記事一覧

小澤俊夫さん,ギャラリートーク!

2018.03.30 (金)

ファイル 438-1.jpg

3/27(火)14時~
昔話研究家の小澤俊夫さんが,
ギャラリートークに来て下さいました!

ファイル 438-4.jpg
小澤俊夫さんは,今回の「ピースウォーク」シリーズの1冊,
『幽霊少年シャン』(高橋うらら・作 黒須高嶺・絵)の
解説を書いてくださいました。

小澤さんは,1930年,満州の長春で生まれ,
5歳で奉天,その後北京と,
日本が侵略戦争をやっていた中国で,
子ども時代を過ごされました。

その経験から,『幽霊少年シャン』に描かれている,
当時の日本の加害の事実について,
共感的に解説にまとめてくださっています。

この日も,子どもの頃に陸軍病院に慰問に行ったとき,
入院していた軍人たちが,てがら話のように,
中国の民間人を殺した話,毒ガスを使った話,
捕虜を川辺で殺した話,慰安所の話などをしていた記憶を,
話してくださいました。
子ども心に「それは普通だったら犯罪ではないか」と思っても,
戦争中だから,その気持ちは封じ込めて聞いていたということです。

しかし,そういう軍人たちも,生き残って帰ってくれば,
「愛する夫」「愛する息子」であり,
軍人として何をしていたかは話さない,話せないまま。
戦後の日本はその歴史を忘れて,戦争観を作ってしまったのだと
実感的に語ってくださいました。

ファイル 438-2.jpg
それに比べて,グリム研究などで何度も訪れたドイツは,
ナチス時代のユダヤ人収容所跡など,国の罪の部分,恥の部分を,
きちんと残して,伝えようとしてきたこと,
日本は,原爆ドームは残しても,慰安婦のことや加害の歴史は
認めようとしない,これでは国際的に信用されないと,
語られました。

弟の征爾さんが,戦後初めて中国に招かれて指揮をしたとき,
同行した小澤さんは,「これは贖罪の旅のつもりだ」と征爾さんに話すと,
「自分も同じ気持ちだ」と言ってくれたそうです。
うれしかったとおっしゃっていました。

加害の歴史をみとめ,きちんと謝るということは,
精神が強くなくてはできないこと。
なんとなく,まわりを思いやって,
「空気を読む」日本の弱さは,
戦争中の「長いものにはまかれろ」という雰囲気と同じ。
今の日本は,またずるっと戦争の方に流れていく
瀬戸際にあると,強く語られました。

シンプルでクリア―な文体で,
人間の生き方,若者の育ち方など,基本的なことを語り伝えてきた
昔話も「重要伝承文化財」であるというお話。
それに対して,歴史をごまかし,周りに合わせて言い変えてしまう
世の中の雰囲気。比べつつ,考えたいと思いました。

ファイル 438-3.jpg
それにしても,今年88歳になられる小澤俊夫さん。
この日も,ひとりでさらっといらして,
時間ぴったりで講演され,
「~だぜ」という「チョイワル」語尾もかっこいい,
ほんとうにすてきな方でした。
そして,サイン会では,ひとりひとりと気軽にお話し,
写真もとってくださって,大人気でした。
握手して,さっそうと帰られたあとは,
私もしばし興奮さめやらずの一日でした。

小澤さんは,今も「昔話大学」などを続けるかたわら,
「昔あったづもな通信」として,
社会についての発信ブログも書かれています。

http://mukashiattazumona.blog.fc2.com/
とても参考になります。
小澤俊夫さんの丁寧な解説のついている
『幽霊少年シャン』も,ぜひ,読んでみてください。
加害の歴史をふまえつつ,それでも,ユーモアと,
日本人と中国人のつながりがある,
貴重な物語になっています。