記事一覧

滋賀県 大津・守山・八日市の旅 ③

2019.01.22 (火)

そして,22日午後は,
さらに電車を乗り継いで,いよいよ八日市図書館へ。

ファイル 475-1.jpg
「絵でつなぐ戦争と児童文学原画展」は,
図書館の2階のオープンスペースとギャラリーで,
開催されていました。

ファイル 475-2.jpg
メインとして展示されているのは,
那須正幹さん,西村繁男さんの
『絵で読む 広島の原爆』の原画。
こちらは,初めて拝見しましたが,
西村さんの渾身の絵に,改めて圧倒されました。

ファイル 475-3.jpg
そして,昨年ハックルベリーブックスで開催した
「おはなしのピースウォーク」
「文学のピースウォーク」シリーズの原画の展示。

ファイル 475-4.jpg
20日には,このシリーズの『少年たちの戦場』も書かれた
那須正幹さんの講演も,満員だったそうです。
こうして,巡回展示をしていただいて,
ほんとうにうれしく思いました。

こちらの図書館でも,原画展の責任者の山梶さんが
丁寧に案内してくださいまして,
30年の歴史の中で,
いろいろと工夫のある図書館であることも感じました。

とくに,地元の「人と自然を考える会」とのつながりで,
オーガニックコーヒーが味わえるミニカフェがあったり,
ファイル 475-5.jpg
(地元の陶芸家さんのカップが選べます)

廃棄本や寄付本の古本販売コーナーがあったり,
地元の作家さんの絵や写真の「額」の貸し出しがあったり,
あまり他で聞いたことのないユニークなとりくみが新鮮でした。

こちらも,やはり,地元密着,市民とともに育ってきた図書館というのが,よく伝わってきました。

守山も,八日市も,図書館が街の人や店とつながり,
自然とつながり,大切な場になっているのを感じます。

田園に小山,湖に古い街道…。
短い時間でしたが,近江の魅力を感じることのできる旅でした。