記事一覧

「日本児童文学」9-10月号もでました!

2021.09.18 (土)

ファイル 596-1.jpg
店長奥山が編集長をつとめる雑誌「日本児童文学」,
ようやく4冊目となる9-10月号がでました。
今回のテーマは「「伝える」を問い直す」。
戦争,原爆,核,ホロコースト,差別…といった,
重い遺産もふくめて,子どもたち(大人も含め)に何かを
伝えていくことは大切でもありますが,
同時に,むずかしいことでもあります。

耳障りのいいことは広まっていきますが,
本当に伝えるべきことが,じつは隠されていたり,
「伝える」こととフィクション性が複雑にからみあっていたり…。
今回の号は,そのむずかしいテーマにいろいろな角度から挑みました。

ファイル 596-2.jpg
また,今号にフォトエッセイを寄稿してくださった安田菜津紀さんは,
10/31に日本児童文学者協会の公開セミナーで講演されます。
短編を寄せてくださったひこ・田中さん,工藤純子さんも,
同セミナーでシンポジウムのパネラーです。
シンポジウムでは,他に,ハックルベリーブックスでおなじみの
濱野京子さんと,
いっしょに編集委員をされている指田和さんも参加されます。

こちらのセミナーは,オンライン視聴もできます。
現在申し込み受付中です。
(どなたでも参加できます)

ファイル 596-3.jpg
今年になって出た「日本児童文学」もいっしょに,
関連本もあつめたコーナーも,ますます充実しています。

ぜひ,雑誌を手に取っていただき,
その中の記事をきっかけに,さまざまな児童文学作品も,
手に取っていただけるとうれしく思います。

また,10/12(火)18:30~,
「日本児童文学」を読む会も開催します。
ホスト 奥山
ゲスト 相川美恵子さん(評論家・編集委員)
お申し込みは,メールにてどうぞ。
ご参加お待ちしています(^^♪

ファイル 596-4.jpg

2階ギャラリーでは,
いよいよ9/21(火)~27(月) 10:30-18:00
海津研さんの個展がはじまります。

海津さんによる宮澤賢治の世界を,ぜひ味わってください。

こちらも,
9/23(木・祝)14:00-15:30
オンラインのギャラリートークをいたします。
お申し込み,お待ちしています。