記事一覧

ハックルベリー・フィンのミシシッピー川の旅

2013.08.20 (火)

8/7~19の間、夏休みをいただきまして、
アメリカへ行ってきました。
もちろん、私にとってアメリカといえば、

ファイル 163-1.jpg

店の名前をもらった「ハックルベリー・フィンの冒険」。
ハックと逃亡奴隷のジムが、旅をするミシシッピー川です。
この川をいつかこの目で見てみたいとずっと思ってきました。

ファイル 163-2.jpg

念願叶って、こちらが、そのミシシッピー川と、
作者マーク・トウェインのふるさと、ハンニバルの町。
蒸気船からのながめです。

ファイル 163-3.jpg

こちらは、トウェインの子ども時代の家ですが、
ミシシッピの上流にあるこの小さな町は、
「トム・ソーヤーの冒険」の作品の世界そのまま。
トムやハックが家出をする川の中のジャクソン島や、
迷い込む洞窟、遊んだ小さな川や、幼なじみのベッキーの家などが、
大切に保管されていました。

続編となる「ハックルベリー・フィンの冒険」では、
ハック・フィンが主人公となり、
このハンニバル(作中では、セントピーターズバーグ)の町から、
ジムといっしょに川を下って行きます。

今回は、その旅に沿って、
当時、大都会に見えたセントルイス、
霧の夜に迷って通過してしまったミシシッピ川とオハイオ川の合流地点のカイロ、
のんびり川をくだったメンフィスなどに実際に立ち寄りました。
最後は、トウェインが若い頃、水先案内人をやっていた
ミシシッピー川の下流のニューオーリンズまで。
だんだんと広くなっていく川を眺めながらの旅でした。

ファイル 163-5.jpg

これら、アメリカの南部は、
もともと奴隷制度という人間の暗い歴史をもつ地域でもあります。
しかし、その歴史を変えていく、文学が生まれ、
音楽も生まれました。
メンフィスやニューオーリンズの町は、
ブルースやジャズのホールや店があちこちにあって、
音楽でいっぱいです。

ファイル 163-4.jpg

南部らしい突然の雨で、川はたちまち霧に煙ることも…。

今回、この旅をしながら、改めて、
「ハックルベリー・フィンの冒険」を読み返し、
奴隷制をとびこえた少年ハックの魅力をますます実感しました。

来年は、ハック・フィンの作品が生まれて130年くらいになります。
今回の旅では、いろいろな本や雑貨も見つけてきましたので、
来年あたり、「ハックルベリー・フィン」フェアをやりたいと思っています。
その中で、今回の旅の写真などもお見せしながら、
ハックの物語についてのトークなどもできればと思っています。

今回は、現在アメリカの大学に通っている甥っ子が、
車を運転してくれたおかげで、普通なかなか行かれないところに、
いろいろ立ち寄ることができました。
ほとんど、私のオタク的(笑)な興味で
あちこち行ってもらったにもかかわらず、
「いままでほとんど知らなかったけど、
なんだかマーク・トウェインが好きになってきた」と
その若い甥っ子も言っていました。

マーク・トウェイン&ハックルベリー・フィンの魅力を、
いずれゆっくりお伝えできたらと思っています。
どうぞお楽しみに!