記事一覧

なかがわちひろさんトーク&サイン会!

2017.03.21 (火)

原画展もスタートし、3/20には,
作者のなかがわちひろさんのトーク&サイン会が開かれました。

ファイル 392-1.jpg
翻訳から絵本,幼年児童文学と,多彩な活躍をされている
なかがわさんにも,お聞きしたいことがたくさんあり,
今回も,店長奥山がいろいろと質問する形で,お話していただきました。

小学生で翻訳家を目指し(すごい!),
中学で早々に挫折するも(笑),
高校でアメリカに留学し,ブックイラストレーションの世界を知り、
東京芸術大学へ。しかし,どうもなじめないなか,
在学中から,「テアトルエコー」でコメディ脚本の翻訳を始め,
その舞台の生きた言葉の現場が,大きな修行の場であったこと。
一方,そんな青春の嵐に吹かれつつ漂着した図書館で,
ファージョンなどの子どもの本の深さに惹かれていったある日,
荻原規子さんのファンタジー『空色勾玉』に感銘をうけ,
思わず出版元の福武書店編集部へ電話をかけ,
その縁で,最初の翻訳書『ふしぎをのせたアリエル号』が
生まれたことなど、自由で元気な少女時代,青春時代のお話に,
なんだか楽しくなってきます。

そうして,関わることになった子どもの本の翻訳は、
作品を読みつくし、ひとつの言葉をみがいてみがいて,
異文化であってもどこかで共有できるという信頼を伝えることが
何よりよろこびであるとなかがわさん。
今回展示している『おすのつぼにすんでいたおばあさん』(ゴッデン作)はじめ,
『きょうりゅうたちのいただきます』(ヨーレン作,ティーグ絵)
『せかいでいちばんつよい国』(マッキー作)
『がっこうだってどきどきしてる』(レックス文・ロビンソン絵)
などなど,ほんとうにたくさんの素敵な作品を,届けてくれています。

ファイル 392-2.jpg
一方、『のはらひめ』『きょうりゅうのたまご』などの絵本は、
いくつかのひらめいたシーンから作品の骨となる「文」をつないでいき、
そこに豊かな肉や血や美しい肌となる「絵」を
ふくらませていくというような感じで作っているそうです。

また,『天使のかいかた』『カッパのぬけがら』などの
幼年児童文学は、「絵」と「文」を半々で組み合わせて,
絵本的ないろいろなしかけで読者を誘いながら,
最終的には,すこーし深いところに辿りついてほしいと思って
つくられているとのこと。
絵本が,たくさんの読者に開かれた遊び場であるとすれば,
物語は,やはりひとりの心に入り込んでいくような時間である
というお話が印象的でした。

さらに,『おたすけこびと』や『プリンちゃん』など,
自分とは違うものを持っている画家さんともコラボして,
作家・画家・編集者・デザイナー,みんなで会議を重ねて
一冊の本を作っていくことも,とても楽しいと,
まもなく出る『おたすけこびと』の新作ラフも紹介してくださいました。

他に,ノンフィクションの『クリとゴマ』のこと,
子どもの美術についての『おえかきウォッチング』のことなども話してくださいまして,
「子どもの興味」「子どもの願い」によりそって,
読者の心の解放区をいろいろな形で創り続けてきた
なかがわ作品の魅力が,ますます納得できました。

ファイル 392-3.jpg
…と充実のトークから休む間もなく,サイン会へ。

ファイル 392-4.jpg
会場はますます熱気につつまれ,お客様も子どもたちも,
長い列を待ちながらも,ひとりひとりに描いてくださる
かわいいサインに大喜びでした。

ファイル 392-5.jpg
さらに,最近恒例のガラスギャラリーにも,
なかがわ作品のおなじみのキャラクターたちを楽しく
描いて下さいました。うれしい!!

ほんとうに,長時間にわたり,ありがとうございました。
また,参加してくださったみなさまも,本当に
ありがとうございました!

原画展は,4/1まで,まだまだ続きます。

作品クイズや
なかがわさん描き下ろしの額絵の販売など,
原画展ならではの楽しみもいろいろ。

3/24.31(金)17:30~
「店長ギャラリー講座 幼年児童文学のたのしみ」も開催します。
トークで伺ったなかがわさんのお話も参考に,
児童文学について考え,語り合えたらと思います。
こちらは,まだ3~4人お席あります。
お気軽にご参加ください。

「なかがわちひろ原画展」スタート!

2017.03.18 (土)

ファイル 391-1.jpg
ずっと作品が大好きで,開店した頃から,
いつかは原画展をしたい…と思っていた
なかがわちひろさんの原画展が,いよいよ実現します!

3/19(日)~4/1(土)*水曜定休
毎日,1時~5時半まで開催しています。
(午前中から見られる日もあるので,イベントカレンダーを)

ファイル 391-2.jpg
みんな大好きの『のはらひめ』

ファイル 391-3.jpg
『きょうりゅうのたまご』などの絵本の他にも,

『天使のかいかた』『カッパのぬけがら』などの物語や,
野間児童文芸賞受賞の『かりんちゃんと十五人のおひなさま』,
ロングセラーの『これは王国のかぎ』(荻原規子作)の表紙など,
多彩な作品をご覧になれます。

ファイル 391-4.jpg
また,今回の原画展のために描き下ろしてくださった
『のはらひめ』や『天使のかいかた』にちなんだ額絵も
限定販売いたします。(15000円~)

ファイル 391-5.jpg
天使たちかわいい~♪
「里親がみつかるといいなあ」となかがわさん。

この額絵などの販売は,店にとっては,
イベントを開催する費用の助けにもなります。
そのこともあって,すてきな絵を描いてくださいました。
世界にひとつだけの絵。飾ったり,プレゼントにも。

会期中はイベントもいろいろありますし,
「なかがわ作品クイズ」に答えると,もれなく
ペンやオリジナルポストカードなどのプレゼントもさしあげます。

丁寧に描かれた原画は,見ているだけで元気が出てきます。
ホンモノに触れる体験は素敵です。
ぜひ,見に来て下さいね。

絵本といけばなの世界展

2017.02.27 (月)

ファイル 389-1.jpg

26日(日)~2階ギャラリーでは
「絵本といけばなの世界展」が開催中です。
ハックルベリーブックスで毎月行われている
「絵本いけばな講座」の成果が発表されるイベント。
毎年2月に開催してくださって,今年はもう6回目です。
子どもたちが年々大きくなっているのに,驚きます。

ハックルベリーブックスでも人気の
『バムとケロ』や『チリとチリリ』をテーマに活けた作品や

ファイル 389-2.jpg
ボブディランの『はじまりの日』や
平和憲法の大切さを描いた『あなたこそたからもの』,
また,楽しい『おしりたんてい』『はらぺこあおむし』などなど,
30作近い絵本&いけばなコラボ作品が並び,毎年圧巻なのです。

ファイル 389-3.jpg
戸祭先生ゆかりの「くみぱうんど」さんのケーキや,
「ぱんごはん」さんのベーグルも,
作品のイメージにちなんだ特別バージョンで販売。

ファイル 389-4.jpg
また,展示絵本のよみきかせとアコーディオンの演奏で,
作品への興味がさらに増します。

とにかく,毎年,子どもたちも含め,企画されるみなさんの熱意と,
美しい草花の力,絵本の力に,心打たれます。

ファイル 389-5.jpg
きのうは,フ―ちゃんもひさしぶりに店番。
たくさんの方と会って,ちょっとびっくりしたのでしょうか,
家に帰ってから,ぐっすりでした。

「絵本といけばなの世界展」は,27日(月)5時半まで開催。
どうぞお見逃しなく!!

今週末のおたのしみ♪

2017.02.21 (火)

今週末2/26(日)・27(月)は,恒例となりました
「絵本といけばなの世界」展が開催されます。
毎月の「絵本いけばな講座」の成果となる
すてきな絵本といけばなのコラボ作品を展示します。

ファイル 388-1.jpg
(去年の作品です)

読み聞かせとアコーディオン演奏や
ベーグル・パウンドケーキの販売など,
主催の戸祭さんゆかりの,楽しいイベントもあります。

ファイル 388-2.jpg

また,おなじ2/26(日)1時~5時は,
パレット柏にて,
「春のまちカレ図書館まつり」も開催。
街のあちこちに小さな図書館を作っていこうという活動を
みなさんに知ってもらうイベントです。

ファイル 388-3.jpg

おはなし会やわらべうた,
本語りなどのイベントもあります。
本の貸し出しもいたします。

「ハックルベリーブックス文庫」からも,
厳選貸し出し本を並べます。

こちらも,ぜひ顔を出してください。

ファイル 388-4.jpg
ハックルベリーブックスでは,
ちょっと街に出てみたくなる本もいろいろ入荷。

春はもうすぐ,と感じます。

どいかやさん,トーク&サイン会♪

2017.02.06 (月)

ファイル 386-1.jpg

2/4(日)「ひまなこなべ」絵本原画展も最終日となりましたが,
どいかやさんのトーク&サイン会が開かれました。

トークイベントでは,絵本を描き始めたきっかけや,
絵本作りの修業の頃,また,
デビュー作『チップとチョコ』シリーズから,
人気作品『チリとチリリ』シリーズなどを
ふりかえりつつ,絵本を作っていく中で,
自然や動物への思い,
紙へのこだわり,
そして,先住民族などの生き方の学びの中で,
今回のアイヌの昔話『ひまなこなべ』へと至った変化を
語ってくださいました。

『ひまなこなべ』は,どいさんみずから,
読んでくださいまして,作品の世界にひたりつつ,
身の周りのものすべてに神が宿っていると考え,
めぐる命の中で,ていねいに生きたアイヌ文化についても,
あらためて共有することができたように思います。

ファイル 386-3.jpg
(どいさん紹介のアイヌの道具類)

今回の絵本を作るにあたっても,長年のアイヌ文化の勉強や,
もとになった昔話を集められた故・萱野茂さんの
ご親族の方との出会いややりとりなど,
じっくり時間をかけられたというのが,本当によくわかり,
そうした丁寧な本づくりが,
今回の素敵な絵本に結実したのだとつくづく感じました。

ファイル 386-2.jpg
トークのあとは,サイン会。
お客様おひとりおひとりと話されながら,
かわいい絵を添えたサインを描いてくださいました。

ファイル 386-4.jpg
会場には,毎月ハックルベリーブックスで開催されている
「絵本いけばな講座」の戸祭先生から,
「こなべ」に活けたすてきな花も寄せられました。

どいさんからも,「ステキなお客様に出会えて」
ほんとうにうれしかったと言っていただいた,
楽しいサイン会となりました。

ファイル 386-5.jpg
帰りには,店のドアに,
かわいいかわいい「チリとチリリ」&「ひまこな」クマの神様の
絵を描いて行ってくださいました。

原画展は終わりましたが,
オリジナルポストカードやサイン本,
また,描き下ろしの額絵(12000円~20000円)も
もう少し残っています。
春を呼ぶようなすてきな作品です。
どうぞ,見にいらしてくださいね!

ページ移動