記事一覧

文学茶話会 鳥の本をたのしむ

2018.05.15 (火)

5/13(日)のハックルベリーブックスの文学茶話会。
今回のテーマは「鳥の本をたのしむ」です。

まずは,参加者みなさんから,おすすめの鳥の本を持ち寄り,
ブックトーク。
ファイル 445-1.jpg

今回,みなさんが持ち寄った鳥の本です。

ファイル 445-2.jpg
お茶を飲みながらの茶話会。今回のおやつは,
鳥の気持ちになって,穀類クッキーや,フルーツケーキなど,
いろいろな実をついばみつつ…。

ファイル 445-3.jpg
そして,後半は,柏の鳥はかせ・柴田佳秀さんが,
トークゲスト。
テレビの科学番組制作の仕事から,
科学ジャーナリストとして,鳥の本を書くようになった経緯,
鳥の魅力を伝える書き方など,いろいろお話を伺いました。

専門家として正しい情報を伝えるのはもちろんですが,
それを,わかりやすく,かつ楽しく伝える工夫。
最新作の『カラスのジョーシキってなんだ?』(子どもの未来社)も,
カラスが語るというユニークな科学本です。
ファイル 445-4.jpg

また,持ち寄った本についても,
カラスって,なぜかくちばしが黄色く描かれるとか,
白鳥は,大男の肩には留まれないとか,
「ここがへんだよ鳥の本」という話もおもしろく,
動物や植物に対して,いかに人間が思いこみで見ているか…
あらためて考えさせられました。

くしくも,この日は,ハックルベリーブックスの
ふくろうのフ―ちゃんの8歳の誕生日。
ファイル 445-5.jpg

最後は,フ―ちゃんとの記念撮影。
そして,この一年で抜けた風切り羽根をお土産にお持ち帰りいただきました。

文学茶話会,鳥の本シリーズは,
6/24に2回目も開催します。
この日のトークゲストは,「宮澤賢治と鳥」という本を書いている
国松俊英さん。
まだ少しお席ありますので,ぜひどうぞ。