった児童文学関連の特集もあって,
私は,前々から愛読していました。

ファイル 369-2.jpg
その10/1号が,「率直と希望ーーいま、YA文学」という特集で,
そこになんと,ハックルベリーブックスの取材記事と,
私が選んだ日本のおすすめYA(ヤングアダルト文学)を8冊,
紹介させていただきました!

「ビックイシュー」は,活動としても共感し,
また,内容も大好きだった雑誌。
その雑誌に載せていただいて,うれしくてたまりません。

ファイル 369-3.jpg
とはいえ,この雑誌は,本屋などでは売られていません。
東京などのいろいろな町かどにいる販売員の方から買うことに
意味がある雑誌です。
ハックルベリーブックスでは,しばらく立ち読みコーナーとしますので,
ぜひご覧いただき,その中に,「販売場所」も載っていますので,
そこを通りかかったら,ぜひゲットしてください。
(比較的近い所では,お茶ノ水の聖橋口とか,御徒町の北口昭和通り付近とか…)
販売期間が過ぎても,バックナンバーも売ってますので,
「知花くららさん」が表紙の10/1号をぜひ。
この特集では,他に,金原瑞人さんや科学本のおすすめYAなど,
興味深い記事も満載です。

http://bigissue-online.jp/archives/1061716374.html

ファイル 369-4.jpg
さて,同じ10/1,柏では,
「柏をあるこうOak Walk」のスタンプラリーもスタートしました!
去年より参加店の数も増え,どこもすてきな個人店ばかりです。
しかも,お店をご利用いただいて3つスタンプを集めるごとに
特典がつきますので,
1日でも気軽に楽しめます。

先日,このスタンプラリーを企画したオリーブサロンのみなさんと
実際に町歩きをしたときの様子が,「リビングかしわ」の
特派員ブログにもまとめられています。
http://mrs.living.jp/kashiwa/shopping/reporter/2476470

2時間くらい,みんなでぶらぶら歩きましたが,
ほんとに楽しかったですよー。

ファイル 369-5.jpg
ハックルベリーブックスの特典は,
「サイコロくじ」で雑貨いろいろです。
レア雑貨もありますので,ぜひどうぞ。

マップは,参加店のほかに,パレット柏などでもゲットできます。

10/1で「長野ヒデ子絵本原画展」は終了しましたが,
また,いろいろ楽しいこともはじまってます!

ギャラリーおはなし会も開催♪

2016.09.24 (土)

長野ヒデ子絵本原画展も続いておりますが,
9/22(祝)3時~
原画に囲まれて,作品を楽しむ
ギャラリーおはなし会も開催されました。

ファイル 367-1.jpg

今回,絵本を読んでいただくのは,
わらべうたの木津陽子さん。
やさしく『おばあちゃんがおばあちゃんになった日』を読んでくださり,
ファイル 367-2.jpg

さらに京都出身の木津さんならではの関西弁による
『ひらがなにっき』も。
やわらない方言の響きで読んでもらうと,
あらためて,その内容が,じーんと胸にひびいてきます。

この日,参加してくださった姉妹の小学生さんは,
帰ってから,一つ目の話がよかった,いや2つ目のがよかった…と,
盛り上がっていたとか。

ファイル 367-3.jpg
この日は朝から雨でしたが,
レインスティックというすてきな音の楽器を奏でつつ,
わらべうたもいくつか歌ってくださいました。

おはなし会は初めての試みですが,
参加してくだる子どもさんの年齢に合わせて,
絵本を読んだり,わらべうたで遊んだり,
木津さんがやさしく対応してくださいますよ。

「ギャラリーおはなし会」は,
9/30(金)も,3時/4時半~の2回,開催します。
ちょっとぜいたくなひとときを味わいにいらしてくださいね。
(参加無料)

ページ移動