記事一覧

いろいろなところで発信♪

2016.09.18 (日)

夏の後半から,いろいろな合評会や講演会などに呼んでいただく機会がありました。
どこへ行っても,呼んでくださる皆さんの心配りに感動します。

9/10(土)は,長い歴史のある「市川子どもの本の会」で,
「子どもの本の選び方 児童書専門店の現場から」と題して,
店に並べているいろいろな本について,
選ぶときのこだわりや視点,本の魅力などを,
たくさん本を持って行ってお話しました。

ファイル 365-2.jpg
演台には,すてきな花まで飾ってくださり,
たいへん熱心に聞いてくださいまして,持って行った本も,
会場で売ってくださいました。

市川は図書館がすばらしいことでも有名です。
一度見てみたいと思っていましたが,この日は,
子どもの本の図書館も案内していただき,
たくさんの子どもたちが集まっているのに,うれしくなりました。

ファイル 365-3.jpg
それから,9/16(金)は,児童文学評論仲間でもある
西山利佳さんが勤めている青山学院短大で,
「女性・環境・平和」というテーマの授業のゲストスピーカーとして,
「コミュニティーの発信地としての子どもの本専門店から」ということで,
本屋の仕事,地域とのつながりなどをお話しました。

ファイル 365-4.jpg
こちらでも,これまで,私がいろいろなことを学んだ本を,
たくさんご紹介。

ファイル 365-5.jpg
本屋の実情を知ってもらうため,決算書もお見せしましたら,
学生さんからの感想では,
「私のバイト代より利益が少ない…」と愕然としていましたが,
それでも,「お金に変えられない得るもの」,
「お金に代えられない生き方」,
「人と本と街のつながり」ということなどについては,
何か感じていただけたように思います。

こういう機会を与えていただくと,
ふだん何気なく読んでいる本,何気なくやっている活動について,
少し整理して考えることができます。
そして,こういうところがまだ足りないなぁ…とか,
これはムダかもしれないなぁ…とか感じたりします。
そういう意味でも,ありがたいことだと思っています。
(とはいえ,いろいろ準備して,当日まで緊張も続きますので,
まずは,終わってホッとしています。)

★★★

ファイル 365-1.jpg

さて,いよいよ,9/19(日)~,
秋の恒例「長野ヒデ子原画展」が始まります!
去年の冬から,いろいろご相談しながら,準備してきました。
イベントももりだくさんです。

あったかくて,元気の出る原画です。
じっくり読むと,言葉もすばらしい絵本です。

じつは,店長奥山は,先日ぎっくり腰になってしまったのですが,
なんとしても展示をしなくては間に合わない…と思い,
よろよろしつつ飾っているうちに,ぎっくり腰もかなり治りました。
原画には,なんともいえないパワーがある気がします。

ぜひ,足を運んでくださいね!