記事一覧

銀河鉄道ナイト 開催されました♪

2017.08.29 (火)

ファイル 410-1.jpg

8/27 17時~「文学のゆうべ」今年さいごの
「銀河鉄道ナイト」を開催しました。

ファンタジー作家の芝田勝茂さんが,
「10代からよめる日本名作」シリーズで
宮澤賢治の難解な「銀河鉄道の夜」をリライトしたのですが,
そのときに気づいたことがたくさんあり,
ぜひハックルベリーブックスで「語らせて!」と
ありがたいリクエストをいただいて,実現したのです。

ファイル 410-2.jpg
それだけあって,芝田さんのマシンガントーク,
一時間があっという間でした。

「銀河鉄道」といえば,自己犠牲のカンパネルラや,
主人公のジョバンニのうらで,なんとなく見過ごされている
いじわるな少年ザネリ。彼の存在に注目しつつ,
作品世界と明治以来の「村」のありかた,
戦争へと向かう時代などと重ねて,
この世で生き続けて行くジョバンニの姿を
読み解いてくださいました。

ファイル 410-3.jpg
そのあとは,
作品の中の「鳥捕り」が持っているふしぎなお菓子にちなんで,
甘い「らくがん」と,
フルーツとサイダーで「すきとおったたべもの」と,
賢治も食べたであろう「やまぶどう」をおやつに,
参加者のみなさんからもいろいろなご意見が。

ファイル 410-4.jpg
今回も,中学生の方も参加してくださって,
いろいろむずかしかったとは思うのですが,とにかく,
「読んでみたいと思いました」と言っていただけたのは,
うれしかったです。

ファイル 410-5.jpg
最後は,芝田さんから「文学クイズ」。
名作の冒頭をあてた方に,賢治にちなんだ豪華賞品,
「岩塩」「黒曜石のやじり」「懐中時計」が贈られました!

芝田さんからは,
「柏の皆さま、奥山さん、はるばる遠くからお越しの皆さん、
どうもありがとうっ!奇しくも賢治の誕生日に、
楽しい時間を過ごすことができました。
今度は「○○😅😅」について語りたいです。
また呼んでください!」との言葉をいただいています。
次に芝田さんが語りたい作品とは……? たのしみですね。

芝田さんの作品は,私も昔からとても好きで,ほとんどすべて読んでいます。
『ドーム郡ものがたり』『ふるさとは、夏』『進化論』
『アスターシャ どこ』『葛飾北斎』などなど,
いろいろな作品がハックルベリーブックスにもありますので,
ぜひ読んでみてください。

参加者のみなさま,芝田勝茂さん,
ありがとうございました!