Calendar

<< 2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

手づくり絵本展&長野ヒデ子さん『ラブレター』原画展

2017.12.13 (水)

ファイル 423-1.jpg
ハックルベリーブックスでは,2年ぶりの
「手づくり絵本展」が開催中です。

おはなしから,絵,装丁まで,
一つ一つ丁寧に作られた「手づくり絵本」。

ファイル 423-2.jpg
展示の空間もすてきで,
みなさん,絵本をゆっくりじっくり読み入っています。
子どもたちの作品もあります。

ファイル 423-4.jpg
18日(月)まで無休。
11時~18時。
暗くなってからも,すてきです。

ファイル 423-3.jpg
また,今回は,ちょうど主宰の小林征子さんの詩集
『あなたへのラブレター』(コールサック社)ができたところで,
この詩集の装丁と絵を手がけた
絵本作家の長野ヒデ子さんの原画も展示させていただいています。

ファイル 423-5.jpg
詩集の挿し絵が,とってもかわいく額装されて,
一部販売もしています。
(なんと10000円!)

クリスマスの特別なプレゼントにも素敵です。
数に限りがありますので,ぜひお早めにどうぞ。

絵本展と原画展,ぜひ見に来て下さいね♪

12月のおたのしみ♪

2017.12.03 (日)

12月になりました。
ほれぼれするような美しいクリスマスの本。
きらきらした雑貨。

店の中は,なんとなくはなやかな季節です。

2階ギャラリーでも,いろいろとたのしいイベントが。

ファイル 422-1.jpg

まずは,12/13(水)~18(月)
「手づくり絵本展」
毎月,ハックルベリーブックスで勉強会をしているグループの
2年ぶりの展示です。

世界でひとつだけの,お話も,絵も,装丁もオリジナルの
手づくり絵本の世界をお楽しみください。

ファイル 422-2.jpg
また,12/23(土)~25(月)は
10月以来の「フェアトレードの日」を開催します。

24.25日の14:00~16:00は
ヘルマン・ハープのクリスマスソング演奏もあります。
紅茶の試飲をしながら,ちょっとのんびりしませんか?

お買い物で世界を変える活動に,ご参加ください。

山梨でのトークイベント

2017.11.25 (土)

ファイル 421-1.jpg

11/23は,店の方は臨時休業にさせていただきまして,
日本児童文学者協会の研究部の連続トークイベント2回目で,
山梨甲府に出かけてきました。

ファイル 421-2.jpg

今回は,研究部のメンバーのひとり山梨の大学にお勤めの
井上征剛さんのコーディネートで,
音楽会などを開催しているすてきなサロンでのトーク。
地元の同人誌の方や学生さんなども集まってくださいました。

ファイル 421-3.jpg
今回のトークゲストは,翻訳家の野坂悦子さんと,
作家の濱野京子さん。

野坂さんはオランダの児童文学をたくさん日本に紹介してくれていますが,
『いつもいつまでもいっしょに』や,近作の『100時間の夜』など,
さまざまな社会問題をかかえる世界を舞台に,
それでも,大人たちと対等にやりあう子どもたちの姿が斬新です。

一方,濱野さんは,近未来の紛争を描く『すべては平和のために』や
子どもたちの原発談義が鋭い『石を抱くエイリアン』など,
やはり,社会の問題に目を開かせてくれる作品をたくさん書かれています。

今回のテーマは,「社会と児童文学」,
児童文学は社会にどうコミットしているのか,というところが中心で,
お二人からいろいろなお話をじっくり聞くことができました。

このトークのエッセンスは,また,フリーペーパーにまとめて,
広めたいと思います。どうぞ,お楽しみに。

(ちなみに,この連続トーク一回目の,
新藤悦子さん×陣崎草子さんのお話をまとめたフリーペーパーは,
ハックルベリーブックスでも,配布中です。)

ファイル 421-5.jpg
ハックルベリーブックスも,
社会とつながる児童文学を意識しつつ,いろいろなイベントをしてきましたが,
秋に開催した充実の「文学のピースウォーク」原画展は,
この年末年始と,来年春休みに,ひきつづき開催決定しました。
イベントも企画しています。

社会とか,戦争とか,平和とか…なんかむずかしそう…,
政治の話はちょっとタブー…という雰囲気が,日本にはありますが,
子どもの本をひとつのきっかけに,
ときには,じっくり話し,考え,行動したい。

ファイル 421-4.jpg
11/28(火)には,こういう会にも呼んでいただき,
話題提供させていただく予定です。
おしゃれ~なポスターがうれしいですね♪
というか,どの本も美しい。
クリスマスや年末年始の楽しみは楽しみとして,
こういう語り合う時間も,また大切にしたいと思います。

楽しく美しく社会を考える…というより,
社会を考えることが,楽しく美しいことであってほしいですよね。

年末に向けて…

2017.11.18 (土)

ファイル 420-1.jpg

店の中は,いよいよクリスマスモ―ドになってきました。
アドベントカレンダーも残り少なくなってきました。

ファイル 420-2.jpg
クリスマスに飾りたい雑貨や贈りたい雑貨なども
いろいろ入荷しています。

ファイル 420-3.jpg

毎年恒例のフェアトレードチョコレートも。
また,着物などのときにも重宝する
オーガニックコットンの藍染バックもそろっています。

ファイル 420-4.jpg
厳選の来年のカレンダーも,少しずつ入ってきました。
ふくろう,バムケロ,滝平二郎切り絵,岩合どうぶつ…などなど,
プレゼントにもできるおすすめカレンダーです。

ファイル 420-5.jpg
そんな年末モードの中,本格的な絵本論も入荷。
著者の灰島かりさんは,『負けないパティシエガール』など,
すてきな作品や絵本などの翻訳もされていましたが,
昨年,亡くなってしまいました。

この絵本論は,私が編集委員をやっていた,
「日本児童文学」という雑誌に連載してくださったものをもとに
まとめられたものです。貴重な遺作です。
灰島さんとは,ある大学の講師として,時々お会いしていて,
絵本の授業をされていた灰島さんに,
「じっくり連載を書いてくれませんか?」とお願いしたところ,
「やってみます!」と元気に応えてくださったのです。
今,思えば,あまり体調もよくなかったのかもしれませんが,
1年間,渾身の連載を続けてくださいました。

その本が,ようやくまとまりました。
ご注文,承ります。
ぜひ,どうぞ。

11月になりました★

2017.11.01 (水)

ファイル 419-1.jpg

あっという間に,11月。
今年も残すところ,あと2カ月です。

10月は,「二人展」や「イラスト&カフェ」や「版画展」など,
いろいろな方が2階を使って催しをしてくださいました。
また,7周年のフェアトレードカフェや,本まっち柏などもありましたが,
お天気の方は,雨続き,台風続きで,
店としても,ちょっとつらいものがありました。

ですが,その雨の中,柏1小の1年生たちが,
店探検に来てくれて,いろいろとかわいい質問をしてくれたり,
そのときに店を知った子どもさんが,
お母さんと本を買いにきてくれたり…。
こういうことも,うれしいなあと思います。

ファイル 419-2.jpg
また,すでにお知らせしている通り,
10月には,店長奥山が,20年ぶりに歌集『窓辺のふくろう』を
出版することもできました。
細々と続けてきた短歌ですが,この独特の詩形も,
なかなかおもしろいものです。

11/12(日)14時~
この『窓辺のふくろう』ともう一冊望月孝一歌集『チェーホフの背骨』と
2冊の合同批評会を開催します。
豪華ゲストは,歌人の坂井修一さん,米川千嘉子さん,
そして,児童文学の翻訳もしている松村由利子さんです!
この2冊をサカナに,短歌のおもしろさや,
魅力を知っていただけたらうれしいです。

まだ,若干お席ありますので,
詩歌に興味のある方,歌集読んでなくても大丈夫です。
お気軽に,お申込みください。

ゲストのみなさんや,
『窓辺のふくろう』の表紙を描いてくださった北見葉胡さんの本も,
特集しています。
表紙原画も展示しています。
かわいいフ―ちゃんの絵,見に来て下さい。

ファイル 419-3.jpg
店のほうでは,毎年人気の,アドベントカレンダーも
たくさん入荷しています。

ファイル 419-4.jpg
クリスマスの本や雑貨も,並べ始めています。

今年もあと2カ月…。
ていねいに生きていきたいなとしみじみ思っています。

ページ移動