記事一覧

秋の「本まっちArt展」おたのしみに! 

2015.09.08 (火)

ファイル 300-1.jpg

秋といえば,恒例となりました
軒先ブックマーケット「本まっち柏」が10/18(日)に開催されます。
こちらの出店お申込みが,現在始まっておりますが,
今年の秋は,この「本まっち柏」に先駆けまして,
10/11(日)~18(日)の一週間,
「本まっちArt展~時空のうつわ~」を開催いたします。

「本」というものは,内容だけでなく,装丁などもふくめて,
ひとつの総合芸術作品だと思うのですが,
今回は,とくに「本」というものが,
いろいろな人の手を通して創られ届けられ,
遠い空間やはるかな時間を感じさせてくれるアートなのだ,
というコンセプトで,展示を考えています。

本の生原稿や,装丁の原画,
翻訳本の原書や,古い時代の雑誌や本など…
「本」という文化を成り立たせているいろいろな要素を
感じていただけたらと思っています。

ファイル 300-2.jpg

今回は,翻訳本の原書をお借りする
翻訳家・原田勝さんのギャラリートークも,
10/12(月・祝)15時から,予定しています。

ファイル 300-3.jpg
原田勝さんは,
『弟の戦争』『真夜中の電話』など,ウェストールの作品,
『星の使者』『飛行士と星の王子さま』など,ピーター・シスの絵本,
また,『フェリックスとゼルダ』『スピリットベアにふれた島』,
『ハーレムの闘う本屋』などの問題作,話題作も,
いろいろと翻訳されています。

ファイル 300-4.jpg

遠い国の物語をどのように選び,翻訳し,
また,どのような本にして読者に届けているのか…
まさに「本をつなぐ仕事」を続けてこられた
原田さんのお話,とっても楽しみです。

絵本や児童文学はもちろん,海外作品や翻訳に興味のある方など,
ぜひご参加ください。

ファイル 300-5.jpg
今月の9/27(日)は,「文学茶話会~メルヘンを楽しむ~」もあります。
今回はアンデルセンを中心にメルヘンを楽しみます。

でも,そもそもメルヘンってなんでしょうか??
「あかずきん」「シンデレラとガラスの靴」
「皇帝のあたらしい着物」「人魚姫」
…これらの作品の作者ってだれでしょう??
ペロー? グリム? アンデルセン? ディズニー?

このクイズがわからない人は,ぜひご参加ください。
メルヘンというジャンルについてのトーク,
アンデルセンを楽しむワークで,遊びましょう♪

マイカップ持参。300円(学生無料)です。