記事一覧

電子書籍評論集『多層性のレッスン』よろしくおねがいいたします!

2022.09.15 (木)

ファイル 632-1.jpg

今年の4月に電子書籍として出版いたしました
店長奥山の評論集『多層性のレッスン』(りょうゆう出版)。

購入いただいた方から、SNSなどで、
うれしい言葉をいただいています。

・細江 幸世さん
「購入しました。いままでコピーを保存して読んでいたのでまとまってうれしいです。子どもの本や絵本の世界、紹介はあっても批評が成立していませんものね。貴重です。」

・令丈ヒロ子さん
「奥山恵さん、児童書評論集。多層性という観点で、絵本からYAまでの幅広い読者層の児童書をみる。今まで意識しなかった読み方で、とてもおもしろく、読後、頭が整理されて、すっきりしました。」

・Yamanaka Toshiyukiさん
「カバーデザインをお手伝いした電子書籍。人はどんな感覚で世界(レイヤー)と接しているか? 自分が生きているがんじがらめな日常というレイヤーから離れ、なんでも「多様性」という言葉でくくられてしまいがちな世界(隣人)をこれまでとは違う視点、感覚で捉え直すことができる。あらためて絵本や児童文学を読み返してみたくなる一冊です(昔、武蔵野美術大学文学部絵本研究会というのをやってたので、なおさらw)。
学生の頃、絵本や児童文学の評論などで読み解かれていた子どもの感覚・反応について、ずっともやもやした思いがありました。「大人の勝手な解釈だろう?」みたいな。そういう思いがあったことを絵本などを読むことから遠ざかり、すっかり忘れてしまっていたわけですが(笑)、この本を読ませていただき解消したような気がします。子どもたちに日々本を売る現場にいるからこそ書ける多層性は、違和感なくすっと入り久々にぞくぞくしました。」

・Yumiko Watanabeさん
「おすすめの本を紹介させてください。
多層性という言葉をご存知でしょうか。
多様性ではなくて、多層性。
私はこの本で知りました。
〈多様性〉の大切さは理解しようと思っていながらも、
なんとなく収まりきれなかったモヤモヤがあったのです。
が、これを読んで
そうか、これだったのかっ!!〈多層性〉という思考が必要だったんだ!と思いました。
読みはじめるまでは、多層性って???という感じでしたが
著者は、この思考を、馴染みの絵本や児童文学で試してくれていて、読んでいるうちに〈多層性〉を捉えられ、絵本の新しい理解が進みました。
読みたい本が増える(笑)素晴らしい書籍紹介の本でもあります。
多層性の思考はいろんなことに応用でき、多層性の思考を取り入れてみると、多様性に行き詰まりを感じる部分を解決するのではないかと思います。
この思考が広く知られるといいなと思い、ぜひ読んでみていただきたいと紹介させていただきました。
ちなみに、この本は『こどもの本』という雑誌の連載をまとめた一冊です。
10年前からこの視点で連載していたというから先見性に驚きです。
電子書籍にて購入できます。
私はこの本のためにアプリを入れて購入しました。
電子書籍ってとても手軽ですね。
それも新しい発見と楽しさがありました。」

ほかにも、初めて電子書籍を買ってみたという友人は、
電車の中とかで、ぼちぼち読んでいるよ~とか。
知っている作品だけど、ぜんぜん違う読み方を知った~とか。

ほんとうにうれしい限りです。

が!
じっさいのところ、まだ50冊くらいしか売れてはいないようで、
やはり、電子出版のむずかしさも感じています。
とはいえ、評論などは、なかなか紙の本にはなりませんので、
これもひとつのチャレンジです。

以下のリンク先から購入できます。

・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B09Z1ZRRDC

・楽天kobo
https://books.rakuten.co.jp/search?g=100&sitem=7314287000002

・Apple
https://itunes.apple.com/jp/book/id1621412944

そのほかのhonto、紀伊國屋などでも購入できます。
ぜひ、よろしくお願いいたします。