記事一覧

文学のピースウォーク原画展・イベント2つ

2018.01.07 (日)

ファイル 426-1.jpg
年末年始に開催しました「文学のピースウォーク原画展」。
5日の夜は,「店長の児童文学講座~これでいいのか?戦争の本」を
開催させていただきました。
よく知られている絵本『かわいそうなぞう』は本当に感動する絵本なのか?
…というあたりを中心に,戦争児童文学について話させていただきましたが,
みなさん熱心に聞いてくださいまして,うれしかったです。

ファイル 426-2.jpg
こちらからの話だけでなく,みなさんからも,
「『かわいそうなぞう』は,8/15にラジオで読まれたりしていて,
なんとなくいい絵本と思っていた」
「戦争をテーマにした場合,わかりやすさに流れず,
ざわざわした気持ちをもっと大切にしたい…」など,
いろいろな意見が出され,
私の方も,たくさんの発見がありました。

新たにわかったこともあるので,この店長講座は,
ぜひまた,3月にもやりたいと思います。

ファイル 426-3.jpg
それから,6日の午後は,
「しるしる憲法ワークショップ」。
進行してくださるファシリテーターさんにより,
「マイ憲法ミニブック作り」や
「憲法占い」
「絵本の読み聞かせ」
などなど,充実のワークでした。

ファイル 426-4.jpg
ふだんあまり読まない憲法を,
あらためてみんなでじっくり読んでみると,
身近な生活,安全で楽しく自由な生活に,
憲法のいろいろな条文がかかわっていることがわかります。

よく,「現実に合わないから憲法を変える」と言われますが,
憲法は「理想」。すてきな言葉で書かれています。
その「理想」が、複雑で利害のうごめく、
また軍事や暴力に満ちた「現実」に合わなくてあたりまえ。
国の現実的な動きを、「理想」にてらしてチェックできなくなったら,
小さなひとりひとりは,おしまいです。

参加してくださったみなさんを通して,
このワークは,さらにいろいろな場で広がっていきそうです。

ファイル 426-5.jpg
こうしたイベントのときは,温かい紅茶やコーヒー,
おいしいお菓子を食べながら……。

今回,2つのイベントも満席で,
たくさんの方が集まってくださいましたが,
それだけ,平和への関心が大きいことを感じます。
そして,もっと気軽に,「まずは知る」「ちゃんと読む」ことから
始めればいいのだと改めて思いました。

「文学のピースウォーク原画展」,
次は,3/18~4/1,しつこくVol.3として開催します。

3/27(火)14:00~小澤俊夫さんのギャラリートーク

3/30(金)18:00~濱野京子さん×西山利佳さんの公開おしゃべり

3/31(土)11:00/13:30~ フルートと絵本の春のコンサート~平和をねがって~

ほかにも,また,店長の児童文学講座などもやります。

ぜひ,春の予定に入れておいてください。