記事一覧

文学茶話会「ピーターラビット」開催されました!

2016.08.30 (火)

今年2回目の文学茶話会は,作者ポターが生誕150年となる
「ピーターラビット」を取り上げて開催しました。

ファイル 364-1.jpg

今回は,ピーターラビットの生まれた
イギリスのアフタヌーンティーも楽しんでみようということで,
午前中から集まっていただき,
まずは,『ピーターラビットのたのしい料理』という本の中から,
「人形のジェインの黄金色のゼリー」というオレンジのゼリー,
「トード イン ザ ホール」というソーセージのお料理,
そして,お茶受けに定番の「きゅうりのサンドイッチ」を作りました。

ファイル 364-2.jpg

グループに分かれて,手際よく…。

ファイル 364-3.jpeg

そして,ソーセージ料理をオープンで焼いたり,
ゼリーを冷やしたりしている間に,
児童文学研究家の中川理恵子さんのトークを中心に,
ピーターラビット絵本の特色や,日本に翻訳された過程など,
語り合いました。

絵と文で語る現代絵本のはじまりと言われるこの絵本シリーズは,
幼児向けでありながら,冷静な文体が保たれ,
わらべ歌風,昔話風なところもありながら,
動物たちの関係は,しっかりと構築されたファンタジーになっていて,
世界の明るい面だけでなく,闇の部分も含まれていて,
あらためて,深い魅力をもった作品なのだと感じました。

ファイル 364-4.jpeg
その後,若杉さんに,イギリスのお茶文化についてお話いただき,
いよいよ,ティータイム。

ファイル 364-5.jpg
それぞれにおいしくできたお料理を食べながら,
ピーターラビットについての,参加者みなさんの思いや疑問などが,
語り合われました。

料理を作るというのは,初の試みでしたが,
とっても楽しく,また,おいしく,
ぜひまた,やったみたいなと思っています。

店では,ピーターラビット特集ももう少し続きます。
かわいい雑貨などもありますので,
ぜひ,見にいらしてくださいね。