記事一覧

「日本児童文学」那須正幹さん追悼号

2022.03.09 (水)

ファイル 613-1.jpg

昨年7月に急逝された那須正幹さん。
ハックルベリーブックスにも、
「ズッコケ三人組 平和を語る」と題して、
トークイベントに来てくださったこともありましたが、
今、編集長をしている「日本児童文学」でも、
追悼号を編むということで、去年の夏から、
ずっとずっと準備をしてきました。

その追悼号が、ようやくできあがりました!
表紙は、「ズッコケ三人組」シリーズで、
前川かずおさんの後を継いで、絵を担当されてきた高橋信也さん。
那須さんのやさしい笑顔と、子どもたちの姿が、
なんとも温かい。最初、この表紙が届いたとき、
まず「わあ!!」と思いました。

その後も、それぞれに思いのこもった論考やエッセイ、
いろいろな画家さんからの絵手紙や、追悼短歌などが届くたびに、
胸があつくなりました。

私も、「ズッコケ三人組」についての座談会の司会をしたり、
年譜や本の資料を作ったり、いろいろやりました。
校正も何度もやり、全体を読み通すたびに、
じーんときていました。

それが、ようやく形になり、ホッとしています。
自分が編集長のときに、追悼号を編むということになってしまった
不思議なめぐりあわせではありますが、
那須さん、空の上で喜んでくれるかな…。
そんなことをずっと考えてきました。

編集委員やご協力いただいたたくさんの方々のおかげで、
力のこもった一冊になったと思います。

ファイル 613-2.jpg
そして、あらためて、那須作品は、
おもしろくて、よみやすくて、それでいて深い。
そのことを、実感しました。
広島生まれの那須さん、今の世界の状況を見たら、
何と言っただろうと考えます。

ハックルベリーブックスでは、那須さんの本もいっしょに、
追悼号も販売中!!

ぜひ、手に取っていただければと願っています。