記事一覧

「世界の子どもの本展」&フェア

2016.12.19 (月)

ファイル 378-1.jpg

ハックルベリーブックスでは,
年末年始に,2階ギャラリーにて,
「世界の子どもの本展」を開催します。
こちらの展示は,JBBY(日本国際児童図書評議会)が主催で,
世界各国を代表する児童書・翻訳書200冊以上を
いっきにお見せします。

また,2014年に国際アンデルセン賞を受賞した,
上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズや,
画家賞ホジェル・メロさんの絵本『はね』なども展示します。

奇しくも,来年は酉年ですので,
メロさんの『はね』にちなんで,
「ふくろう羽根ぬりえ」しおり作成コーナーも常設しますので,
年末年始のお散歩がてら,ぜひ,遊びにいらしてくださいね。

そして,最終日の1/7(土)15時~
翻訳家のさくまゆみこさんが
「見えない世界を子どもの本で見る」と題して,
講演にきてくださいます!
(満席となりました)

ファイル 378-2.jpg
1階の店の方では,この展示にちなんで,
鈴木出版の「この地球を生きる子どもたち」フェアをはじめました。
世界各地の子どもたちの現実を描いた
読み応えのあるシリーズは,なんと30巻。
そして,その第1巻は,すでにハックルベリーブックスでも
しばしばご紹介してきた『ヒットラーのむすめ』です。

北見葉胡さんの表紙絵が美しいこの一冊,
翻訳されたのは,まさに講演に来て下さる
さくまゆみこさんです。
その翻訳から本ができるまでについては,
ちょうどこの秋の「本まっちArt展」でも,
取材展示したところでした。

今回,そのときの展示の一部も,合わせて飾ってありますので,
ぜひ,じっくりとご覧ください。
1冊の本が生まれる軌跡と奇跡が,感じられると思います。

世界は,今,ほんとうに混沌としていて,
あちこちから,内戦や難民の悲しいニュースが届きます。
いえ,そもそも日本の各地でも,
福島や沖縄で,人々の平和な生活が踏みにじられています。

来年こそは,少しでも明るい地球になってほしい。
そのためには,まずは知ること,そして考えること。

そんな願いをこめた,展示&フェアです。